東京MX

ホントの『アニメの神様』が降臨・・・の巻

「いったい何回再放送すりゃ気が済むんだ!?」

とテレビの前でツッコミ続けずにはいられなかった火曜夜PM10:00東京MXテレビで放映中の『アニメの神様』!
この番組、バンダイ提供の1時間枠で、タイトル通りオタクにとっては神的な存在のアニメを毎週2本再放送するという趣旨らしいのだが・・・
俺が地デジで東京MXを視聴出来るようになってから、ずっと『ドラゴンボール』と『ガンダムSEED』シリーズのヘビーローテーションしかやってない気がする

唯一絶対の神以外は認めない・・・それ以外を信仰する民は異教徒
・・・とばかり、地域に根付く土着の神々や民間信仰を排斥してきたキリスト圏やイスラム圏の国々と違って日本は多神教の国、さまざまな処に八百万の神が宿り、それが共存するという懐の深い神々が住まう独特の歴史と文化を持つ国である・・・

『夏目友人帳』を始め『ノラガミ』や『いなりこんこん』とか観て、「やっぱ日本の神々はエエのぅ・・・日本人に生れてきて本当に良かった・・・」としみじみ想っておった矢先に、
MXの『アニメの神様』に限っては 唯一絶対神『ドラゴンボール』と『ガンダムSEED』以外は神とは認めない という頑な態度!欧米か!

・・・で、3月末辺りに久々に『アニメの神様』にチャンネルを合せたところ、前半の30分は『ドラゴンボールZ』・・・後半は『ガンダムSEEDデスティニー』が相変らずやっておった
そして『デスティニー』はちょうど最終回であった
・・・っても、次週からまた『SEED』の第1話が始まるんだろ?
と流し観しておったら、なんと次週から『機動戦士ガンダム』が始まります・・・との表示
SEEDでもダブルオーでもなく・・・昭和のアニメの金字塔、正真正銘の『機動戦士ガンダム』ファーストシリーズ

遂に、誰もが納得のホントのアニメの神さま降臨・・・ようやく円環の理から脱する事が叶ったのか

では来週からちゃんと観る事にしよう『アニメの神様』後半30分
ついでに前半30分も『マジンガーZ』や『ゲッターロボ』とかがやってくれたら嬉しいのだけれどね~昭和のオッサンとしては・・・

というわけで翌週から観始めた『機動戦士ガンダム』
いや~懐かしかったわ~

セル画モロわかりのタイトル文字出現の冒頭から

赤ザクを中心としたザクの編隊(本放送当時、このカットのビジュアル的インパクトは相当なものだった!)

ついぞ本編では着用しなかった青いノーマルスーツのアムロ・・・(本編ではスレッガーが着てたね)

渦巻き銀河を背に宇宙を飛ぶホワイトベースとガンダムの雄姿(このカットを観た時、いづれ太陽系を飛び出し舞台は外宇宙に移るのだと思っておった)

そしてG三体の揃い踏みの立ちポーズ(ガンタンクが前のめりになってからガクン!と停止する動きがリアルでカッコイイと当時友人が熱っぽく語ってたのを思い出す)

オープニングが始まっただけで、もう 本放送当時とその後のガンプラブームに燃えていた頃の事が走馬灯のように蘇った

ガンダムが本放送されておった当時、俺は確か中学1年生だったのだが、その頃世の中は洋画ではスターウォーズの第1作目が・・・、邦画やテレビでは某漫画大先生原作の大宇宙ロマンアニメの乱作による空前のスペースオペラブームの最中であった

ちなみに某漫画大先生原作の大宇宙ロマンアニメがこれほど乱作されるようになった原因は、これより数年前に製作された『宇宙戦艦ヤマト』が大ヒットしたせいなのである

『宇宙戦艦ヤマト』の本放映が開始されたのは多分俺が小学校3年生くらいの頃だったと思う

毎月楽しみに購読しておったテレビランドという子供雑誌の付録ピンナップ
アステロイドリングを艦体に纏ったほぼ真横から観た宇宙戦艦ヤマトのスマートな姿を眼にし、
カミナリに撃たれたような衝撃を受けた事は今も忘れられない


