トキワ荘

元日にトキワ荘通りお休み処へ行ってみたぞい・・・の巻

毎年の事だが、年末のゴタゴタですっかり体調を崩し、正月を経て随分経つが、未だ体調が優れない状態が続いておる

特に今回の体調悪化は著しく、一時は本当にこのまま死ぬのではないか?と覚悟したくらいヒドイものであったが・・・幸い現在のトコロ、未だ生きておる

それにしても体調を崩した時の一人暮らしは悲惨なものなのだ

頭痛でぶっ倒れそうになっておっても、食事は自分で作らねばならんし、ガタガタと震えが来るほど熱があっても、食事の後は鍋や食器等を洗わねばならん

さらに寝汗をかいたから・・・と服をどんどん取り替えておれば、着る物が無くなり、洗濯もせねばならん

ついでに食材の買出し・・・部屋の掃除・・・と、どんなに調子が悪くて動けないような状態であっても、生活する上で身の回りの最低限の事は全て自分で行なわねばならない・・・通常でも面倒臭いこの細々とした雑事が、臥せっておる身には、生死を分けるような過酷な重労働だったりするわけである

実は体調が悪いながらも息も絶え絶えに正月用のブログネタを用意しておったので、今回は更新するのがすっかり遅くなってしまったその正月ネタのお話

さて、このブログで過去何度も書いたが、ウチの近所にトキワ荘公園というトコロがある
(実は正式名を知らんので俺が勝手にそう呼んでおる01
俺が現在住んでおるボロ宿の近所に
藤子A氏の『まんが道』で有名になったトキワ荘というアパートが建っておった
このトキワ荘には若い頃の手塚治虫や藤子不二雄・石森章太郎等の漫画家達が住んでおったのはご存知の通り
もっとも、俺がこの街に引っ越して来る以前にとっくに取り壊されて跡形も無くなっておったのだが・・・

なので、引っ越して来た当初は『まんが道』を読んでおった俺でさえ、ここがその舞台となった街だ!という事に全く気付かなかったくらい街的に黒歴史扱いでガン無視されておったのだ

それが数年前から街興しを意識してか、急にトキワ荘押しをし始めたのである

手始めにトキワ荘の跡地に記念碑を建てよう・・・という事になったらしいのだが、跡地には既に別の建物が建っちゃってるので、
とりあえず・・・という事で、まるで関係ない近所の公園にトキワ荘の跡地の記念碑を建てちゃったのだ

随分雑だなぁ・・・と当時は思ったものだが、深夜時代のモヤさまでも同じ指摘をされ、現在では実際のトキワ荘の跡地の敷地の一画にも公園と同じ記念碑が建っておる

その後、かつて赤塚不二雄が仕事場に使っておったというボロアパートを大改修して漫画家を住まわせたりゴールデンウィークにトキワ荘公園でトキワ荘祭りを行なったり・・・と、色々街を挙げて盛上げようとしておるらしいが、いかんせんらき☆すた神社鬼太郎商店街等と比べると全然パッとしない感じなのである

ま~それもそのはず、実際に来て観ればわかる事だが、ホント~に何にも無い所なのだ

『まんが道』に登場する昭和の漫画大先生達御用達のお店が未だに残っておる・・・というのならまだしも
漫画大先生達が浸かった銭湯・鶴の湯は普通の民家に・・・
トキワ荘正面にあった電話局のビルは貸しビルに・・・
藤子先生がフランスパンと甘食を買っていたパン屋・菊花堂はイオン系のミニスーパーに・・・
とりあえずラーメン屋は、未だ現存するようだが・・・

時折、休日等に俺と同世代か、それより上くらいの世代の方カメラ片手に商店街をウロウロしてるのを見かけた事があるが、皆一様に
「こんなハズじゃ・・・」
というガッカリな表情をしてトボトボと歩いておる

ううむ・・・そりゃそうだろうな

・・・で、さすがに、この状況はマズイ!と危機感を覚えたのか 昨年の12月半ば辺りに商店街に唐突に「トキワ荘通りお休み処」という店がオープンした02

「トキワ荘通りお休み処」・・・

どんな感じなのかしら?と元日に初詣に外出した折、熱でフラフラしながらも、覗きに行ってみた・・・

う~む・・・ここか・・・

・・・って、確か ここ 以前米屋だったトコだよね?03
04
05
06
しかもせっかく来たのに、1月6日まで休みって・・・一番の稼ぎ時の連休中に休んでちゃダメじゃん

トキワ荘公園祭りに偶然遭遇したぞい・・・の巻

*これまでの話*
モヤモヤさま~ず2の¥1000自販機に憧れる大阪在住のエロ漫画家・大阪花之子は、犬計画の住む街に¥1000自販機が置いてあるという話を訊き、わざわざ大阪から上京、渋る犬計画から¥1000自販機の場所を聞き出し、¥1000もの高額紙幣を継ぎ込み1回やってみたが、出たのはショボイ携帯ラジオ・・・しかもモヤさまでお馴染みの白い箱ではなく、携帯ラジオそのものの箱がポコン・・・と出てきただけという全くドキドキしない展開。
その余りの物足らなさから、犬計画が止めるのも聞かず、大阪花之子は、さらに¥1000を投入!2回目はさすがにお馴染みの白い箱が出てきたものの、中身は東急ハンズ等で売っておる板チョコを折る快感が得られるという旬の過ぎた玩具・・・しかもちゃんとしたバンダイ製で¥600という値札まで付いておった・・・
度重なる愚かな行為に賢明な犬計画は「ただちに故郷の遊星へ帰れ!」と彼を促すのだが、なんと今度は手塚治虫先生を始め昭和の名だたる漫画家の英霊の眠るトキワ荘公園へ案内しろ!と言い出したのだ!
(大阪花之子氏へ私信:¥1000自販機のくだりは、つまなら過ぎて俺の手に負えないので*これまでの話*という形で大幅に割愛させて頂きました


****************************
01
俺のブログに何度も登場しておるこのトキワ荘公園(正式名称は違うが俺が勝手にそう呼んでおる)は、一画にトキワ荘記念碑があるだけで、普段は本当にそこらにある単なる普通の公園なんである。
なので、わざわざ見に行っても何にもねえよ・・・という事を示す為にやって来たのだが・・・
02
うわ!なんかイベントやっておるぞい!

