メカゴジラ

ムービーモンスター・メカゴジラ機龍重武装型とおじいちゃん顔ゴジラだぞい・・・の巻

花見シーズンももう終りだが
今回は花見と全く関係ナシ!
バンダイソフビ・ムービーモンスター・メカゴジラ機龍重武装型の御紹介じゃい
01

すでに一昨年にムービーモンスター・3式機龍は発売されておるが、
今回はコレにミサイル&ロケット付きバックユニットを装着
両腕にはレールガンが付け足されておるという重武装型なんである
02

ところで撮影時に気が付いたのだが・・・

コイツ腰から上が妙に右に傾いてねえか?
03

対象年齢3才以上に割には全身シャープな造形で細かい
04

全身の銀色の発色がとてもイイ感じなので、
ソフビなれど金属ぽいゴージャスな印象を与えてくれる

05

ただ、俺さまの個体だけだと思うが、右胸に剥げと塗装の乱れがあった
06

可動範囲は首と両腕、尻尾が一軸で回転可動
07

バックユニットが付いたぶん
2016年に発売された素の機龍より数段の迫力

09

だが・・・

10

ノズルを別パーツ化するなど対策は充分あったろうに・・・

08

11
12

バックパックとレールガン、そして眼の赤ラインの有無以外は
サイズや尻尾のうねり具合などなど・・・全く同じゃ・・・


新たに付け加えられた武装を外すと素の機龍になったら楽しいのだが
残念ながら武装はボディと一体成型となっておって着脱は不可

2008年発売の食玩・究極大怪獣2の機龍胸ハッチオープン版と
13
14

哀しいかな、小さいながらもムービーモンスターより精巧な造り
10年も前のフュギアなのに・・・
そういやその頃のウルトラ怪獣のソフビの彩色は
今では考えられないくらい手が込んだものだったよなぁ・・・

ついでに御紹介のゴジラ2017
15

スゴイ迫力と長い尻尾

ソフビとしての完成度は機龍重武装型を凌ぐ勢いだが・・・
16

人間みたいな妙に長い脚と
おじいちゃん顔で
売れ行きは今ひとつだったのか・・・

17

地元プラモ屋で半額でバーゲンされてとったわい
18

今回はここまで!

♪ムービーモンスターEX・メカゴジラ―がやって来た~・・・の巻

現在からおよそ10年前、ゴジラを筆頭に新旧の東宝怪獣および大映ガメラ怪獣たちを続々とソフビ化し発売していったバンダイのムービーモンスター・シリーズ

幼児向けのウルトラ怪獣シリーズに比べ、やや高年齢層を狙ったこのシリーズは
バンダイ怪獣ソフビの看板のひとつであったわけなのだが・・・

怪獣映画の終焉と共に
いつしかシリーズそのものが自然消滅してしまった


それは、ウルトラ怪獣500に代わる2013年まで生き延びたウルトラ怪獣シリーズとは対照的な結末であった

そんな時代のアダ花・ムービーモンスターシリーズがなんと復活?!
・・・そんなニュースを聞いたのは昨年の秋頃だったか?


その名もムービーモンスターEX

久々にムービーモンスターの銘で発売されたUSゴジラ2014のソフビが好評だったために、とうとうバンダイも重い腰を上げたか

だが・・・そんな期待が打ち砕かれたのは
発売されるラインナップを知った時であった

ゴジラ・キングギドラ・メカコジラ・キングシーサー・レインボーモスラ・・・

レインボーモスラ・・・って何?

何とも不可解なラインナップ・・・

やがて、店頭に並んだムービーモンスターEXを目撃した俺さまは愕然

・・・何だ?コレ・・・

なんともクドイ造形・・・ハンパ無いパチもん臭

コレで旧ムービーモンスターの倍の価格とか有りえねえ

後に聞いたところによると
あれらは
以前から海外向けに製造・販売しておった製品を国内販売用に転用しただけの新作でも何でもないモノだったらしい・・・

道理でクドイ顔をしておると思ったら、異人向けだったからなのか

なんだよ!ムービーモンスターEXなんぞと大そうな銘をつけやがって!

以来、俺さまはムービーモンスターEXをガン無視し続けてきた
05

そして月日は過ぎて、年の瀬・・・

クリスマスムード漂う魔都・池袋
ひょいと立寄った某量販店の怪獣ソフビコーナー
そこに、
最新のウルトラ怪獣達と離れて、
ポツンと売れ残ったムービーモンスターEX・メカゴジラを見つけたのだ

哀愁漂うその姿は、
夕方の公園の砂場にて置き忘れ去られ、
いつまでも持ち主を待ち続ける怪獣ソフビのようであった・・・


その情景が余りに哀し過ぎたので、情にほだされ購入
メカゴジラよ!お前もうちの子になるがよい

てな具合で前置きが長くなったが、
今回はムービーモンスターEX・メカゴジラを今更だが御紹介
01

全身に施されたピカピカ銀塗装が昭和の金属感を良く再現しておって、とても良い質感
ただ、このピカピカ銀塗装って、経年劣化するとベタベタになる例の塗料なんじゃ・・・とちょい不安
03
06
02
04

それと、既に他の幾つかのレビューで指摘されておるが、

腕を広げた珍妙なポーズに加えて、全体的になんとなくヘン・・・
07

左右の腕の長さなんかあきらかに違っておる

原因は左肩のみ蛇腹が脱落しておるような妙な造形
08

・・・ていうか、詳しく見ていくと

全身にシワというかヒケというか・・・が有り過ぎて余りにもベコべコ感がハンパ無し

超金属で造られたロボ怪獣なんだから、表面はもっとツルツルピカピカのはずじゃ・・・
09

なんでこんなにヨレヨレベコベコなの?