宇宙戦艦ヤマトというと、正面から観た波動砲の艦首だけ異常に馬鹿デカイ珍妙で不恰好なヤマトを想像される方が多いと思うが、アレは『さらば宇宙戦艦ヤマト』以降に定着した格好で、『宇宙戦艦ヤマト』のファーストシリーズではあんな描写はされていなかった
波動砲の艦首付近はシュッとしてて実にカッコ良かったのだ
(シドミートのヤマトとは違うが、シルエットはアレに近かった)

当時マンネリの極みだった巨大ロボやヒーロー特撮に飽き飽きしておった兄と俺の犬兄弟は、この宇宙戦艦ヤマトのカッコ良さに飛びついた

ファーストシリーズのヤマトは地球側のメカ描写は勿論、敵ガミラス側のメカ描写も これまでのアニメとは比べ物にならないくらいの強烈なインパクトがあった
さらに遊星爆弾等のSF的ガジェットやビジュアル・・・等々、小学生の自分には衝撃的過ぎた

当時発売されたプラモデルも(犬兄弟で手分けして)ほぼコンプリートした
この頃のプラモデルには例外なくゼンマイボックスが付くようになっておって、ヤマトシリーズも例外ではなかった
第3艦橋はゼンマイボックスと化しており、艦首波動砲からミサイルが発射できた
アナライザーはゼンマイでノコノコ歩いた
03
04


ファーストシリーズのヤマトは現在に至っても日本SFアニメの奇跡的な傑作である

今だから言える事だが、このファーストシリーズの独特のSF的ビジュアルの数々はSF設定の豊田有恒氏とメカデザインのスタジオぬえによる功績が大きかったからだと言えよう
その証拠にファーストシリーズ以後のヤマトは・・・

ついでにファーストシリーズで可憐で可愛かった森雪も「さらば~」以降はまるで別人!全然可愛く無くなった事もダメな理由の一つである
特に鼻の形が変・・・で、物凄く馬面に見えて、現在観直してみても、全然萌え~な感じじゃない
(2199では 萌え~な感じのキャラデザに戻ってくれたのが実は何より一番嬉しかった

当時、日曜夜7:30と言えば世界名作劇場『アルプスの少女ハイジ』が猛烈な視聴率を取っておって、クラスの大半が観ておった
そんな中でファーストシリーズのヤマトを観ていた俺は密かに悦に浸っておったワケだったのだ

・・・が、その俺だけしか知らない超傑作のヤマトが、翌年辺りから開始された夕方の再放送の影響を受けて急に世間の脚光を浴び、再編集劇場版として上映され、大ヒットまでしてしまう・・・
今まで「ヤマト?何ソレ?」とか言ってた連中が「ヤマト!」「ヤマト!」と急に騒ぎ出し始める始末・・・
全くもって面白くない

ついでにナニをカン違いしたのか?ヤマトの大ヒットの功績はコミカライズした某漫画大先生のお力なのだ!・・・とばかりに

某漫画大先生の原作が次々とTVアニメ化・・・そして映画化・・・

スペースオペラ好き、SFメカ好きな俺も、宇宙戦艦がドクロの旗をはためかせてるくらいまでは夢中になって観ておった(ぬえデザインだったし)

・・・が、汽車ぽっぽや飛行船が宇宙を我が物顔で飛び回るに至って・・・

 これは・・・なにか違うんじゃないか?

・・・と思い始めた

さらに眼帯付けたボサ髪の兄ちゃんが「男とは***であるべき!」とか
死んだはずのキャラが星空の一画、差し渡し6光年くらいの大きさに拡がって「***よ***しなさい!」とか説教たれる毎度の展開にいい加減辟易してきた

そもそも当時俺は小学6年生くらい・・・一番説教とかがうざく感じる年頃である
次々に乱作される某漫画大先生原作のメッセージ性の強いロマン大作
「大きなお世話だよ
反発を感じるようになった

そんな時代、土曜の夕方5:30にひっそりと始まったのが、今や国民的なアニメとなった『機動戦士ガンダム』なのである

当然の事ながら本放映当時のガンダムは知る人ぞ知る・・・なアニメであり、多くのアニメファンと呼ばれる人々は相変らずの某漫画大先生原作の大宇宙ロマンアニメに夢中だったのである

当時の多くのアニメ雑誌では巻頭どころか末尾にちょっとだけな扱いだったガンダム

唯一例外的にマイナーなアニメックという雑誌ではガンダムが特集される事が多く、
兄がガンダムの情報欲しさに当時最もメジャーだったアニメージュではなく、あえてマイナーなアニメックを買っていたのを今も覚えている

