レビュー

食玩・ゴジラコレクションを買ってみたぞい・・・の巻

ハリウッド版のゴジラが上映される・・・に伴って、巷でにわかゴジラブームが起こっておる

先日、テレビ東京のお昼のロードショーでは、ゴジラ2014の監督が撮ったというB級怪獣映画『モンスターズ』というのが放映されておったし、8月にはゴジラ映画を3本連続放映するとCMしておった

書店を覗けば、ゴジラ関連書籍も多数並んでおる

バンダイからは、新作が途絶えて久しいあのソフビ怪獣の傑作ムービーモンスターシリーズが、ゴジラ2014で復活

・・・という事で、ムービーモンスターシリーズ最新作・ゴジラ2014を購入すべく、池袋の某量販店へ行ってみた

・・・ところが、売ってねえ

ひょっとして、まだ入荷してねえのか?俺さまフライングし過ぎ?

仕方なく諦めて帰ろうとしたら、食玩・ゴジラコレクションなるものが目に入ったので、代わりにコレを購入する事にした

とにかく、このゴジラコレクションのパッケージがとんでもなくカッコイイのだな・・・
01

ラインナップはゴジラ2014・ゴジラ2004・3式機龍の大怪獣全三種
02

パッケージ上面に、どの怪獣が入っているのかがちゃんと記されておるので、同じ怪獣をダブらせるという悲劇もない貧乏人には大変有り難い仕様

三種まとめて購入・・・と思ったが、どういうわけかゴジラ2004だけ見当たらなかったので、ゴジラ2014と3式機龍を購入
04

パッケージの横には、ほぼ原寸大のソフビの写真が掲載されており、いやがおうにも高まる期待・・・
03


おお!いったいどんな怪獣達に出会えるのであろうか?

ワクワクしながら、帰宅後開封してみると・・・

え・・・ナニコレ・・・ちっちゃ・・・
05

とにかく、箱の大きさに対して、とんでもなく小さい感じ・・・
06

パッケージ側面に表示された ほぼ実物大の写真と並べてみても、明かに一回り小さいような・・・
13

パッケージがカッコ良かったので、期待し過ぎた俺がいけなかったのか?
久々に食玩でダマされた感じ・・・


一昔前はパッケージ写真と中身が全然違う食玩やガチャガチャはたくさんあったけどね~
特に美少女モノとかだと悲劇だったな~

さて、そのやたら小さいゴジラ2014
恐竜型の標準分割で両腕と両脚、尻尾が回転可動
08

細かく見ていくと、皺とか体表のゴツゴツしたディティールとかシャープに造形されていて、出来は決して悪くない
だが・・・

何だろう?この全体に溢れるチープ感・・・
怪獣王としての威厳の無さ・・・
09
10
11

同程度の大きさの塩ビ製・初代ゴジラの食玩と並べて撮影・・・
12

うう~む・・・わかってもらえるかしら?俺のこの気持ち・・・

次に3式機龍

3式機龍は、ソフビはもとより超合金も持ってるほど大好きな怪獣なのだが・・・コイツもちっちゃ・・・な印象

しかもゴジラ2014に比べるとディティールが全体的に甘め
足の裏まで彫刻してあるというのに・・・
16

可動箇所は両腕と腰、尻尾
確かムービーモンスターシリーズの機龍も同じ分割だった記憶が・・・
15

手元にあった食玩・究極大怪獣の機龍と並べて撮影
イケメンの究極大怪獣版・機龍と比べるのは、ちょい酷だったか・・・
17

・・・にしても、この食玩の機龍、以前見た事あるような気がするの~
14

ひょっとしたら2002年公開当時の食玩・機龍の原型の使いまわし??かも
18

宇宙刑事ソフビが三人揃った!の巻

ギャバンの最終回に颯爽と登場した二人目のメタルヒーロー!
夕日をバックにしたエンディング映像のあまりのカッコ良さが印象的な宇宙刑事シャリバン!
(ところで背後に自動車が横切るのは・・・アレ演出なの?)

