可動フュギア

すっかり忘れておった掌動ウルトラVS2・前篇『十字架』の巻

発売日をすっかり忘れておった食玩掌動ウルトラマンVS2

慌てて以前掌動ウルトラマンVS1を購入した近所のコンビニに行ってみたが
店頭には05拡張セットがたったひとつ売れ残るのみ
01

ちなみにVS2のラインナップは以下の通り・・・
02

VS1と同様にウルトラ戦士2種&怪獣2種
加えてこの拡張セットが新たに加わった次第

・・・にしても、01ウルトラマンジャックの名にはいつもの事ながら違和感満載じゃの~
エロマンガ先生A

エロマンガ先生B

今回は01~04のフュギアは持ってないが 
05拡張セットだけで遊べないのか?を検証

ちなみに05拡張セットの箱はパンパン
03

その内容は以下の通り
07

ボリュームのほとんどを占める2個の十字架
04

光線エフェクトとウルトラブレスレット
05

十字架に張るウルトラサインのシールとお馴染みのガム
06

早速、十字架を組立ててみよ~

十字架部分はABS樹脂製の3つのパーツから成る
08
09

そしてABS製の基部とボールジョイントで接続
10

はめ込むにはかなりの力が必要

・・・で、完成したのがコチラ
11

高さは14センチ程だが、結構な迫力

基部とのボールジョイントで左右前後に角度が付けられるが
ジョイントはABS同士なので可動させ過ぎるとユルユルに・・・
12

前回の掌動ウルトラのセブンを磔(はりつけ)に処してみる
13

接続はセブンの背中にある謎の穴に十字架の凸を挿すだけ
14

15

16

すると・・・足乗せ台にセブンの足がピッタリ乗っかった
17

計算済みに造られておるとは知ってても、ちょい感動

すげえぜバンダイ

・・・と、思ったら、腕が十字架にくっ付いていない
18

ま~正面から見れば、それっぽく見えるからそれほど気にならないけど

せっかく十字架が2つあるのだから

手持ちの他の掌動フュギアも磔に出来ないか検証

先ずはセブンのライバル・シャア少佐の百式
19

背中を見ると・・・あった!謎の穴
20

十字架の凸に挿して、磔完了
21

22

さて、ウルトラ以外の掌動フュギアではどうか?

掌動仮面ライダーからお馴染み黒ヒゲストロンガー
23

十字架の凸に挿して、磔完了
24

セブンに対して脚が長過ぎるストロンガー

膝を大きく曲げなきゃ足乗せ出来ず
25

次は一つ目タイタン
26

十字架の凸に挿して、磔完了
27

コイツも脚が長過ぎなので大きく膝曲げ

膝曲げるとふざけてるようにしか見えないなぁ

・・・という処で、今回はここまで

紹介し切れなかったウルトラブレスレットと光線エフェクトについてはまた次回
28

食玩UMAじゃなかった!?掌動可動ウルトラマンVSだぞい・・・の巻

ひと月ほど前に発売されたはずなのに俺さまの周辺では全く目撃できずの完全に食玩UMAと化していた掌動可動ウルトラマンVS
註:食玩UMAとは・・・その存在が確実視されているにもかかわらず、実物を誰も見た事がないという幻の食玩の事

こりゃあもう手に入らんのかなぁ・・・と半ば諦めておったのだが、先日たまたま立寄ったコンビニにてとうとう発見
01

・・・だが、棚に残ってたのは03ウルトラセブンと04キングジョーの2個だけ

俺さま的にはマンとゼットンが欲しかったのだが
まぁ手に入っただけでもラッキーというものじゃ・・・とその2個を購入
02

以前紹介した仮面ライダーVSではシークレットとしてチャージアップストロンガーと百目タイタンの2種がラインナップされておったが、
今回のウルトラVSにはシークレットは無し


どうせならセブンの相手役はパンドンにして、シークレットはメカパンドンにすれば良かったのじゃねえのか・・・とも思うのだが、やっぱ地味なパンドンじゃあ役不足だったのかのう・・・