最初のガンプラ1/144ガンダムと赤ザクが発売されたのも本編が終了して しばらく経ってからだったんじゃなかろうか
(調べたところ半年以上だそうです)

それもガンプラシリーズとしてではなく、ダイデンジンやゴッドシグマ等の戦隊ロボや他のアニメも含む¥300のロボプラモのシリーズのひとつとしての扱いだった
(この最初期に発売された¥300の1/144ガンダムと赤ザクにはプラフスキー粒子が作用するのだろうか?作用するとしたら同シリーズのダイデンジンやゴッドシグマにも作用するという事になりはしないか?

しかもこの2種、発売されてもしばらくの間は、全く売れる気配は無く、店頭に山済みになっておった
(急激に売れ出して入手困難になり始めるのは確か1/144グフが発売された以降からだ

同じ頃刊行された徳間書店のアニメムック本『ロマンアルバム・機動戦士ガンダム』を、書店に買いに行った際に友人が聞いたという 

店員A 「ガムガム機動隊って入荷してる~?」

店員B 「え~?機動戦士ガンガン??」

という書店員達の間で交わされたやりとりには今思い出しても、失笑してしまう
現在、ガンダムの名を知らない書店員なんて日本には存在しないだろう

こんな体たらくだったガンダムがまさか35年後に国民誰もが知るアニメとなり、未来兵器=巨大ロボ型というビジュアルを日本どころかハリウッドを始め世界中に浸透させる事になろうとは・・・
もし机の引き出しにタイムマシンがあって、35年前に戻り、中学1年生の俺に現在の状況を話したとしても、とても信じてはもらえないだろう

当時の思い出にどっぷり浸る事が出来たMX『アニメの神様』のファーストガンダム第1話の再放送・・・一つ苦言を言わせてもらえば・・・予告編がカットされてる・・・
故・永井一郎氏の「キミは生き残れる事が出来るか・・・」の名ゼリフを是非聴きたかったんだがなぁ・・・
(SEEDの再放送時は予告編有ったのに・・・)

そうこうする内に翌週・・・MX『アニメの神様』のファーストガンダムの第2話の再放送の後に続いて、PM11:00から『宇宙戦艦ヤマト2199』の再放送が始まった

お~!MXで『2199』の再放送がやるって事は知ってたけど、この時間帯とは!
わかってるねえ東京MX
01
02

MX観れるようになったけど・・・・の巻

先日の金曜日の5月31日、ようやっとキー局の地上デジタル波の送信元がスカイツリーに完全移行になった。

昨年辺りまでの予定では、1月に完全移行とか謳ってたクセに、いつの間にか5月という事になってて、しかもスカイツリー送信の受信障害報告が想定以上に多かった・・・とかいうマヌケな理由のために9月以降になるかも・・・とか弱気発言も出ていたが、結局5月31日に完全移行に踏み切った・・・というワケだ

思えばこの地上デジタル波スカイツリー完全移行の件・・・以前から解せぬ事ばかりで、視聴者の事なんか置き去りにして、放送関係のエライ人達のメンツやら既得権とか優先でスケジュール決めてるからこんなドタバタ騒動になったんじゃねえの?と勘繰りたくなっておった
何よりいい加減にしろ!と思ったのは、日曜早朝のam7:30からの仮面ライダーの時間帯にわざわざスカイツリーからの試験電波放送をやってたこと
放送関係のエライ人達は、ホント視聴者と番組を製作している人達を軽視してんな~・・・と、感じずにはいられないかった・・・

・・・と、まだまだ言いたい事は多々あるのだが、過ぎた事に腹を立てても仕方ないので、個人的に良かった事を一つ・・・

それは スカイツリー送信完全移行に伴い、我がボロアパートの屋外共同アンテナが位置調整された!という事である01

(俺のブログは東京MXの電波関連の記事だけ閲覧数が異常に多いので既に皆さん御存知かと思われるが・・・)
これまで我がボロアパートの屋外共同アンテナは東京タワーの方を向いておったため、キー局に先駆けて昨年10月にスカイツリー波に移行開始した東京MXの電波が、全く受信出来なくなってしまったのである