今回は、そんな赤射蒸着・赤いコンバットスーツが印象的な宇宙刑事シャリバンのソフビについて書くぞい010702

前回、劇版ゴウカイジャー公開に併せて発売されたギャバンのソフビの時・・・
呑気に構えていたら、巷ではすっかり品薄になってて、焦りまくって大手量販店を捜し回った挙句、結局街の玩具屋さんの片隅でようやく発見!定価で入手・・・というエライ苦労してしまったので
今回のシャリバンのソフビは買い逃しが無いように早めに(36%引きの時点で)アマゾンで予約注文しておいた

そのシャリバンのソフビが先週ようやく届いたのじゃ

前回のギャバンのソフビも、チビッコには勿体無い出来の良さだったので、このシャリバンにも大いに期待していたのであるが

原型は前回のギャバン同様、撮影用の着ぐるみをそのまま縮小したかのような素晴らしい出来である

ちなみに可動部分両腕の付け根と腹のみ

彩色テカテカ過ぎないメタリックな赤はもちろん、特徴的な頭部をぐるりと一周している切れ長なバイザー胸のランプに至るまで、ギャバンに比べたら色数は減っているものの、チビッコ用のお手軽ソフビにしては、大いに頑張っていると思う

のだが・・・

なんと俺の個体は、腹の部分のマスキングが大きくずれていて、残念なハミダシに・・・

・・・とにかくツヤ消し黒の塗料を吹く時のマスキングが凄く雑というか甘いというか・・・でツヤ消し黒がハミダシまくってしまっているのだ・・・

むぅ・・・ここさえ完璧ならば・・・03

黒の部分が足りないのなら、例によってガンダムマーカー筆ペンで修正する事も可能なのだが・・・メタリック赤の部分への侵食なので、俺の手持ちの機材と技術では全くのお手上げ・・・
チビッコなら気にしないレベルなので、メーカーに交換を申し出るのも気が退けるし・・・

ううむ・・・実際の商品を目視して選べないところが通販の痛いところだよなぁ・・・

・・・とはいえ、リアルタイムで宇宙刑事にハマってた世代にとっては、テンション上がる一品!には違いない

早速、先のギャバンと並べて飾ってみる・・・

おお!二人の宇宙刑事が立ち並ぶ光景は異様にカッコイイ!04

こうなると是非とも三人揃えたくなるのが人情・・・

やっぱりシャイダーも注文しておくんだった・・・

とちょっぴり後悔しつつ、アマゾンのサイトを見ると、シャリバンは定価・・・という状態なのに、シャイダーは未だに予約時と同じ36%引きで売られてるではないか!(2012年10月末現在)

これは買うしかない!

・・・と早速シャイダーも注文05

数日後、シャイダーも届く!
3人目のメタルヒーロー・青いコンバットスーツの宇宙刑事シャイダー

塗装は悔しいかな・・・シャリバンよりずっとハミダシ箇所が少ない!
くそ~シャリバンの塗装がこのクオリティだったならな~
言うまでも無く、このシャイダーも先のギャバン・シャリバンに劣らず、劇中の着ぐるみをそのまんま縮小したような出来の良さ
カッコ良いんだか悪いんだか・・・のビミョーな頭部の形状も、忠実に再現!06
可動部分は相変らずの腕と腹・・・せめて首も回るようにしてくれたら、もう少し表情が出るのだがね~

ちなみに番組内容の方は、やけに耳に残る不思議ソングアニーのパンチラ以外、さっぱり覚えておらんのじゃが
しかし・・・関東地方で1年に有るか無いかの大雪の翌日に撮影されたであろう・・・残雪の崖の上でレーザーブレードを手に立つエンディングのシャイダー確かにカッコ良かった!

