水性ホビーカラー

30年ぶりにガンプラを作るぞい<ついに完成>・・・の巻

**これまでのお話**
全部揃えるとどんなガンプラも巧く作ってくれるガンプラの神様・シェンロンを呼び出そうとニッパー・クラフトナイフ・水ペーパー・ガンダムマーカーとガンプラを作るのに必要な道具を一通り揃えた筆者・犬計画であったが、いつまで待ってもガンプラの神様・シェンロンは現れなかった。
業を煮やした犬計画は、30年ぶりに自らガンプラ・AGE2ダブルバレットの製作に取り掛かるが、推奨年齢8歳以上というチビッコにもお手軽に作れて素晴らしく可動範囲が広いと評判のAGE系ガンプラにも関わらず、一つのパーツの切り出し&ヤスリがけに2時間以上もかかるという失態を犯す。
さらに30年前には存在しなかったガンダムマーカーを使用して塗装を施すも、乾燥した塗装面がツヤ有り黒であった事に激昂し、ガンダムマーカー(黒)を投げ捨ててしまった・・・。
やはりガンダムマーカー等という流行モノに頼らず、古来からの筆塗り塗装を行おう・・・と魔都・池袋の某量販店で水性ホビーカラーつや消し黒を購入するも、ついでにやったコードギアスのガチャガチャのアレクサンダにスミイレを施す等の寄り道ばかり・・・その上、盆休みの為、実家に帰省して、しばらく東京を離れていた為、AGE2の製作は全く頓挫したままになっていた・・・
果たしてAGE2ダブルバレットは本編放送終了までに完成するのであろうか?


○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○

・・・とかなんとか長々と書いてきたが・・・今回はいよいよ完結編
前回ガンダムマーカー(黒)を投げ捨てた後、塗装を筆塗りに変え、連日36度を越すこのクソ暑さの中でガンプラ作ってて熱中症になりかかって倒れそうになったものの、キット的には何のトラブルも起こらず・・・無事完成37

とにかく全パーツスナップフィットの言葉通り、ハメ合せのみの接着剤いらず
実は念のため、接着剤も用意しておったのだが、とんだ杞憂に終わった

完成したAGE2は、噂通りの可動範囲の広さに加えて、ポリキャップの固さも保持力も絶妙で、パーツポロリ・・・なんて事も一切無し!
美術に使うポーズ人形顔負けの可動ポイントの多さで、実に多彩で自然なポージングが可能

スゲエな~最近のガンプラ

30年ぶりのガンプラ製作だった不器用な俺ですら、容易に組立て可能!
推奨年齢8歳以上を謳ってるのもだてじゃない

ちなみに通販でガンプラ専用飾り台・アクションベース2も同時購入したのは以前書いたが、
なんとAGE2には専用の飾り台も付属している38

付属の飾り台には飛行形態に変形させる時に使う差し換え用の股間パーツが台座に挿せる仕様になっている親切設計

さらに裏を返せば平手等のオプションハンドも収納出来るようになっている39
ううむ・・・この親切設計・・・アクションベース2も見習って欲しいわ~

そしてAGE2の最大のウリの一つ、飛行形態への変形機構
唯一股間のパーツを差し替える以外は、完全変形
設定では手(ハンドパーツ)は剥き出しのまま・・・らしいのだけれど・・・
俺はどうにも手が剥き出し・・・ってのが気になったので、ハンドパーツは引き抜いておる40

個人的には、とんがった尻尾部分をグリン!と前に半回転させる機能を付け加えれば、頭部も隠れて飛行機っぽく見えるんじゃないかしら?・・・って思いたくなるんだけれど、AGEに限らずいずれのシリーズのガンダムも、トランスフォーマーみたいに何かに擬態させる為の変形・・・という趣向ではないので、コレはこれでいいのであろう

ちなみに、作ってる時は全く何をやらされてるのかわからなかった頭部周りの変形機構
胴体を引き降ろすと、連動して頭部が引っ込む・・・という構造が実に秀逸41
完成後、つい何度も試したくなってくる

ところで、色プラシステムによって素組みでも完成後は、ほとんど塗装しなくても設定に近い色分けになるものの、膝の関節部内側足の裏つや消し黒にて塗装しておく事をお薦め
確実に見栄えが良くなるので・・・
42
その際、膝の関節部内側は、組み上げた後になって膝を曲げた時に塗り残しを発見!・・・なんてトホホな事態を避けるために一度仮組みしてどこをどの範囲まで塗れば良いのか?を念入りにチェックしておいた方が良いかも・・・
ただし、後に塗装の為にバラす事を考えて各部パーツをパッチリキッチリはめて込んでしまわぬように・・
バラす時にもの凄く苦労する羽目になるぞ!(経験者談)

足の裏の方はMS形態の時はさほど気にならないものの、飛行形態にした時にモロ見えになるので、肉抜きされている箇所につや消し黒を流し込んでおこう!
それだけでも随分見栄えが良くなるぞい

そんなこんなで夏休み企画『30年ぶりにガンプラを作るぞい』・・・は今回で完結!ミッションコンプリート!
最後まで読んでくれたみんな!ホントありがとう
43HG 1/144 AGE-2 ガンダムAGE-2 ダブルバレット (機動戦士ガンダムAGE)
HG 1/144 AGE-2 ガンダムAGE-2 ダブルバレット (機動戦士ガンダムAGE)