東京MXといえば、キー局とは比べものにならないくらいの膨大な数のアニメや特撮を垂れ流し・・・いや、放送してくださっておるオタクの殿堂局

最近テレビ番組といえばもっぱらアニメと特撮しか観ていない俺にとっては、MXが受信不可なのは死活問題である

しかしさすがに大家に「アニメが観れないんで共同アンテナの位置をスカイツリーの方に向けてくれませんか?」とも言えず、
苦肉の策として、アナログ波時代に使っておった年代モノの室内アンテナに繋いで、不安定な電波状態の中、なんとか東京MXを観ておったわけなのだ

それが、スカイツリー送信完全移行に伴い、めでたく屋外共同アンテナの位置がスカイツリーに向けて位置調整されたので、結果的に再び東京MXが屋外のアンテナ線で観れるようになった・・・という次第

いやはぁ・・・嬉しいわ~

で、早速、電波強度をチェックしてみると・・・な、な、なんと78もあるぞい

室内アンテナの時は良くて60前半、ひどい時には55前後をウロウロ・・・なんて感じだったから、78という数値は実に心強い02

ついでにキー局の電波強度をチェックしてみると・・・

ゲェッ

96もあるじゃんか

03ううむ・・・こう比べると、やっぱり東京MXの電波はキー局に比べて全然強度が低いのな

まぁ・・・それでも60以上あればレベルAだし、室内アンテナの時のように電波状態の不安定さが無いぶん、前の道りを自動車が通っただけで画面がグシャグシャのブロックノイズ・・・とかいう不安にかられる事も無く、心置きなく番組に集中出来る・・・というものよ ふふふふ・・・

なんぞと安心してMX観てたのも束の間・・・突然画面が一瞬ブロックノイズになった04

何事?と慌てて窓外を見ると・・・走り去るタクシーが・・・05

え~っ?!屋外アンテナであってもタクシーが通るとブロックノイズなの?
一体どんだけ強力な通話無線使ってるんだよ!タクシー

ハイ!最後は例によって全然売れてない俺の描いた漫画のCM

とうとうMXが・・・の巻

遂に 運命の日が訪れた・・・

昨夜11月12日月曜・・・晩飯時に 東京ローカルなニュースでも観よう・・・とテレビを点けたら、
東京MXが映らなくなってた

前日までは何事も無く映っていたのに、ある日突然・・・全く映らなくなる・・・

――という話は前々から聞いてはいたが、まさか今日がその日だとは・・・

受信強度をチェックしてみると、東京タワーから発信されてる電波515Mhz30前後の値をウロウロ・・・01

一方、スカイツリーから発信されてる電波491Mhzの受信強度30を切る値とさらに悪い02

少なくても受信強度50は無いと安定的な視聴は難しいから、こりゃどちらも完全にアウト

しかし・・・ガッチャマンも終わっちゃったし、気になっていたタツノコ総選挙の結果もテッカマンorポリマーじゃなかったから・・・まっ!観られなくなっても特に問題ないか・・・

・・・って、そうじゃねえ!

他にもMXには気になる番組がまだまだ沢山あるじゃねえか!
内さま とか SPDパワーレンジャーとか・・・
あっ!そうだ!今晩は 北斗の拳(再)があるじゃん
確かキバ大王の最期の回だったよな・・・これは何とかせねば・・・

前回「10月1日からMXの映りがさらに悪くなった」旨をこのブログで書かせてもらってから、多く方達に「何の前触れも無く ある日突然映らなくなる・・・」等の助言を頂いていたので
映らなくなってから慌てても遅い・・・と考え、事前に地デジ用の室内アンテナ購入して、運命の日に備えておこうと思っておった

・・・が・・・

価格を調べてみたら・・・最安のアンテナでも大体¥3000くらいするのな

う~む・・・figmaが一体買える値段だ・・・ 

しかもアマゾン等のレビューを読む限り、住んでいる場所によっては必ずしも映るとは限らないらしい・・・全く映らなかったら¥3000丸損である・・・

くっそー!そんなバクチに乗れるかッ
だったらその金で俺は迷わずfigmaを買うぞい!