そんなシャイダーだが、本編には期待叶わずギャバンもシャリバンもゲスト出演せず(イラストだかバンク映像だかで出てたかも?)
画面で初めて3人の宇宙刑事が揃ったのはシャイダーの最終回の翌週に放映された・・・宇宙刑事大集合スペシャルみたいな番組の中で・・・だけだった

この時出演した大葉健二氏は映画の役作りで頭を丸坊主にしており、それを「ギャバン隊長!どうしたんですか?その頭!」と(確か伊賀電に)指摘され
「ううん・・・ちょっとな」と苦笑いで誤魔化してたシーンがあった・・・と記憶してる

そんなワケで80年代にはついぞ直接的な絡みが無かった3宇宙刑事が今回の劇版では(中の人は代変りしたとはいえ)揃って復活し共に共通の敵と戦う・・・という
これで、宇宙刑事大集合スペシャル「30分間、散々引っ張っておいて結局ラスト数分新宿ビル街の前でポーズ付けただけかよッと憤っていた当時のチビッコ達も30年の時を隔ててようやく溜飲が下がるワケである08

しかし!俺としては今回復活して欲しかった宇宙刑事がもう一人居る

その名は宇宙刑事アラン!
演ずるはV3やズバットでお馴染みの宮内洋!

確かギャバンの中盤のエピソードの中に登場したゲスト宇宙刑事で
マクーによって連れ去られたどこぞの星の王女様を追って地球にやって来た彼は、地球駐在のギャバンと共闘してマクーの魔手から王女様を救い出す!という・・・先行の仮面ライダーシリーズや戦隊モノとは明かに違う銀河規模のスケールを持った宇宙刑事という設定の特色を全面に押し出した燃えるストーリーだった

このアラン・・・マクーと戦う時にはレーザーブレード的な武器を使っておったのだが、戦況が不利になっても一向に蒸着しようとしない・・・いつになったらコンバットスーツを蒸着するのか?と当時の俺はヤキモキしながら観ていたのだが・・・
とうとう彼が蒸着する事無く事件は解決
王女様を救出した後、なぜか遊園地の回転木馬に乗って星に帰って行った・・・というトンデモラスト
専用宇宙船も登場しねえし、蒸着はしねえし・・・なんなんだよオマエ・・・ホントに宇宙刑事なのかよ!とツッコミまくった記憶がある

多分に予算的な事情があったのだと想像つくけれど・・・ギャバン、シャリバン、シャイダーが復活を遂げた今、ついでにこの宇宙刑事アランも復活させて欲しかった
そして30年前には大人の事情で見せる事が出来なかったコンバットスーツ姿当時チビッコだったオッサン達の前に是非とも披露していただきたかった

追伸:2012年11月1日現在・・・アマゾンでのシャリバンとシャイダーの価格が逆転する・・・という 不思議~思議~摩訶不思議~な現象が起こってます
ここに来て、シャイダー人気が爆発?
宇宙刑事シャリバン (ソフビ)
宇宙刑事シャリバン (ソフビ)
宇宙刑事シャイダー (ソフビ)
宇宙刑事シャイダー (ソフビ)
宇宙刑事 ギャバン (ソフビ)
宇宙刑事 ギャバン (ソフビ)




アーストロンの思い出・・・の巻

10月半ばに新発売されたバンダイのソフビウルトラ怪獣シリーズ20 アーストロンを買ってみた!