ガチャガチャフュギアにお手軽スミイレしてみよう・・・の巻

**これまでのお話**
30年ぶりにガンプラを作り始めた筆者・犬計画。
30年前には存在しなかったガンダムマーカーで彩色を試みたものの、その使い勝手の悪さに閉口・・・
さらに塗り終えた黒部分が光沢だった為に激怒!
(犬計画は黒の光沢が大嫌いなのだ!)
思わずガンダムマーカーを投げ捨てた犬計画は、30年前同様の方法で彩色する事を決め、三度、魔都・池袋の某量販店に水性ホビーカラーと筆を買いに行くのであった。


そんなワケでここ最近3日1度くらい割合で池袋の某量販店へ来てるような感じであるが、ついでにガチャガチャなんぞも色々眺めておったら、NEOロボティクスACT02コードギアス(1回¥300・・高ッ)というのが出てたので、やってみたぞい

ランスロット狙いだったのだが、出たのはアレクサンダ・・・

28『亡国のアキト』に出てる機体らしいのだが、映画観てないので詳しい活躍はわからん
が、ナイトメアというよりなんとなくメダロットに出て来そうなメカデザイン正直微妙・・・
しかも、ラインナップにある他の2機(紅蓮弐式とランスロット)に比べて彩色されている箇所が圧倒的に少ない・・・一見したところハズレ・・・と判断
¥300損したな・・・と若干後悔しつつ帰宅

帰宅後、開封して組立ててみたところ、肩には上下可能なジョイントが仕込めるようになってたり、各部がモノシャフトで回転するようになってたりと、従来のガチャガチャ塩ビフュギアに比べれば可動範囲が向上した作りになっていた
しかも全身には細かな筋彫りが施されている・・・
フュギア自体の出来は決して悪くないのだが、全身真っ白というのがなんともマヌケなハズレアイテム感を醸し出しているのだ・・・
惜しいなぁ・・・磨けばコイツはもっと光るフュギアになるのに・・・

29・・・という事で今回はガンプラ製作番外編として、買ってきたばかりの水性ホビーカラーと筆、そして前回にも大活躍した¥100ショップで購入したメラニンスポンジ『水だけでピッカピカ 磨きのプロ一番』を使って、アレクサンダにスミイレを施してパンチの効いたガチャガチャフュギアに変身させるぞい

先ずは、フュギアをパーツ単位に分解できるところまでバラバラに分解する
この手のガチャガチャフュギアは、差し込み部分=可動部分な場合が多いので、分解せずにそのまま塗料を塗ると、塗料が差し込み部分に流れ込んで乾燥後に癒着→可動しなくなってしまうという結果になってしまう事があるのだ!
それを防ぐ為に可能な限り取り外せる所は取り外しておく
ただし、間違って分解出来ないパーツまで千切り取ってしまわぬように慎重に・・・

次に水性ホビーカラーを少量皿に取り適度に水を加えてフュギアに塗っても弾かれない程度の濃度に調整する(足の裏とか目立たない場所に験し塗りしてみよう)
ちなみに今回使用した塗料つや消し黒(元々AGE2の黒部分を塗る為に買って来たものですから
調合に使う塗料専用の皿も10枚¥80くらいで売られておるが、俺は3個¥100のヨーグルトの容器をひっくり返して皿の代用にした30

さて、塗料の準備が出来たら、フュギアのスジ彫り部分にベチョベチョと塗っていこう
はみ出しても全然構わない
とにかくスジ彫りの中に塗料を流し込む感じで、ベチョベチョと・・・
小さくて持ちづらい時には爪楊枝の先に刺したりして工夫しよう
アレクサンダは全身に刺青のようにスジ彫りがモールドされているので、結局全て真っ黒に塗ってしまった31

塗り終わったらそのまま10~15分くらい放置プレイ・・・

触っても指に塗料が付かなくなるくらいに乾いたら、ここで『水だけでピッカピカ 磨きのプロ一番』の登場
ま~商品表示にメラミンスポンジやらメラミンフォームと書かれた研磨用台所用スポンジなら効果はどれも同じだけどな

で、このメラミンスポンジを水につけて、キュッキュと真っ黒に塗ったパーツを磨いてみる
・・・すると
スジ彫りが浮き上がってきた32
恐竜化石発掘の瞬間のようなこの快感!
ま~恐竜化石発掘なんてした事ないけどね

あらかじめ彩色されていた所は、元の彩色まで擦り取らないように慎重に行おう
33
スポンジが届かない細かい所は爪楊枝の先で擦り取る

擦り過ぎてしまった所は、再びベチョベチョと塗り直して乾くのを待ち、その後メラミンスポンジで磨く・・・34

そんなこんなで、それぞれのパーツが磨けたら、再び組立てて・・・
作業終了!

どうよ・・・スジ彫りが浮き立って、ハズレフュギア感払拭
パンチが効いた感じになったぞい35

とは言うものの・・・黒でスミイレはちょっとキツかったか・・・
もっと薄いグレーとかにしておいた方が良かったかも・・・
まぁ、手持ちの塗料が黒しか無かったからね~
紅蓮弐式とかの赤系統の機体はブラウンとかの塗料でスミイレするとイイ感じになるかもしんない
好みにもよるが、俺的にはスミイレにはつや消しがお薦めかな~

多少面倒臭いけど、技術は全く必要ないし、メラミンスポンジ¥100ショップで手に入るし、水性ホビーカラーは1個¥120くらいなので、お手軽にガチャガチャフュギアにパンチ効かせたい・・・と考えてる人は是非ためしてみてね36









作品一覧
サークルプロフィール
カテゴリ別アーカイブ
Amazonライブリンク
楽天市場
記事検索
ランキング
  • RSS
  • Dlsite blog