では、いざ開封~

先ずはセブン
03

04

彩色はハミダシもなく綺麗、マスクの銀色の発色が金属ぽくてなかなか良い感じじゃ
05
06

ライダーVS同様にオプションハンドを収納出来る親切仕様のスタンド付き
07

しかし並べてみると・・・ストロンガーに比べてセブンはずいぶんボリューム負けしておる感じがするの~
08

09

背中のダボ穴のサイズがフィグマスタンドにピッタリだったので早速装着
12

フィグマスタンドの力を借りて可動箇所と範囲を御披露目じゃい
10

可動箇所と範囲はライダーVSとほとんど同じに思えたが、よく見ると・・・
11

見栄えを優先した結果かの~
13
この手持ち用ハンドを見る限り、やはり相手はパンドンの方が良かったんじゃ・・・と思わずにはいられないのじゃが・・・

14

一方、キングジョーは・・・
15

でけえ!凄いボリューム!さすが怪獣じゃ~
16

全身は残念ながら金色で彩色されておるわけではなく、
黄色というか黄土色というかのプラモに有りがちなアノ金色ぽい成型色
17

キングジョー特徴のひとつの胸の窓だが、銀の上に黄色が吹かれておるだけのシンプルショボちんな彩色
青とか赤とかのまだらに吹いて欲しかったの~

18

さらに圧倒的なボリュームの本体に対して、オプションパーツは全く無し
19
寂しい限りじゃのう

20

21

可動箇所は首を除きセブンとほぼ同じ
22

可動フュギアの弱点であるロボみたいな関節はロボ怪獣のキングジョーにはピッタリじゃ

ただし股の可動域は極端に狭いのがたまにキズ

けどまぁ、全く可動しなさそうなこのデザインにして
これだけ動けるだけでも大したモノじゃわい
23

お馴染みオマケ漫画
24

25

26

27

28

29

30

31

32

33

34

35

36

37

俗:フィグマ・アーキタイプNEXT:Heで遊んでみるぞい・・・の巻

前回のお話
犬計画が6月頃に予約注文して、その後すっかり忘れていたフィグマ・アーキタイプNEXT:He。先日届いたソレを開封してみると、中にはパッケージ写真と全く異なるなで肩猫背のひ弱な男が入っていた。
残暑厳しい9月にもかかわらず「う~寒ッ!寒いッスよ~」と嘆くその男のわきの奥にもう一つのボールジョイント関節がある事に気が付いた犬計画。
試しにその関節を押し上げると、なで肩猫背のひ弱な男からみるみるムキムキマッチョな男前に変身したのである。
関西弁でナンパを始めたその男は、やがてお笑いを始めたが、客席がドン引き・・悩んだ挙句、「シェ~」というイヤミのギャグをパクってその場を切り抜けたのであった・・・。



前回書き忘れておったが、コイツの大きさは1/144ガンプラやウルトラ怪獣500と同じくらい
01

初見は小っちゃ・・・と思ったものの、飾っておくには手頃なサイズかも
03

なんと言っても怪獣やMSと闘うにもちょうどイイ大きさだし~

全く彩色されてない成型色のまんまなので塗装剥げや色移りの心配が無いのも有り難いわ~

というわけで、
早速お気に入りのウルトラ怪獣500のグドンと格闘させてみたぞい
04

05

06

07

08

09

10

他になんかないかな~と思案してみたところ
以前ネットで見かけてカッコ良さげなので試しに購入したスカイネットの1/12バイクの玩具があったのを思い出した
今度はアレに乗せてみるか・・・と思って、部屋を捜索・・・

小一時間かかってようやく発見のスカイネットの1/12ホンダCB1000R

実物知らないんだけど、なんかライダーとかバットマンとかが乗りそうなヒーローデザインなバイクだったので、ついつい買ってしまったのじゃ
11

12

じゃあ早速搭乗~・・・と思ったけど、付属の握り手がなかなかハンドルに嵌らない・・・

無茶するとハンドルを折りそうなので、
本体から握り手のみ分離、
先に握り手をハンドルにはめ込んでから
、搭乗させることにした
念のため握り手は熱湯風呂に浸けて柔らかくしといた方が安全かもしれん
13

・・・で、搭乗姿がコレ
14

おお~想定以上
15

実物知らないんで、スケールが合っておるかどうかわからんが、コレはこれでカッコいいじゃあないの!
16

フィグマ・アーキタイプNEXT:Heで遊んでみるぞい・・・の巻

6月頃に予約注文しておったのをすっかり忘れておったフィグマ・アーキタイプNEXT:He
先日届いたので、早速御紹介
01

フィグマといえば、アニメやゲーム、映画のキャラクターの可動フュギアとして有名であるが、
このアーキタイプNEXT:Heは、特定のキャラクターがモデルになっておるわけではない単なるムキムキのオッサンの可動フュギアなのである

ムキムキのオッサンを描く時に参考になるかしら?と思って、予約購入しておった次第・・・

届いて初見の感想は・・・小っちゃ・・・
02

ここしばらくフィグマを購入しておらぬ俺さまであるが・・・フィグマってこんな小っちゃかったっけ?