アーストロン『帰って来たウルトラマン』の第1話に登場して、最初に帰りマンの餌食となった哀れな怪獣なのである 

俺が記憶するに・・・約40年前の『帰って来たウルトラマン』本放映当時からの人気怪獣であったのは間違いないのだが・・・
・・・実際にテレビ画面に登場してた時間は相当に短いものであった01

『帰って来たウルトラマン』の第1話の展開記憶頼りに簡単に説明しておくと・・・

冒頭から東京湾でザザーンとタッコングという2匹の怪獣が大暴れしておる。
逃げ惑う街の人達・・・その最中、逃げ遅れた少年を助けるか何かして(第2期ウルトラの第1話はどれも似たような感じなので詳しい経緯は忘れた)不幸にも命を失ってしまった主人公・郷秀樹(団次郎)・・・
それを目の当りにしたウルトラマンがお節介にも同化を申し出て、郷秀樹ウルトラマンとして生き返る・・・(病院の死体安置室だか棺桶だかの中からガバッと起き上がって・・・看護婦がキャーッとかいう展開じゃなかったっけ?)
ちょうどその頃、度重なる怪獣出現に対応すべく時の政府は怪獣専門の対策チーム・MATを創設。
そのMATの隊長「先日の怪獣騒ぎの時に死んだと思ったら、生き返ったスゲ~ヤツが居る!」という話を聞きつけて、郷秀樹のところにスカウトに来る
ところが郷秀樹は隊長自らスカウトに来てくれたにも関わらず、入隊を渋る

この段階で番組は3分の1近く経過しておるが、アーストロンはまだ出てこない・・・

その後、郷秀樹は何かに取り憑かれたかのごとく車を飛ばす・・・
この高まる緊迫した音楽と郷秀樹が一心に自動車を運転するシーン結構しつこくて、40年前リアルタイムで観てた当時チビッコだった俺は、ちょいと飽きてきた記憶がある

そして郷秀樹が着いた場所(どこかの山の麓だった・・・)に、唐突に怪獣(アーストロン)が出現!

 おおッ!いよいよアーストロン大暴れ!か?

・・・と期待するも、番組終了時間は刻々と迫っている・・・
そこで、郷秀樹は遂にウルトラマンに変身!
案の定、肝心のアーストロンはわりとあっさり気味に倒されて早々に退場
・・・で、郷秀樹は変身を解いてウロウロしてたところを駆けつけたMAT隊長に見つかり
「お~!郷君。やっぱりキミも来てくれたのか~とか言われて、突然心変わりしてMATの入隊を承諾!(何でだ?)
 急に制服に着替え、崖の上で「俺はウルトラマン・・・」的なセリフを呟き・・・番組終了・・・
(あくまで記憶頼りによるものなので多少の差異は御容赦頂きたい)

 何じゃこりゃ?

傑作エピソードが多い『帰って来たウルトラマン』であるが、この第1話に限って言えば、子供心にも 詰め込み過ぎの上に とっ散かって展開的に「?」な部分が多いヘンテコなエピソード であったと記憶している

後年、この第1話は殆ど撮り終わっていたにも関わらず、様々な理由から多くの場面を撮り直したり、編集し直したり等々・・・放映までの紆余曲折があったと聞く・・・なので、元々はもっとちゃんとしたエピソードだったのかもしれない・・・
(後に読んだ上原正三氏の脚本では、坂田兄(岸田森)に説得されて入隊を決心するという件に、よりページが割かれていたように思う。子供には退屈・・・と判断されてこの辺りは大幅に削られたのかもしれない。)

さて、この 何じゃこりゃ?な第1話ラストかませ犬的に中途半端な短時間のみの登場のアーストロン・・・録画機や映像ソフトに溢れた現在ならともかく、常に1回限りのリアルタイムでしか番組を観る事が出来ない40年前当時・・・当然すぐにでも忘れ去られてしまいそうなモノなのだが・・・

 なぜか巷では人気怪獣だったのだな・・・

理由は・・・
小顔でイケメンの多い帰りマンの前期登場怪獣の中でも、特に男前な面構えであり、さらにインパクトある頭に生えた刃物っぽい一本角と恐竜ぽいスタンダードな体型・・・というデザインと造詣の良さ!チビッコの心を捕えた

加えて、テレビ画面での露出は短かったが、当時の雑誌やムック本での露出は結構多かった!
帰りマンと組み合ったバストショットの写真や絵は現在でも随分と印象に残っておる