・・・という具合で、今ひとつ室内アンテナ購入には踏み切れなかったのだ

ところが先日、冬に向けて部屋の模様替えをしている時に、ふと10年以上前に使っていた室内アンテナの事を思い出した

確か我が家のカオス・・・押入れのどこかに埋もれて埃をかぶってるはず・・・

おお!あったあった!予想通り埃だらけ・・・
過去何度か邪魔くさいので処分してしまおうかと考えたんだけど、いつかどこかで使う事があるんじゃないかしら?と思って、押入れの隙間に突っ込んでおいたんだよね


♪テレレレッテレ~

 (大山のぶ代のダミ声で)室内アンテナ~
04
アナログ波の時はゴースト出まくりで映りはいまひとつだったけど、デジタル波の現在はどんなもんかしら?

・・・という事で、我が家のAQUOSの周波数設定画面に東京MXのスカイツリー波491Mhzを入力して受信強度画面を見ながら、室内アンテナ持って部屋の中をウロウロ歩き周る事、十数分・・・05

おッ!キター!
受信強度50代後半!瞬間的に60越えの地点が!03
その場所にそぉ~っとアンテナを固定・・・

ちなみに我が家のAQUOSが、この時点でチャンネル9に受信してる電波はまだ東京タワーからの515Mhzのまま。
なので、このままではチャンネルを9に合わせてもスカイツリーからの電波は映らない

スカイツリー波受信をチャンネル9に反映させる為には設定画面→チャンネル設定地デジチャンネル受信設定から再スキャンを開始

すると・・・受信可能な局を捜しています。しばらくお持ちください・・・等の表示が出て、スカイツリー波の491Mhzが東京MXの周波数として新しくチャンネル9に割り当てられる

再スキャン終了後、東京MXの9チャンネルに合わせてみると・・・

映った!

やるねえ・・・骨董品的年代モノ室内アンテナ!安易に棄てなくて良かったわ~

figma一体ぶんの予算が浮いたぞい

結局UHFが受信できりゃ、アンテナに地デジもアナログも関係ねえってコトだな・・・

これでゆっくりとキバ親父の最期が鑑賞出来るわい・・・

ところで他局の受信状態は どんなもんかしら?

今まで屋外アンテナでギリギリで映っていた状態のMXが受信強度50代後半まで持ち直したんだから、他のキー局は軒並み受信強度90近くまでいってんじゃねえの?と期待してチェックしてみたが・・・

ガ~ン・・・

MX以外のどの局も受信強度50ギリギリ・・・特にテレ東なんて40台まで落ち込んでいるではないか!

・・・考えてみりゃ、現在のところ、MXの他の局は東京タワーから発信の電波なわけで、スカイツリーの方角にアンテナ向けりゃMXの受信強度は上がるが、他局は軒並み悪くなる・・・という屋外アンテナと真逆の事態になっておるわけなのだ

何事も巧く行かんの~

補足:MXが映らなくなった皆さん!要するにこういう事なのです
東京MXの映りが悪くなった・ブロックノイズが出る・映らなくなった・・・とお嘆きの皆さま・・・
その原因は貴方が今までチャンネル9で受信していた周波数が東京タワーから発信されている515MHzのままだったからだと思われます。
(2012年11月現在、東京MXはスカイツリーと東京タワー両方の電波塔から同じ内容の放送を発信しています。)

先ず、御手持ちの地デジ対応TVやHDDの「アンテナ設定画面」から
スカイツリー波491MHzの電波強度をチェックしてみてください。
50以上あれば再スキャンのみでまた視聴出来ますが、50以下なら残念ですが安定的な視聴は不可です
(60以上が望ましい・・)

東京MXはこれから徐々に東京タワーから出ている515MHzの電波を弱くして4月には完全に停止。
スカイツリーから発信されている電波491MHzに一本化させようと計画しています。
が、しかし・・・
この完全移行は必ずしも巧くいっていると言えず、スカイツリーから発信されている電波491MHzが、都内23区であっても受信出来ない地域が多数出てきているのが現実のようです。
(スカイツリーのこの弊害部分はもっと大きく広報するべきですよ


では・・・スカイツリーから発信されている電波強度がこんなにも弱いのはなぜなのか?

