トミカ

トミカ・旧ジェットモグラを購入してみたぞい・・・の巻

今回御紹介は久々のキャラトミカ・初代サンダーバード(1965年版)に登場のジェットモグラだぞい
01

ARE GO版のジェットモグラはデザインが何だかな~だったのでスルーしておったが、初代版は世代的にド真ン中!なので購入~

にしても、ARE GO版は何であんなコンテナ内組み立てシステムにしたのかしらねえ?

リメイク(?)にしてはナカナカ面白かったのに、アレだけは納得いかんかったわ~

02

フォルムはなかなかイイ感じ
03

04

俺さまの個体に限っては彩色のハミダシや乱れも特に見受けられず

光の加減でずいぶんとボディが黄色く写ってしまっておるが
実物は劇中に出てきたのと同じもっとオレンジ色が強いカラーでちゃあんと彩色されておるぞい

06

さて、ジェットモグラといえば、その特徴的なドリルだが・・・
05

残念ながらドリルは回転しないが、上部のジャッキアップギミック有り
07

08

発進!地底にGO!

09

なんと!実際地中に潜っていくハズの筒部分が取り外せないのだ

本編を観たことない平成キッズ達が
下の戦車部分も一緒に地中に潜って行くのかと勘違いしてしまわないか心配だぞい
10

その戦車部分だが、
キャタピラーはトミカプレミアム90式戦車同様にゴム製で、
前後の2つの転輪のみが回転する仕様のようじゃ

11

ちなみにキャタピラーは企業名でホントは無限軌道走行装置と呼ぶのが相応しいらしいが
昭和のチビッ子は接着剤をセメダインと呼称するのと同様に
皆が無限軌道走行装置をキャタピラーと呼んでおったので、当時のままの呼び方でいく


12
90式戦車と全長は同じくらいだが車高が異常に高し

2002年(?)に発売されたコナミのSFムービーメカのジェットモグラと比較
13

食玩の頂点コナミのSFムービーメカ・ジェットモグラには
ディティールの細かさや汚しまで施されてる彩色の点ではさすがにかなわないものの、
フォルムは酷似していで、まるでそのまま縮小したみたいな感じである

続いてジェットモグラとバーターで出演しておった感のあるジェットブルドーザーと(本編での競演は1度きりだったらしいが)
15

ガキの頃、地元のプラモ屋ではコイツだけがやたらと売れ残ってた記憶があるが・・・
プラモもジェットモグラとバーターだったのか?


ならば、またバーターでトミカ化されないかな~

16

70年代スーパーカー界のピカチュウ・カウンタックの登場だぞい・・・の巻

今回御紹介はプレミアムトミカの記念すべき10台目
70年代スーパーカーの金字塔・ランボルギーニカウンタックLP500

ランボルギーニカウンタックLP500??
ピントコーンな~と思っておる平成生まれのキッズのために簡単に解説しておくと

俺さまが小学生だった1970年代、チビッコ達の間では空前のスーパーカーブームが巻き起こっておった

このスーパーカーというのは、主にヨーロッパの自動車メーカーが開発しておった超高性能&超高級な自動車のことである

そこいらの道を走っておる街角の日本車とは全く異なる
その未来的フォルムに昭和のチビッコ達は大いに憧れたものじゃ


プラモデルやミニカーはもちろん、消しゴムにメンコに下敷き等々・・・
作られたスーパーカーグッズは数知れず・・・


ついには当時放映中だったスーパー戦隊モノの先駆けジャッカー電撃隊において
1話丸々ただただスーパーカーが走ってるおるだけ・・・という意味不なエピソードを作らせたほど


そのブームの加熱っぷりは凄まじいものじゃった

さて、そんな大人気のスーパーカーの中において

ポケモンにおけるピカチュウ的立ち位置にあったのが

スーパーカーの中のスーパーカー

今回御紹介のランボルギーニカウンタックなのである

スーパーカー界のピカチュウ・ランボルギーニカウンタックが
ついにプレミアムトミカで発売になる


チビッコ時代にスーパーカーブームに大いに踊らされた俺さまとしては、
勇んで予約注文したわけなのだが・・・

01

なんと?車体カラーが青!?