人気怪獣であった為、2代目とかいう名目で再登場するかな?と密かに期待していたが、後のエピソードで特徴ある一本角を抜かれリペイントされて弟怪獣・ゴーストロンという名前で再登場はするものの、このアーストロンが第2期ウルトラシリーズに再登場する事は遂に無かった

アーストロンという名前の怪獣が復活するのは、その後30数年後の平成のウルトラシリーズになってからである

もちろん着ぐるみは新造・・・

特徴ある一本角も恐竜ぽいスタンダードな体型も再現されたが・・・スレンダーな初代と比べるとメリハリが着き過ぎて、随分違う雰囲気になって蘇った気がしなくもない・・・

男前な面構えも、初代が醤油顔なら平成版はソース顔・・・初代はもっと小顔だったイメージがあるのだが・・・
最大の違いは、胸にあるウロコのようなデティール・・・

初代にはこんなデティールは一切無く、つるんとしてた
・・・ところが、実は初代にも着ぐるみが完成した直後にはこの胸のデティールがあったらしい・・・本編撮影直前につるんとした胸に改修された!というのが真相なのである
 改修の詳しい理由は解らないが・・・

05そういえばガキの頃に集めていたガチャガチャの怪獣消しゴムアーストロンにも同様の胸のデティールがあった
当時は「何でだ?」と疑問に思っておったが、今思えば完成直後の着ぐるみの写真を元に造型されておったからなのだ!と想像できる

・・・ということなので、平成版のアーストロンは元々のデザインを再現してみた・・・という事なのだろう

今回のソフビは、その平成版のアーストロンの製品化である。
帰りマン登場の初代アーストロンを期待してたオールドファンには、ややマンガぽい印象を受けるかもしれない
 (実は俺もその一人・・・03

しかし、平成版の製品化・・・という事なら、実に良く再現されていると思う
塗装もツヤ消しで渋く彩色されており、体表モールドもシャープに彫られている
ボリュームある尻尾も忠実再現!ただし可動はしないが・・・
チビッコの遊び相手にはもちろん、低価格ながらオールドファンの鑑賞にも充分耐えられる良品に仕上がっておる!と思う02

余談になるが、俺の実家にはガキの頃に買ったブルマァク製の弟怪獣ゴーストロンのソフビが今も健在である
特別にゴーストロンが好き・・・というワケでもなかったので、当時なぜコレを買ったのか?全く記憶がないのだが
おそらく本当はアーストロンが欲しかったのだけれど、最寄の玩具店に売っていなかったので、仕方なく弟怪獣のゴーストロンを買って帰った・・・というのが真相ではなかろうか?
・・・だとすれば、40年の時を経て、ようやく欲しかったアーストロンのソフビが手に入ったという事になる
是非とも正月の帰省の際には兄弟対面させてやりたいものだ
ブルマァク製の弟の方がバンダイ製の兄より1.5倍ほど大きいが
・・・04
 
ウルトラ怪獣シリーズ20 アーストロン
ウルトラ怪獣シリーズ20 アーストロン




 
 

 
 

仏像リボを買ってみたぞい!の巻

今更ではあるが仏像リボルを買ってみた。
驚くほど出来が良い・・・という噂は以前から聞いてはいたのだが、第1弾は即完売!第2弾は発売前の予約段階から定価の倍以上の値段をふっかける業者が続出!等々・・・の加熱報道を見るにつれ、逆に冷ややかにガン無視を決め込む事にしたリボルテック・タケヤ
購入する気はさらさら無かったのだが、先日アマゾンのサイトを覗いていたら、お薦めの中にリボルテック・タケヤ第四弾・増長天を発見!
定価¥3500のところ、なんと¥1861!
ええ~っ?
¥2000切ってるの~?・・・なら試しに買ってみてもいいかな
という事でポチってみた。
ところが翌日アマゾンのサイトを覗いてみると、さらに¥50値下がりしてる!
翌々日には、なんと¥136値下がりで¥1725・・・(2012年6月29日現在)
くっそ~ポチるのあと2日待てばよかった・・・