内容はこんな感じ
03
02

・本体
・フィグマスタンド
・差し換え用ハンドが4個
・スタンド先端パーツ&手首の予備ジョイント?
・フィグマ袋
・取り説


・・・と、とりあえずフィグマの基本は入っておるようじゃ

で、コレが本体・・・
04

って、なんだコイツ?ずいぶんなで肩猫背じゃあねえか?

パッケージや取り説に載ってる写真と違って、スゲ~弱そうじゃんか~
05

どうなってんのコレ?と思って肩関節をチェックすると、
なんだ!肩の奥、わきの中にもう一つ関節があるじゃあねえか
06

ようするに関節軸が鉄アレイみたいな形になっておるのだな

このわきの奥まった所にある関節を押し上げてやれば・・・

07
ホラ!パッケージの写真みたいにカッコ良くなったぞい!

08

それでは、改めて
09

関節の可動域はこのくらい・・・
10

14

正直なトコ、最近の鉄血~等のガンプラの方がずっと可動範囲が広いような気がするの~

特に肘や膝は二重関節ではないので、正座や腕組み、あぐらとかはかなり苦手のようじゃ
11

しかし、肘や膝が90度以上曲がらないようなポーズなら結構カッコ良く決まるぞい
12

13

・・・と一通りブツの紹介が済んだトコロで、次回は他のトイと絡めて遊んでみるつもり

掌動ストロンガーで衝撃のシクレを引き当てたぞい・・・の巻

先日、ガス代を払いに近所のコンビニに行ったら、掌動仮面ライダーVS第三弾を発見

帝都にいた当時は、第一弾・第二弾ともに量販店では全く見つからずの幻のUMA状態であったが、さすが北関東の帝都・栃木である
近所のコンビニに全種、当たり前のように陳列されておった

第三弾のラインナップは10仮面ライダーブラック・11シャドームーン・12ストロンガー・13一ツ目タイタンの4種

一個¥500+税もしやがるので、とりあえずストロンガーと一ツ目タイタンを購入。世代なので・・・
01

ちなみにストロンガーと一ツ目タイタン共々にチャージアップバージョンと百目バージョンというシークレットがあり、
風の噂ではその確立はなんと二分の一・・・・実に二個に一個がシークレットという異常事態

ガンダムコンバージで延々とシークレットを引き当てた俺さま・・・いったいどうなることやら・・・

なんて言うておったら、さっそくストロンガーのシークレットのチャージアップバージョンがでやがった
まぁ・・・チャージアップバージョンも嫌いじゃないから良いが・・・
02

ところで今回初めて購入してわかったのだが、なんとこの食玩、同梱の菓子がバンダイいつもの不味ガムじゃなくてラムネであったのだな

ま~そのラムネも御世辞にも美味いとはいえんかったが・・・
03

で、本体はこんな感じ
04

05

写真で見た時は股間部分が貧弱でなんだかサンダーバードの人形みたいだなぁ・・・と思っておったが、
実際ポージングしてみると、さほど気にならなくなった
06

ただストロンガーはデザイン上、胸のプロテクターが干渉して腕の上可動は今ひとつ
07

それとちょいと感心したのが、台座にオプションハンドが収納出来るようになってるところ
これなら離別や紛失の心配がないので安心
他の食玩でも採用して欲しいですな
09

続いて、一ツ目タイタン
08

シクレの百目バージョンはマジ気色いので、一ツ目バージョンが出てホントヨカッタ

成型色のまんま全身真っ黒&これまた成型色白の手とスカーフで、唯一の塗装箇所は眼とハンドガンのみ
10
12


11

胸と胴が一体パーツで全く可動しないものの、
ストロンガーと違い、肩に干渉するものがないので、腕を大きく振り上げサタデーナイトフィーバーのポーズも可能
13

14

15

16

17

ポージングの幅はタイタンの方が勝っておるようじゃ
18

・・・というところで、既に気付いておる読者諸氏もおるかもだが・・・

最初に登場のストロンガー・・・なんか変じゃあねえか?

そうマスクの口の部分が真っ黒なのだ~
19

もしやチャージアップしたストロンガーは口の部分が黒くなるのかしら?
・・・とも思って調べてみたが、そんな事実はナシ

あきらかに塗り忘れだろコレ
にしても・・・こんなに目立つとこふつう塗り忘れるか??
また、よりにもよってソレを引いてしまう俺さまって・・・

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

続き・・・
30

31

作品一覧
サークルプロフィール
カテゴリ別アーカイブ
Amazonライブリンク
楽天市場
記事検索
ランキング
  • RSS
  • Dlsite blog