カウンタックといえば
LP400は赤、LP500は黒が定番じゃなかった?


当時俺さまが持ってたスーパーカーメンコの写真もそうだったぞい

百歩譲って黄色ってのもあったような記憶もあるが・・・

青なんてあったかしら??

Webで検索したら青のLP500が多数ヒットしたので
単に俺が知らなかっただけらしい
02

しかし・・・やっぱ車体カラーは赤か黒の方がイメージにピッタリ来るんだが
03
04

05
この辺り、ランプ等を全て塗りで処理の前回御紹介ワーゲンⅡピックアップと大違い
やっぱりプレミアムはこうでなきゃ

ボディは金属製だがウィングはABS樹脂製なので
色合いと質感にかなりな違和感

06

07
フォルム重視とコスト削減の結果なのか?
はたまたキッズに対しての過剰な安全対策なのか?
あの特徴的なドアの開閉ギミックが再現されていないのは誠に残念・・・

しかし、エンジンルームに入念に墨入れが施されておるので

ここは開閉出来るのか?

・・・と期待したが、開閉せず

ドアの方は全く墨入れされておらんのに
なぜここにだけ入念に墨入れされておるのかは不明
08

当時のスーパーカーメンコにも写ってた
70年代的未来デザインな金色ホイールも完全再現

コレはカッコイイのぅ~
09
10
前回のワーゲンⅡピックアップ同様
ホイールの固定ピンがモロ見えに・・・

ここ何とかして欲しいかったわ~

普通トミカのタウンエース・ハンバーガーカーと並べてみた
11
12

スゲエぜ!カウンタック

この無駄に非現実なフォルムが昭和のチビッコ達を熱くさせたのである

ロータスヨーロッパ、ランボルギーニカウンタックと・・・オッサン達の滾る想いを乗せ
今後続々のラインナップが期待される70年代のスーパーカーたち

次はポルシェかフェラーリか?

俺さま的には真ッ赤なボディのイオタが欲しいの~
13

どの辺がプレミアムなのか?フォルクスワーゲンタイプⅡピックアップだぞい・・・の巻

今回はトミカプレミアム09・フォルクスワーゲンタイプⅡピックアップを御紹介

実はコレとトミカプレミアム10・カウンタックLP500Sを9月の終わり頃にアマゾンで予約注文しようとしたら、
既にトンデモプレ値が付いており
こりゃ今回はダメかな~と半ば諦めておったところ
ヨドバシ・ドット・コムで税込み¥690で予約受付をしておったので
初めてヨドバシ・ドット・コムを利用してみることにした仕第

ヨドバシ・ドット・コムでは発送方法が選べるようになっており
その中にメール便の項目があったので、
留守中に届いても再配達の心配が無いメール便での発送に指定しておいた

そうして予約の事を忘れかけておった10月17日
トミカ2台がそれぞれ指定通りメール便で送られて来た

01

届いたヘナヘナな封筒見た一瞬
「メール便指定したのは失敗だったか!?」とヒヤリとしたが、
02

耐久性とかちゃんと考えられておるのだな・・・メール便

そしてコレが今回御紹介の
トミカプレミアム09・フォルクスワーゲンタイプⅡピックアップ
03

全体の彩色はハミダシも無く綺麗に塗られてはおるが・・・
04

ヘッドライトやテールランプにクリアパーツは一切使われておらず
全て塗りで処理・・・なんかショボイ印象

05

06

そしてとても気になるのが真っ黒なウィンドー

箱のイラストではウィンドーは透明なのに・・・
07

手抜きして車内が造られていないので、見えないように窓を黒くしておるのかも?

その秘密を暴露すべく、ライトを当てて、車内を覗いて見る

すると・・・アレ

シートとかちゃんと造られておるような・・・

でも・・・シートの他に何か柱のような物が2本見えるぞい

コレって車体と屋根のパーツを繋ぐための柱じゃないかしら?
08

ひょっとしてコレを隠すために黒ウィンドーにしたのか

だったら、柱を人型に造って、
運転手・・・とか言ってゴマカシたほうが良かったんじゃねえのか?