これじゃあまるで使い古された着ぐるみだよ

・・・そこでハッと気が付いた

コレはメカコジラのソフビじゃあなくて

メカコジラの着ぐるみのソフビなのだ!

しかも相当使い古された・・・

そう考えてみれば、問題の右肩の蛇腹の脱落も納得ディティール

細かく見ていくと各パーツの素材の違いもちゃんと確認出来る

尻尾表面のシワシワなんて
金属表面ではなく、ウレタンの表面に出来るソレではないか
10

造形者が意図して造ったのか?

渡された資料写真に写るクタクタの着ぐるみを忠実に再現して造ったらこうなっちゃったのか??

それは定かではないが、コレがメカゴジラのソフビではなく

メカゴジラの使い古されたクタクタヨレヨレ着ぐるみのソフビであるとしたら

トンでもなく良く出来ておるとしか言いようが無い

お情けで購入したコイツだが、今では俺さまのお気に入りの1体となっておる
11
12

オマケコーナー
13

ゴジラエッグ・メカゴジラ・・・の巻

連日の猛暑で既にバテバテな犬、このブログを書くのも一苦労じゃ・・・夏ちゅうのは四季の中で最も嫌いな季節だぞい

さて、前回の冒頭部分で、捜してたアイテムが見つからなかったので、代わりにウルトラボーンを買って来た旨を書いたけれど、今回はその時捜していたアイテム・・・ゴジラエッグ・メカゴジラの御紹介だぞい
01

タマゴ形態から怪獣形態に変形するこのトイ

昨年辺りからウルトラ怪獣トイの新シリーズとして発売されてたのは知ってたんだけど、ガン無視してた・・・

タマゴ形態から怪獣形態に変形するという意義がわからんし、肝心の怪獣形態があまりに不細工なので、こりゃ売れねえだろ・・・4種くらい出たところでシリーズ終了だろう・・・と思っておったのだ

・・・が、俺の予測に反して好評らしく、シリーズは続々と続き、遂には米版ゴジラの公開も踏まえて東宝怪獣のシリーズまで発売される事となったらしい
04

ううむ・・・何がヒットするかわからんものよの~

俺の描いた『博士大戦』が全くヒットしなかったのも、俺にとっては同じように謎だがの~

とにかく
生涯初めて買ったレコードが『メカゴジラをやっつけろ』である生来のメカゴジラ好きの俺さまとしては、とりあえずメカゴジラだけでも押えておくか・・・と購入に走ったわけだが、
他のゴジラエッグは売ってるんだけど、なぜかこのメカゴジラだけ見当たらなかったんだよね~

池袋の某量販店の玩具コーナーを数軒廻ったのだけれど、結局見つけられなかったので、最終的に通販・アマゾンで買っちゃった次第・・・

では、さっそくゴジラエッグ・メカゴジラを変形させてみよ~
05

06

07

08

09

10

・・・てなわけで、怪獣形態に変形終了~

しかし・・・どうなんだろうか?コレ・・・

カッコイイかどうなのか?結構微妙だ・・・
ウルトラマンとかの人間型に比べたら確実にマシなのはわかるが・・・
11

14

15

ちなみに前回のウルトラボーンはMADE IN JAPANの純国産であったが、今回のゴジラエッグはMADE IN VIETNAM
02

パッケージ写真等では金属っぽく見えるが、全てABS製
成型色は昔懐かしブルマァクのプラモを想わせるにぶい銀色
腕のMGの文字や眼等ピンポイントながら綺麗に塗り別けられておった

怪獣形態の時の大きさはコレくらい・・・12

タマゴの時は小さいと思ったけれど、変形後はなんとウルトラ怪獣500のグドンとほぼ同じ大きさ・・・意外にでかくなる

ただ、変形ギミックの弊害か、可動箇所はわずかに脚と足首程度・・・腕も首も回転せず・・・これはちと寂しいなぁ・・・せめて腕くらいは回転して欲しかった
13

だが、このメカゴジラは他のゴジラエッグ達とは決定的に違うもう一つのモードがあるのだった
03

それが飛行形態

尻尾と足首を伸ばし、脇を締めて頭を水平にさせるだけ・・・なのだが、この飛行モードがやたらとカッコイイ
16

実はゴジラエッグ・メカゴジラを買おうと思ったきっかけの一つが、Webで見たこの飛行モード
17

18

さて、予想を裏切り思った以上に楽しいトイだった今回のゴジラエッグ・メカゴジラ

しか~し!全身ABS製で¥785はちと割高な気も・・・

せめてボディと脚が合金製だったらね~
19
作品一覧
サークルプロフィール
カテゴリ別アーカイブ
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
楽天市場
記事検索
ランキング
  • RSS
  • Dlsite blog