・・・そんなこんなで届いたリボルテック・タケヤ 増長天さま
最初の印象は、パッケージがなんかもの凄くカッコイイ
これは充分期待出来そうだ
ところで、俺は仏教どころか宗教に全く関心が無いので、この増長天さまなる御方がどんなキャラなのか?全く知らない・・・
どこかにキャラ説明はないのかな~とパッケージを眺め回してみたが、増長天さまの詳しいキャラ説明はどこにも無し!
シリーズ全体のキャラ説明がなんとなく書かれてるだけ・・・
そこで、ハタ!と気がついた!
このパッケージ(箱)、シリーズ全て共通なんじゃね
改めて見ると、増長天って商品名、箱にシール貼ってあるだけじゃん!
しかもやや曲がってるし・・・
ううむ・・・こんなところにもコスト削減の嵐が・・・01
しかし、パッケージは豪華なクセに中身がショボちんな最近の特リボの体たらくと比べたら、パッケージでコスト削減したぶん、中身の完成度に力を注いだリボルテック・タケヤの方が断然好感は持てる

さて肝心の増長天さまの出来であるが・・・
コレがもう・・・驚異的な完成度なのである
造型の細かさは無論彩色量産品としては最高ランクに達するのではないだろうか?
正直、コレほんとに玩具か?と疑いたくなるレベル・・・
黙って仏壇に飾っておいたら、何も知らん爺さん・婆さんが「アリガタヤ~」と普通に拝み始めるくらいの出来!02
ううむ・・・前回のビックワンガムのオマケを特リボ・起動歩兵と偽り高値で売りつけた同じメーカーとは思えないくらい良質な製品
やれば出来んじゃんか!海洋堂!
各関節も特リボ・起動歩兵のように壊れ易いモノシャフトで雑に処理・・・等という事は一切無く、可動箇所ほぼ全てにリボ球が使用され、首には根元と頭部にそれぞれリボ球背中にくっ付いてる車輪みたいな物もリボ球で接続
肘は二重関節になっており、かなりの角度まで深く曲げる事が可能
右手に持つ武器的な物(名前知らん!)も上下に分解して取り外す事が出来る
多分コレは、他の仏像リボルとの武器換装が可能・・・という事なのだろう03

脚周りのスカート部分も各アーマーの根元に極小のリボ球が仕込まれており、最近のガンプラやボトムズのAT並にそれぞれが自在に可動かなり大きく脚を開いても干渉しない構造には、なっている。04

唯一の問題点は、胸と腰の間に挟み込まれるように接続されているベルト・・・というか腰帯というか・・・のパーツ
05一応は軟質な素材で造られておるのだが、コレが思った以上に肉厚でしっかりと造型されている為脚やスカート部の自由な可動を全て殺してしまっておるのだな
この部分・・・もう少し上下にスライド出来るような甘い作りにしておいてくれれば、脚周りはもっと自由に稼動出来たのでは・・・と思うのだが・・・
(腰に仕込むリボ球の軸をもっと長いモノにしてくれたら上下に加減できるのに!)

だがしかし、この硬めの腰帯パーツ悪い事ばかりではない
予想外にしっかりしているが為に、つっかい棒の役割も果たして(ギアスのナイトメアの車輪みたいに)飾り台無しでも増長天さまを自立可能にしておるのだ!06

最後は恒例のオマケコーナー
今回はコレも(2012年6月29日現在)アマゾンで¥1000を切る大バーゲン中特リボ・野田総理・・・じゃなかったバラゴン増長天さまを闘わせてみた07
・・・にしても、特リボ・バラゴンの顔は見れば見るほど野田総理に似ているんだよな~08


リボルテックタケヤ SERIES No.004 増長天
リボルテックタケヤ SERIES No.004 増長天
特撮リボルテック SERIES No.004 バラゴン(ばらごん)
特撮リボルテック SERIES No.004 バラゴン(ばらごん)




懐かしSF宇宙映画『月世界征服』・後編

前回の続き・・・
数々の宇宙映画的御約束イベントをこなしつつ、ようやく月に辿り着いたルナ号のクルー達!
果たして彼らを待つ、最大にして最後の宇宙映画的クライマックスイベントとは?


