ロボ魂

ロボ魂・グラスゴー買ってみたぞい&スーパーグラスゴー誕生・・・の巻

01今回はロボ魂 ナイトメアフレーム(KMF) グラスゴーを御紹介。

R2以降に登場の ビュンビュン空飛んじゃってるトンデモKMF に辟易してる俺にとっては、初期のKMFに漂う陸戦兵器の匂い漂うグラスゴーは、サザーランドに次ぐお気入りKMFなのである

そんなグラスゴーであるが、オフシュート版って出てたっけ?
俺は店頭で見かけたこと無いんだけど・・・通販のみだったのかしら?

なので、今回の比較に使用したのは、色違い&首違いでほぼグラスゴーの無頼・黒の騎士団機のオフシュート版

先ずはパッケージの大きさ比較

02前回のランスロットより箱の厚みは半分に減ったものの・・・まだまだ無駄に箱が大きいような気がするなぁ・・・

・・・で、内容はこんな感じ・・・
03やはりブリスターを2段(或いは差し換えハンドをポリ袋へ)にすれば箱の大きさは半分に削減出来ると思うんだけどねえ・・・

さて、肝心のグラスゴー本体であるが、

オフシュート版の無頼と並べてみて、大きさもシルエットも大して変わり無いように見える
06
しかし全体のエッジは格段に鋭くなり、関節部等のメカが露出している部分にソレっぽいパーツやモールドが追加され、アニメっぽいオフシュート版の無頼に比べて、より兵器としてのリアル感が増した感じだ

オフシュート版の無頼では固定だった両肩のスラッシュハーケンも上下に回転出来るようになり、差し替えで発射状態も再現可能・・・0405
ただ俺の個体は左のスラッシュハーケンのポロリが半端ない・・・トホ

脚の可動範囲は、オフシュート版の無頼も自由度は高かったが、ロボ魂グラスゴーは足首の可動範囲も広くなったので、かなりの大股開きでもちゃんと両脚接地が可能12

・・・とまぁ、月日が経った分、あらゆる面でオフシュート版の無頼を凌駕するのは当たり前、劣る面はなぞ無いと感じられたロボ魂グラスゴーであるが・・・

決定的な問題点が・・・

ソレは、オフシュート版の無頼(というかオフシュート版KMFのほとんどにあった)コクピット開閉機能が省略されておる!ということである

07前回のロボ魂ランスロットはオフシュート版でもコクピット開閉機能が省略されておったので、まぁ仕方がないか・・・と納得したが、グラスゴーでも省略って!
まさか、今後発売されるであろう全てのロボ魂KMFのコクピットから開閉機能を省略する方針なのか?バンダイ!

ううむ・・・これは問題ですよ・・・ボトムズATのコクピットハッチが・・・エルガイムの脚が・・・開閉しないのと同じくらいの重要な案件ですよ!これは!

そこで思いついたのが、オフシュート版の無頼のコクピットをロボ魂グラスゴーに無理矢理くっ付けてみようという作戦

背面を見比べてみると、ロボ魂グラスゴーのコクピットは随分幅広になってる感じがする・・・10

・・・が、双方のコネクト部分の形状は驚くほど似てる・・・15

コレはイケるかも・・・

ということで、無理矢理押し込んでみたら、思いの他サイズピッタリで普通にくっ付いた

・・・で、コレがオフシュート版の無頼のコクピットを搭載したロボ魂グラスゴー
名づけて スーパーグラスゴー
16コクピットの色が明かに機体と異なるが・・・コレはコレでカッコイイ!17

とどめは、夢のコクピット開閉機能の再現・・・18

むぅ・・・やはりKMFにはこの機能が無くては!
お手軽にコクピット開閉実現出来るこの差し換え遊び、オフシュート版の無頼を持ってる御仁は試しに一度やってみそ!


ROBOT魂 [SIDE KMF] グラスゴー (亡国のアキトVer.)
ROBOT魂 [SIDE KMF] グラスゴー (亡国のアキトVer.) [おもちゃ&ホビー]
IN ACTION!! OFF SHOOT 無頼(黒の騎士団機)
IN ACTION!! OFF SHOOT 無頼(黒の騎士団機) [おもちゃ&ホビー]


今更だけど・・・ロボ魂・ランスロットを買ってみたぞい・・・の巻

多分に今更・・・な感もあったが、ロボ魂のランスロットを買ってみた。
メーカー希望価格4千円越えの高価なブツだったので躊躇しておったのだが
昨年末の発売から既に2ヶ月以上経過してるせいか 半値近い2千円台半ばのお手頃価格になっておったので購入に踏み切った次第14

で、ひさびさに買ったロボ魂であるが・・・
箱・・・デカイな~
最近のトイは、どうしてこう箱が無駄にデカイのかしらねえ・・・
明らかにあと二回りくらい箱小さく出来んだろ!って思うフュギアとか多いよな~