それと、もうひとつ気になったのがタイヤ

トミカプレミアムのプレミアムなトコロは
普通のトミカようなホイール共通の汎用タイヤではなく
各車それぞれ実車に準じた専用ホイールのタイヤを使用しておるトコロ


このワーゲンⅡピックアップもプレミアムな例にもれず
実車に準じた専用ホイールタイヤを使用しておるのだが
09
10

普通に地面に接地した状態では特に見えないが
裏返すと、このピンが猛烈に気になる

実は同時発売のカウンタックLP500のタイヤも同様の処理

同じプレミアムトミカでもロータスヨーロッパはもっと目立たない位置にピンが出るように工夫されてただけに、ここはとても残念な箇所
腕に自信のある御仁はガンダムマーカー等でピンをタイヤ色に塗って目立たなくした方がいいかも・・・
11

ところで、このワーゲンⅡピックアップのスケールは1/65だそうなので
同じ1/65スケールの普通トミカ ジープ・ラングラーと比較

12

13

14

15

う~む・・・こうして見ると

ラングラーの方が出来良さげな感じが・・・

・・・というかこのワーゲンⅡピックアップは
どの辺りがプレミアムトミカなんだ?


コレ・・・普通トミカなんじゃないか?
16

17

18

C‐3POが金ぴかトミカになったぞい・・・の巻

全6作はウソ!4作で終わり・・・後はアニメで!とかヒゲオヤジが言っておったので、もう続編は作られないハズだったスターウォーズ
だが、大人の事情で唐突に続編が作られる事になり、すでに公開間近

巷では盛り上がっておるのか?盛り上がっておらぬのか?

俺には全くわからないが、市場ではスターウォーズ関連のトイが続々と発売されておる

そのブームに乗って
過去にポケモンやらゴジラやら無理くりトミカ化してきたタカラトミーが、
遂にスターウォーズキャラをトミカにしてしまった

ああ、やっぱり・・・てな感じだが

俺さまも小6の頃、劇場でスターウォーズの第1作目を観て夢中になった世代

それなりに気になるので
とりあえず押えておくか・・・と、そのラインナップを調べてみた

今回発売されたのは
ベーダー卿・ストームトルーパー・ヨーダ・C-3PO・R2-D2の5種

ゴジラの時は、次弾のモスラ発売まで随分間があったものだが、
一度に5種も同時に発売とは、
タカラトミーの力の入れようがわかろうというものである

・・・で、Webでその画像を見たのだが・・・う~む

期待が大過ぎたのか?俺にセンスが無いのか?

アレンジの方向が違うような・・・


唯一許容出来たのがC-3PO

なので試しにコイツをAmazonで注文

・・・で、先日届いたパッケージがコレ
01

ちゃんとAmazon箱に入って輸送されて来たのだが・・・

俺が開封する前から、なぜかパッケージの角がボロボロ

ひょっとしたら、誰かが返品したのを俺のトコにまわしたのかしら?とか勘繰りを入れたくなってしまうダメージ具合

これまでAmazonでいくつものトミカを注文して来たが
パッケージがこんなに破損してたのは初めてだったので、
なんだかショック


ただし、箱はボロボロだったが、中身に破損は無し

破損しそうな突起が全くないデザインだったから、その心配は最初からしてなかったがの~

さて、当のトミカはというと
02

丸みを帯びたレトロな感じのクーペで
03

とにかく全身金ピカ
04

ボンネットからバンパーにかけてC-3POの頭部の形状を模した造りになっており、目に当たる部分がちょうどヘッドライトに

劇中でも3POの眼はヘッドライトみたいに光っておったから、これはナイスなアレンジ

さらに3POの背中についておった四角の箱がルーフにくっ付いておるので、ちょいとタクシーみたいにも見える

ドアには3POの腹のチューブ模様が印刷
06

トランクの下にさりげなく共和国軍のマークが描かれていたり

ナンバープレートに極小文字でC-3POと書かれてたり

右のリアフェンダーだけが銀色で塗装されておったり

・・・と、なかなかに芸が細かい
05

07

ゴジラやモスラの時にも感心したが
マニアのツボを押さえた巧みなアレンジが全体的に施されておって好印象

・・・が、ここまでこだわっておきながら

まったく納得がいかないのが全車を被う金色の彩色

猛烈な違和感

コレはいったい・・・どうしちゃったの?

