瓦屋根

昭和ハウスを造ってみよう!その参・完成編の巻

いよいよ昭和ハウス完成編
今回は、前回造った瓦屋根を乗せた家屋窓やドアを取り付けて、昭和ハウスっぽく仕上げてみる

・・・という事で、様々な大きさの窓やドア等を個別にモデリング01
昭和ハウスの特徴である木製の物干しベランダも造ってみたぞい
テクスチャには、それらしく木目を描き込んでペン画っぽく仕上げてみた02

この窓等のパーツを前回造った家屋に取り付けてみる
1階部分も瓦屋根を流用しようかとも思ったが、トタン屋根を新しく造って乗せる事にした03

そんな感じで完成したのが、この昭和ハウス
水彩ブラシ軽く彩色してみた04

同じ家屋のモデル異なる壁テクスを貼り付けて、窓等のパーツの組み合わせを変えれば・・・
御覧のとおり昭和4畳半アパート風建物トランスフォーム05

こんな感じで各種パーツの換装&位置変え別種の昭和ハウスを複数作成する事が可能昭和ハウスAGEシステムを造ってみたのだが・・・

しかしコレだけじゃ・・・まだまだ建物のバリエーションが足りない・・・
夢のノビタランドを完成させるには途方も無く手間がかかるのう・・・

昭和ハウスを造ってみよう!その弐・瓦屋根編の巻

その壱・瓦編の巻http://radioeigasya.b.dlsite.net/archives/5629088.htmlの続き~

前回、屋根瓦の断面を引き伸ばした棒的なモデルを横にずらりと並べる事によって瓦屋根を再現する事にしたわけであるが・・・01

ううむ・・・どうだろう?
屋根瓦に見えなくもないが・・・もうひと工夫、なにかが欲しいところ・・・

02この昭和ハウスの3Dモデルは、漫画の背景に使う目的なので、なるべくテクスチャを描き込むのは避けてきたのだが・・・

グレーのグラデーションを描き加えて、ただの縞々線だった瓦のテクスチャに陰影を着けてみた

新しいテクスチャを貼り付けてレンダリングしてみた結果がコレ03
ぐっと立体感が出て、瓦屋根っぽくなったぞい
グレーで描いたので、なんとなくスクリーントーンで処理したっぽく見えるし・・・

そんなこんなで、コレを26本並べて瓦屋根の半分が完成
さらにソレをコピー&ペーストして180度回転させて、反対側の屋根も即効で完成!
コピー&ペースト容易なところ3Dモデルの楽チンなところじゃい04

最後に左右の瓦屋根のつなぎ目隠しも兼ねて、真ん中に縦長なカマボコみたいな形のモデルを作成してくっ付けてみた

これで瓦屋根完成!05

無論、細かく検証していけば実物と違うじゃん!という意見もあろうが、一見して瓦屋根に見えれば俺的にはOK!(ツッコミは一切受け付けない

さて、この屋根を家屋のモデルの上に乗っけてみる・・・

おお~っ!昭和ハウスっぽい!06

昭和ハウス完成まで、あと一息じゃい!

昭和ハウスを造ってみよう!その壱・瓦編の巻

今回は3Dモデリングについてのお話
私的な予定ではあるが、秋くらいまでに拙作『駄菓子解剖図鑑』スピンオフ作品として『博士大戦』という昭和な街並みを舞台に巨大ロボバトルをメインとしたSF漫画を描こうと計画しておるのだが
例によって背景の昭和な街並みをいちいち描くのが面倒臭い

なので、街ごとセットとして3Dモデルで造ってしまうか・・・と考えた
(ちなみに俺の中では、漫画=映画=特撮・・・という概念なのだ

そんなワケで先ずは昭和テイスト溢れる家屋作成に着手した次第・・・
俺としてはこんな感じの昭和ハウスを造りたい
01
所詮、家屋ごときロボ怪獣モデリングに比べたら楽勝な感じもしないではないが、問題なのが昭和ハウスの特徴でもある瓦屋根・・・

はてさて、コレはどうやってモデリングしたら良いものか?

真っ先に思いつくのは、瓦1枚を正確にモデリングして、これのコピー&ペーストを繰り返し、屋根に1枚ずつ配置していく方法・・・
確かに実物と同じように造っているのだから、これなら瓦屋根は完全再現できるはず

・・・ではあるが・・・

以前、戦車のキャタピラーを同じような手法で1枚1枚正確に造って繋いで造った事があったのだが、完成したキャタピラーのデータが重過ぎて、俺の非力なPCでは扱いきれなくなった・・・という苦い失敗がある
なので、出来れば瓦を1枚ずつモデリング・・・等という方法は使いたくない

はてさて・・・と、試行錯誤の挙句、考え付いたのがこんな方法

とりあえず瓦の断面を作成、コレをず~っと引き伸ばしたモデルを造る02
ここに縞々の線を引いたテクスチャを貼る
一見して、なんじゃコレ?な感じではあるが・・・03
これをコピー&ペーストして、横1列にずらりと並べてみる・・・
と!04
コレ、瓦屋根っぽく見えるんじゃね?
ううむ・・・この方式でなんとかイケそうな気がするぞい
作品一覧
サークルプロフィール
カテゴリ別アーカイブ
Amazonライブリンク
楽天市場
記事検索
ランキング
  • RSS
  • Dlsite blog