このロボ魂・ランスロットも御多分に漏れず
フュギア本体の大きさに比べて箱デカ過ぎ01
03コクピット部分が後に大きく張り出しておるので厚みが出るのは仕方が無いとしても、他の部分がスカスカ・・・
付属品のブリスターを2段にしてくれりゃ箱の幅は半分に出来たはず!
こう無駄に箱が大きいと保管場所に困るんだよな~
こちとら大陸に住んでるワケじゃねえんだから日本の住宅事情を考慮してもっとコンパクトに収まるようなパッケージにして頂かないと・・・

さらに、ブリスター越しに覗く大の字ポーズのランスロットは、かなりマヌケに見えたりもして
ううむ・・・これは2千円台半ばでもちょっと高いんじゃ・・・と一瞬思ったりもしたのだが・・・02

実際、箱から取り出していじってみると、印象が180度変わった

とにかく、よく動く!

驚くほど可動範囲が広いのだ
05

先ず誰もが指摘しておる通り、足首の構造が以前バンダイから発売された同スケールのインアクション・オフシュート版と根本的違う
オフシュート版のランスロットは足首がほとんど可動出来なかったため、足の接地に多大な問題があったが、
今回のロボ魂は前後スイングはもちろん、横ロール用の関節も新たに仕込まれておるので、大股開きをしても、ちゃんと足裏を地面に接地する事が出来るようになった!
これだけでもポージングの幅はずいぶんと大きく広がった06

さらに肩の付け根は前方に引き出せる構造になっており、銃や剣を自然な形でホールド出来るように工夫されておる09

肘は三重関節になっており、伸ばした状態からは想像しにくいが、驚異的にほぼ180度まで曲げる事が出来る08

アニメロボットでありながらに、美術用のポーズ人形をはるかに越える可動領域
バンダイさまには、このロボ魂の技術を応用して、美術用のポーズ人形を造って頂きたい!
おそらく現行の美術用のポーズ人形なんぞ足元にも及ばない ほぼ人間と同様のポージングが可能なポーズ人形が出来上がるであろう
アニメーターや漫画家に猛烈に売れる・・・と思うけどな13

可動域の他にも幾つかオフシュート版と異なる点がある。
顕著なのが頭部の形状の違い
マジンガーZとグレートマジンガーくらい違う
個人的にはオフシュート版の方が俺の好みではあるが・・・07

それから、今回新たなオプションパーツとしてブレイズ・ルミナス(ビーム盾)が付属
ブツは単なる切り抜いた透明プラ板みたいでそこはかとないショボさが漂うのだが・・・本編でもこんな感じだったっけ?11

他の付属品はオプションハンドやら銃やら剣やらハーケンやら・・・
この辺りはオフシュート版とあんまり変わりばえしないな~
スラッシュハーケンの数は増えたけど・・・

それとコクピットの開閉は今回も省略・・・差し換えでもいいから展開出来るようにして欲しかったな~

最後に、ナイトメア最大の特徴であるランドスピナー
オフシュート版の単なる1点のボールジョイント軸の頼りないモノから2軸構造で横へも展開可能な立派なモノにパワーアップ10
ランドスピナーを使ったローラーゲームのような戦闘アクションがナイトメアフレームの最大の魅力だからねえ
この部分の強化は欠かせませんよ
正直、俺は 飛行ユニット常備のR2以降のナイトメアは今ひとつ好きじゃないのよね~
そんな意味でも次々回発売のロボ魂・グラスゴーには大いに期待!
ついでに俺の最もお気入りのサザーランドもロボ魂でグレードアップしてニューアル発売してくれると嬉しいんだなぁ12
ROBOT魂 [SIDE KMF] ランスロット
ROBOT魂 [SIDE KMF] ランスロット

追記/
多分個体差だと思うが、俺の購入したものは股関節が若干ユルかったので、一度外してジョイントのボール部分に瞬間接着剤を数滴付けて太らせてみた
そのまま数十分間放置・・・瞬間接着剤が完全に乾いた事を確認してから、股間を元通りはめ直す
するといい具合に保持力が復活したぞい04

アクションベースを作ってみたぞいの巻・その弐

これまでのお話
価格急騰を続ける一方で出来の方は「?」な完成品トイが横行する現状に嘆き憂いを感じた筆者玩具大好き犬計画は、完成品トイに見切りをつけて、30年ぶりにプラモデルを作ってみる事を決意!
先ずは小学生のチビッコにもお手軽に作れて出来も素晴らしい・・・と評判のガンダムAGEのプラモデルを数個通販で買ってみた。
・・・だが、届いたガンプラのパーツ数の多さに呆然・・・
犬計画が作っていた頃の1/144足首の動かない赤ザク(¥300)に比べると優に4倍以上のパーツ数だったのだ・・・
室温36度という酷暑も手伝って、全く作る気が失せた犬計画は「正月に作ろう・・・」と、現政権のように面倒臭い事は先送りにする事に・・・
しかし、それではブログネタに詰まってしまうので、ガンプラと一緒に購入したガンプラ専用飾り台・アクションベース2を作ることにより、お茶を濁してこの場を逃れる事にしたのだった・・・