原因は単純で、
スカイツリーから発信されている電波が弱いのではなく、
発信源のスカイツリーが
東京タワーと同一の場所に建っているわけではないので、今までとは電波が飛んでくる方向が変わってしまった・・・だけなのです。
さらに、MXはスカイツリー波への一本化を実施するため、東京タワーからの電波を日々弱めています。
・・・なので、ある日、どちらの電波も弱過ぎて受信出来なくなり、MXが映らなくなってしまう・・・という現象が起きるわけなのです。


つまり、手っ取り早い解決方法はアンテナの位置をスカイツリーの方向に向けるしかありません。
自前のアンテナならば電気屋さんに相談を・・・
共同住宅等の理由で自分ひとりの判断では・・・という方は俺のように室内アンテナを調達してみるしか・・・(でも映るという完全な保障は無いです

また491MHzの電波強度が40前後でウロウロ・・・の場合はブースターで受信電波を増幅するだけで観られるようになる可能性もあります。
ちなみにウチはブースターを付けて、この状態・・・


皆さんも、くじけずに頑張って!


10月1日から東京MXがさらに映り悪くなった!?・・・の巻

東京MXが10月1日、スカイツリーからの放送に変わります!
・・・というフレーズのCMを観て「ほほう・・・これで今まで受信状態が微妙だった東京MXが10月1日から安定して観られる様になるかな~」と期待しておったのだが・・・

・・・で、件の10月1日になったので我が家のAQUOSで東京MXの受信強度をチェックしてみると・・・
・・・なんと49!受信強度が著しく悪化している・・・01

AQUOSの表示によると安定的な受信強度は60以上とある
ちなみに俺のボロ宿では日テレやTBS等のキー局常に80~85をキープしており、ほぼ天候に左右される事も無い!

しかし、東京MXだけは極端に受信強度が弱くて通常でも57~58と60を切る状態天候によっては53~55くらいにダウンする事もしばしばだった

なのに、通常で受信強度49・・・これはタイマー録画が「受信できず」の理由で録画されない・・・等の可能性もある危険水域な数値である

とりあえず50前後あればギリギリでブロックノイズ無しで視聴できるレベル
なので、スカイツリーからの発信のニュースを聴かなければ、改めて受信強度をチェックなんぞしなかったであろうから、こんなに受信強度が落ち込んでいた!と知らずに過ごしていたところだった・・・


・・・にしても、スカイツリーからの発信によって、受信エリアが広がった!ハズなのに、受信強度がUPしたならともかく、49にまで悪化したというのは、どういうことなのだ?!

さっそく東京MXのサイトに繋いでみると・・・2012年10月1日~13年4月1日まで東京タワーとスカイツリーの同時放送・・・と、ある!
しかも小さく東京タワーからの電波は少しずつ弱くしていきます・・・との但し書きが・・・04

ひょっとして!・・・と思って、スカイツリーから発信されている周波数491MHzを入力して受信強度をチェックしてみた!
すると・・・
受信強度は、なんと38・・・とても映像が映るレベルの数値じゃない
『電波状態が悪くて・・・』等の言い訳文字と共に画面が真っ黒になってしまう状態の数値である02

では、現在我が家のテレビにギリギリで映っているMXの電波はどこから?

今度は東京タワーから発信されている周波数515MHzを入力
すると・・・
受信強度は49!
やはり、現在我が家のテレビが受信しているのはスカイツリー波ではなく東京タワー波だったのである!03

そもそもスカイツリーって、建物の高層化に伴う電波状態の悪化を改善する為の建てられたんじゃないの?
そのスカイツリーの電波の方が全然弱いってどういうことよ?

・・・で、ネットで調べてみたら
スカイツリーの電波の強度は、東京タワーから出てる電波と変わりません。
東京タワーより高い位置から発信してるので、高層建築を飛び越して電波は届きますが、距離が遠くなるので結果、電波は弱くなります・・・

等の記述が・・・

はぁ?
東京タワーから出てる電波と強度は同じィ~?
しかも、距離が遠くなるので結果、電波は弱くなるぅ~?
ソレ、全く意味無いじゃんか!
実際、俺ン家には電波弱過ぎて届いてねえし!
・・・つうか東京圏外ならともかく、こちとら都内も都内、23区内の豊島区だよ!
その豊島区にすら、まともに電波が届かないって、一体どういうことよ?

大金かけて欠陥品造ってるんじゃねえぞ!ゴラァ!