それでは完結編!行ってみよ~

・・・つう事で、エンジンをゴージャスにふかしつつあの銀ピカ巨体のまんまで月面に垂直に着陸したルナ号!

06ううむ・・・確かにカッコイイけれど、アポロ計画を御存知の方なら、月軌道上に司令船を留めておいて、月面には着陸船を降ろした方が推進剤の節約になるんじゃね・・・と思うことだろう
でもなんせ1950年制作の映画だからね~
燃費は悪くても大型でゴージャスなルックスにこだわったアメ車バンバン造ってた頃だもの、推進剤節約の為、用途に合わせて船体を切り分けて、必要無くなった部分は使い捨てる・・・というセコイ発想はこの時代のアメリカには無かったのかもしれないねえ
この行き過ぎたゴージャス主義がとりあえずこの映画のラストの伏線にはなってるんだが・・・

そんなこんなで月面に着陸したルナ号。
そこから見える月面の風景にクルー達は息を呑む
その風景がコレ!04
素晴らしい
実際に人類が実際に月面に到達するのはこれより19年後になるワケだが、まるで観て来たように正確無比ではありませんか
恐るべしボーンステル

俺同様に感動したクルー達は早速船外へ
ちなみにツルツル銀ピカの船体からミュオーンと昇降用のハシゴがせり出してくるギミックは意味無くてもカッコイイ05

さて1969年7月16日に人類が月面に最初の一歩を記した時、船長の二ール・アームストロング

「これは一人の人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては偉大な飛躍である。」
That's one small step for [a] man, one giant leap for mankind.


・・・と言ったそうだが、1950年制作この映画ではなんと言ったか・・・

・・・いや、何にも言ってねえんだよ!コレが!

07それどころか手に持ってたハシゴ落しちゃって、ソレ取りにジャンプで降りた・・・って、オイ!
その後、慌ててハシゴ付けた・・・って、いやもう今更ハシゴいらないだろ?
みんなジャンプして飛び降りゃいいじゃんか

ついでに月面着陸の御約束の星条旗も立てやしねえ

とりえあず地球に「今、月面に立ちました~どうぞ」って連絡しただけ
そんな口頭説明だけでいいのか?

等々ツッコミどころは数多あるものの、とりあえず月面に着いたのだから、これから大冒険が始まる!的なドキワク展開を期待しておったのだが・・・

どうにもこの映画、月面に着いてからの雑さ・ヤル気のなさ加減がやたらと目立つ

劇中彼らが月面でやった事といえば、望遠鏡を覗く事と写真を撮った事くらい・・・
月面での行動は実物大の宇宙船脚周りの狭いスタジオセットのみの撮影となっており、やれる事は限られてくるとは思うが、とにかく退屈・・・
実際のアポロの映像を観ても、結局月面は何にも無い荒野で大した事件も起こらない退屈なモノではあったので現実を的確に予言した・・・と言えばそうなのだが・・・そんなところをリアルに描写されてもねえ・・・

ボーンステルの描いた着陸時に見えた月面の風景が素晴らしかっただけに、そこへ全く探検へ行こうとしないクルー達にはガッカリだし、観ている方はストレスが溜まる一方である