ラメ入りの金色にクリアコーティングしたようなその彩色は、キラキラと輝いて、とても高級感があるのだが・・・
08

C-3POのボディの色はこうじゃあない

もっと安ッぽい真鍮色じゃなきゃ

わざわざ高級感溢れる仕様にするよりも、金色の塗料でベタ塗りにした方が、よりC-3PO感が出たと思うんだがね~
09

10

小さ過ぎて衝撃!タカラトミーのザ・カーコレクションシリーズだぞい・・・の巻

今回御紹介はタカラトミーのザ・カーコレクションシリーズ 30年代末商用車
03

実はコレ、2月頃Amazonのサイトで見かけて、
てっきり懐かしの昭和30年代末商用車のトミカのセットだと思い込み、
懐かしモノにはトンと弱い俺さまがブツの詳細をよく確かめもせず予約注文してしまった品

発売は8月初旬となっておったため、届け先を実家にしておいて、8月帰省の際に受け取るようにしておいた

・・・が、発売日になっても実家に届かず

帰省直前に注文したガンプラ・Gアルケインは既に届いておるのに・・・いったいどうしたのであろうか?

まさか届け先が東京のボロ宿になってのおったのかも・・・

いささか焦りつつも待っておったら、
母親が「お前宛に何か郵便物が届いてた」・・・と
DVDなんかの発送によく使われる大きめのあのプチプチ付き封筒持って来た

郵便物?ハテ?DVDを注文した記憶は無いのだが・・・
01

まさか・・・と思いつつ開封してみると・・・

やっぱり・・・中にザ・カーコレクションシリーズ 30年代末商用車が入っておった
02

確かに、内容は懐かしの30年代末商用車の4台セット
04

・・・が、それはトミカにあらず・・・まるでキャラメルのオマケほどのちっちゃな自動車
いやタイムスリップグリコのスバル360だってもっと大きかったような・・・
05

パッケージをよく読んでみると

Nゲージ模型サイズで再現しました・・・との表記

なんと

大きさ確認せずに予約注文してしまった俺さまが全面的に悪いのだが・・・
にしても、このサイズで¥1732はちと御高い気が・・・

06

とりあえず手元にあったドリームトミカ・くまモンと比較してみる
07

ズシリと重いボディの合金製のトミカと違い、
コイツ等は全パーツが吹けば飛ぶよな軽~いプラ製


コレであの値段?

確かに高級感はないが・・・

全パーツエッジの効いた造形が可能なプラ製であるがゆえに
トミカの半分にも満たないサイズにもかかわらず、
よ~く見ると、トミカよりずっと細密シャープに造られておるような・・・
08

では、それぞれの車種をアップで御紹介
09

10

11

12

ギミックとしては

マツダK360はホロを外す事が可能

ダイハツオート三輪とトヨエースの荷はそれぞれ降ろすことが可能

さらに各車タイヤはシャフトで繋がっており、回転可能

なので、四輪のトヨエースとスバルサンバーはコロ走行させることが出来る

(マツダK360とダイハツオート三輪の壱輪部分は無可動)
13

またトミカでは省略されがちな裏面も緻密に造形されており、
極小ながら非常に精巧に出来ておる
14

恐るべしザ・カーコレクションシリーズ
キャラメルのオマケなんぞと言って申し訳なかったぞい
15
作品一覧
サークルプロフィール
カテゴリ別アーカイブ
Amazonライブリンク
楽天市場
記事検索
ランキング
  • RSS
  • Dlsite blog