○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●

・・・という事で、前回の続き
飾り台とは言っても、見た目全くプラモデルアクションベース2
一見パーツ数は多そうだが、組立てが必要なのはアーム部分だけ
ベースの方はただランナーから切り取るだけなので、簡単そうだ06

組立て説明書によると、アーム部分は可動部分毎に左右パーツを挟み込む・・・作業を数回繰り返せば完成するらしい

接着剤も不要

へたりそうな可動部分にはビスを使用
へたってきたらビスを閉め直せば再び強度が復活・・・という配慮なのでありましょう

そんなこんなで室温36度酷暑の中の作業であってもアーム部分20分くらいで難無く完成07
実のところ、組み立てそのものよりランナーからの切り口を処理する方が時間がかかった
やはりクリアパーツは切り口の白化が目立つ・・・このカラーをチョイスしたのは失敗だったかな~

土台となるベース台形のパーツが2枚用意されていて、裏からクリップのような接続パーツで繋ぐ構造になっておる
08
繋ぎ方によって様々な形状にレイアウト出来るのは実に楽しい
・・・のだが、繋ぐ辺によって、接続パーツがユルユルだったり、妙にキツ過ぎたりする。コレは個体差かもしれないが・・・

09アーム部分根元と首の長さが調節出来るのだが、固定ピンを刺すことにより、ある程度の重量に耐えられる構造になっておる
・・・のだが、とにかく素材が単なるプラッチックなので、安定感に乏しく、角度によっては保持力が著しく低くなる予感が・・・

総合的に、とにかくな~んかベコベコヘナヘナな感じがして、頼りない印象が拭えない

ホントに大丈夫かコレ?

ガンプラ乗せた途端に・・・ペシャ・・・即ゴミ箱へ・・・とかならないか?・・・と、
不安はつのるばかり・・・

ところでアーム部の先端には形状の違った4つのパーツ付け替えられるようになっており、新旧発売時期の異なるガンプラそれぞれが接続できるようになっておる

ちなみに俺が学生時代に作っておった最初期の1/144ツメが開閉選択接着式のズゴック(¥300)なんぞ、ケツに穴を開けてビス止めしてくれい!
と書かれておったぞい
ひぃ~バイオレンス!10


・・・さて、とりあえず完成したアクションベース2であるが・・・肝心の乗せるガンプラの方は全く完成しておらん

しかしせっかくだから何か乗せてみたいな~

・・・という事で、ちょうど1/144のガンプラくらいの大きさであるロボ魂・ヴォルケイン先生に登場を願い、アクションベース2に無理矢理接続してみる事にした

ヴォルケイン先生の股にも丸穴が開いておったのだが、あいにくサイズが合わず
とりあえず挟み込み形状のジョイントを無理からふんどし部分に差し込んでみたら、コレが意外とサイズピッタリでハマった!

おお!ガンプラだけじゃなくてロボ魂でもイケんじゃん

・・・と思った矢先、先の不安が的中・・・余りの重武装故に既に重量の限界値なのか?とにかくヴォルケイン先生生まれたての子馬のように絶えずプルプルプルプル・・・と震えまくってる始末

ヴォルケイン先生!どうなすった?
12
ううむやはり・・・やっとこさ支えておるのかアクションベース2・・・

重心土台(ベース)にあればもっと安定を得られるのだろうが、悲しいかな肝心要の土台(ベース)が重みの殆ど無いプラッチックなので、指でちょん!とでも押そうものなら、途端にガシャ~ンとひっくり返りかねない状況だ・・・

やはり、アクションベースで支えるには重過ぎたか・・・

やむ得ないヴォルケインの特徴でもある可動マントを脱がすとしよう・・・
実はこのマント、塩ビ素材なので、これだけでヴォルケインのロボ部分同じくらいの重量があるのだ

案の定、マントを脱がせてみると、ヴォルケインのプルプル震えは止まった・・・
マント無しのヴォルケイン本体の重量はおそらくほぼガンプラと同等と思われるので、やはり強度的な面から見ても、これはガンプラ専用の飾り台という事なのでしょう・・・13

ちなみにベース接続パーツ2個付いているのだが、普段使わない1個紛失しないようベース裏に収納できるようになっている・・・一見親切設計のように思えるのだが・・・
だったら先端のジョイントパーツを格納できるようにしてよ~
失くして困るのは接続パーツよりむしろこっちなんだからさぁ~11

バンダイプラモデル アクションベース2 クリアブルー
バンダイプラモデル アクションベース2 クリアブルー
ROBOT魂 [SIDE YOROI] ヴォルケイン
ROBOT魂 [SIDE YOROI] ヴォルケイン




作品一覧
サークルプロフィール
カテゴリ別アーカイブ
Amazonライブリンク
楽天市場
記事検索
ランキング
  • RSS
  • Dlsite blog