ちなみになぜか1カットのみ飛行士がハシゴを降りるシーンがモデルアニメで挿入されている11
それを見る限り、宇宙船の脚周りや地形望遠鏡等ちゃんとモデルアニメサイズ用に造られておりモデルアニメを使ったシーンはもっと長かったのではないか?と思えなくもない
これらの飛行士モデルを使って月面に生息する珍妙なエイリアン達との戦い・・・は、やり過ぎだとしても、見上げるような高い山や底の見えないクレバスを越える等の手に汗握る月面での冒険譚充分に作れたのではなかろうか?
単に予算と時間の問題かもしれないけれど、折角のモデルアニメを活かさず将もない目方でドン!ゲームで物語のクライマックスを締めくくってしまう辺りが、結局この作品の想像力の限界であり、最大のトホホな部分であると思う
もったいないなぁ・・・

ハイ!それでは物語の最大のトホホなクライマックスの解説行くよ~

冒頭でも書いたが、ゴージャスにエンジンふかし過ぎ気味で、月面に着陸したルナ号
やっぱり着陸時にエンジンふかし過ぎだった
計算してみたら、このまま地球に帰還するには推進剤が足らない事が判明
だから直接降下式なんかにしなきゃよかったんだよ!とツッコミいれたくなるが、もはや後の祭り・・・

ちなみにDVDの字幕では燃料が足らない!と何度も訳されてるが、正確には足らないのは推進剤
映画の初っ端で説明されてる通りルナ号のメイン機関は原子力推進剤は水・・・
原発が水蒸気でタービンを回し発電する原理と同じく、ルナ号はノズルから水蒸気を噴射する事により推力を得ているワケなのだ
この推進剤の水を探索しに月面を大冒険・・・なんてドキワクな展開も充分に考えられたと思うんだが・・・

なぜか物語はそういった冒険映画的な展開には進まずとにかく船内の要らないものは全て月面に捨てて、船体を軽くしよう・・・というセコく現実的な展開に終始する
冒頭の大風呂敷はどこへやら、最大のクライマックス船内セットの解体ショウ・・・って、トホホ過ぎてこんな展開全く想像出来なかったよ~

08使用済みの空気タンクはもとより操縦席のクッションまで引っ剥がす、果ては金ノコを持ち出してハシゴまで切り出す始末・・・
それにしても月探検金ノコなんてよく持って来てたもんだよな~

見よ!この山と積まれた不用品の数々!まるで引越し直後のゴミ捨て場のようではないか!09

さぁ!もう捨てられるモノはないぞ!ちなみに金ノコも捨てたゾ!
どうだ!これだけ船体を軽くしたんだから推進剤は足りるだろう・・・
と、計算し直してみたが・・・なんとあとわずか50kgオーバーという結果に!

こうなったら・・・最後の手段は、4人のクルーの内誰か一人を月面へ置き去りにするしかない・・・

こんな巨大な宇宙船に対し、たかが50kg程度の質量が与える影響は皆無と言っても良いと思うのだが・・・
トム・ゴドウィンの『冷たい方程式』の例を出すまでもなくこの時代のSF作家達はとかく
質量>推進剤=誰かを置き去りに・・・の公式大好きなのだ

御多分に漏れずルナ号の中でも「俺が降りる」「いや!俺だ!」「それなら俺が・・・」「どうぞ!どうぞ!」なダチョウ倶楽部的なコントが展開されるワケなのだが・・・クルーの一人が妙案を思いつき、なんとか4人全員無事に月面を飛び立つ事が出来てメデタシ・・・

ちなみに俺なら、気密室の大きなハシゴを捨てる事を真っ先に思いつくけどね~10
月世界征服 DESTINATION MOON [DVD]月世界征服 DESTINATION MOON [DVD]
出演:ジョン・アーチャー
販売元:オルスタックピクチャーズ
(2008-08-29)
販売元:Amazon.co.jp


作品一覧
サークルプロフィール
カテゴリ別アーカイブ
Amazonライブリンク
楽天市場
記事検索
ランキング
  • RSS
  • Dlsite blog