はぁ・・・はぁ・・・

・・・にしても、一体どうしたものかなぁ・・・
10月3日現在は辛うじて東京タワー波を受信してMXを視聴出来るものの・・・
気分を重くさせるのはMXのサイトにあった
東京タワーからの電波は少しずつ弱くしていきます・・・との但し書き
このまま行くと、MXは徐々に受信出来なくなり、13年4月1日には完全に視聴出来なくなる・・・
いや、現在でもギリギリで映ってる状態なんだから、もっと手前、数週間後には既に視聴不可になる可能性が大だ・・・

モチロン、簡単な解決方法はアンテナの位置を調整すれば済む事なのだが・・・
俺の場合、1階に住む大家の家族とアンテナを共用してるので、勝手にアンテナの向きを変えるわけにもいかないし・・・
大家の家族はNHKしか観ないような人なので、まさか「MXのアニメ観たいんでアンテナの向き変えてもらっていいスか?」なんて申し出ても、OKしてくれそうもないしなぁ・・・

嗚呼!俺が最も大好きな放送局・東京MX!
ツッコミどころ満載のパワーレンジャーS・P・Dとか・・・タツノコ総選挙の結果とか・・・秋の新番アニメの数々とか・・・それが近いうちに突然、観られなくなってしまうのかと思うと、消費税増税と同じくらい気分が憂鬱になってくるわ~05
追伸:2012年11月12日、我が家では、とうとう東京MXが受信出来なくなってしまいました
・・・が、現在では無事受信出来るようになっております
その辺りの件は続編の「とうとうMXが・・・の巻」http://radioeigasya.b.dlsite.net/archives/6068990.htmlに詳しく書きました。
是非、解決の参考にしてみてちょ
いかにスカイツリー波を受信するか・・・これが勝利の鍵

〈お知らせ〉私、犬計画が描いた漫画「博士大戦」ブクロクのパブーにて配信中(后篇第1話は¥100)・・・全然売れて無くてとても悲しい思いをしております。試し読み部分だけでも何とぞ宜しく

電波出てねえのかよ!の巻

先日タイマー録画した東京MXアキバレンジャーを観ていたら、画面にブロックノイズが発生しているのを発見

嫌な予感がしたので、HDDの設定画面からデジタル波の受信状態をチェックしてみると、受信状態良好のギリギリライン60を下回って50台半ばの受信状態が良くありませんラインをウロウロしてる・・・
ちなみにブースターを取り付けた状態でこんなていたらく

アナログ波の時代から我がボロ宿のアンテナの受信状態はイマイチだったのだが、最近は周囲にセレブな鉄筋コンクリート製高層住宅が続々と建設されるようになり、ますます受信状態は苦しくなるばかり・・・

正直、俺の場合、ニュースはラジオで、歌番組は昔から全く興味無し、ドラマもバラエティも最近はほとんど観てない状態なので、実はテレビが映らなくても一向に困らない・・・って気もするんだけれど、そんなテレビ番組興味無し・・・の俺の中で唯一未だに飽きずに観続けているのがアニメと特撮なのだな

そのアニメと特撮が最も多く放映されているのが東京のローカル局・東京MX(ウチはテレ玉は映らないのよ

なので、他のキー局はともかく、東京MXだけでも受信状態良好に保ってて欲しいのだが、悲しいかな東京MXは他のキー局に比べて格段に送信電波が弱いようなのである

・・・って言うかさぁ・・・

5月22日だっけ?東京スカイツリーが開業された!って大騒ぎしてたじゃんか~!
なのに、一向にデジタル波の受信状態が改善されないって、どういうコトなのよ
俺ン家、東京都内なのに全然電波届いてねえじゃん!

・・・と怒りを感じつつWebで調べてみたら

東京スカイツリーのデジタル波放送開始は2013年1月ごろからです。

・・・・・・・・・・

な、なにィ?!

まだ電波、出してねえのかよ!スカイツリー!
オマエ、電波出してねえクセに、2012年5月22日開業しました!とか何ヌケヌケとぬかしてやがるんだ?コラ!
電波出すまであと半年以上あるんじゃねえか!
しかも1月ごろ・・・のごろってなんだよ!そのアバウトさ!

ちなみに東京MXは2013年3月ごろから本放送開始です。

さらに、なんで東京MXだけ2ヶ月遅いんだよ~?!


作品一覧
サークルプロフィール
カテゴリ別アーカイブ
Amazonライブリンク
楽天市場
記事検索
ランキング
  • RSS
  • Dlsite blog