屋台テントとか出ておるぞ!

記念碑完成4周年・・・とかで、ちょうどイベント開催日に当ったらしい・・・
地元住民の俺も知らんかったわ~03

大阪花之子、¥1000自販機の一件では完全に笑いの神に見放されておったが、漫画の神には好かれておるらしい・・・

そんなこんなで遠巻きに屋台テントを眺めておったら、チューダーの看板の売店があった!04

ばかもの!貴様!チューダーを知らんのかッ?
チューダーと言ったら、テラさんが開発した焼酎をサイダーで割った飲み物で、トキワ荘に遊びに来た我孫子さんがソレを飲んで「キク~」って言ったヤツだろうが!
「まんが道」千回熟読して出直して来いッ!

・・・という事で、試しにチューダーを飲んでみるか?という話になったのだが、とりあえずあちこち観て周ってから、最後の〆(しめ)で飲もうと言うことになった

御自由にどうぞ的に置いてあるパンフ片手に、あちこち覗く・・・

トキワ荘は既に取り壊されて久しいが、赤塚不二雄が仕事場に使っておった紫雲荘という建物は未だに残っておる

残っておる・・・というか、俺は日常的にその紫雲荘前を通ったりしておるのだが、今日は特別に中が見学出来ますよ・・・と入り口で案内役のお姉ちゃんが言っておるので、中を覗いてみる事にした。
ついでに入り口で飴も貰ったぞい

中を覗いた率直な感想は、現在の俺の住むボロ宿よりずっとイイ・・・という事であった
ううむ・・・05

さらに通りのあちこちにはスタンプラリー用のスタンプが置いてあった。
スタンプを全部集めると何か貰えるらしい・・・06

その景品交換所にはイヤミアッコちゃんのコスプレイヤーがおった

「写真撮らせてもらってイイすか?」と声をかけたら、ノリノリでポーズまでとってくれたぞい07

さて、一通り観て周ったので、いよいよ〆にチューダーを・・・とトキワ荘公園へ戻ってみると、なんともう屋台テントの解体作業が始まっておる

え~ッ!?まだPM3:00前なのに~!?08

金環蝕の撮影に挑戦の巻

さてマスコミ報道では大いに盛り上がってたという金環蝕
皆さんは観ましたでしょうか?
東京では173年ぶり・・・とかで、俺も大いに楽しみにしてて、遮光眼鏡まで買った事は以前にも書きました

で、当日の天気は、かなりヤバイとか言われてたけど、俺の住む東京都豊島区では早朝から若干の雲は出てたものの晴れ

出不精な俺としては、このまま寝床で寝転びながらTVのニュースを横目で観つつ、窓から蝕の具合を観測する・・・なんてのが理想なんだけど

しかしウチのボロ宿の窓からは朝の太陽を観測する事は不可能
やむ得ずam6:30デジカメと遮光眼鏡を片手に渋々外出したぞい

さて朝日が見られそうな広い場所・・・東の空に高い建物が無い場所は無いものかしら?と近所をうろつく

蝕観測中に自動車に撥ねられたりしてもシャレにならんので、とりあえず(このブログでも以前紹介した)お馴染み漫画の聖地トキワ荘公園へ行ってみたナリ01

正月に行った時は葉が落ちていて気がつかなかったが、久々に行ってみたら意外と木の葉が茂っていて、観測には不向きな感じナリ
しかも、葉陰の間隙を衝いて朝日を観測できる唯一のベンチには既に三脚に一眼レフカメラを乗せた本格派のオヤジの先客が居て、なんとなく近寄りがたし・・・

しかもそのオヤジ以外には金環蝕を観測しようと来ている者はおらず、掃除の爺さまと近所のチビッコが走り回っているくらいで閑散としてる・・・

ちょっとフライング気味だったか・・・と気恥ずかしくなったが、一応それらしく撮影テストをしてみる
先ず遮光眼鏡を取り出し、デジカメのレンズ前に遮光眼鏡をかざし太陽を撮る
三脚構えた先客の本格派オヤジに比べるとなんともショボい限りではあるが

すると・・・おお!既にもう一部蝕が始まってるではないか
俄然テンションが上がって来たぞい02

その後も何分かおきに太陽を撮影・・・だんだん蝕の部分が大きくなっていくのが確認できる
ところがここで問題発生・・・
遮光眼鏡を通しての撮影なので、光量が足らず通常でもそれなりの露光時間がかかっておったのだが、蝕が進むにつれさらに光量が足らなくなり、シャッターが切れるまでの時間が恐ろしく長くなってきたのだ・・・
この段階で今まで問題にしてなかった手ブレがかなり気になり始めた

今まで手で支えるだけでもなんとかなったが、これ以上は無理!
とりあえずカメラを固定できる場所はないかしら?と捜してみた
ううむ・・・ベンチは幾つかあるけれど、どれも陽射しを避けるように木陰に配置されてるので無理・・・(唯一の場所は既に先客に占拠済み)

03すると、いい具合に何か円盤みたいな遊具があったので、ここにカメラを据え置く
それでもカメラを上向きにしなけりゃならないので、手ブレは発生してしまう・・・こんな事ならミニ三脚を持ってくるんだった・・・と猛烈に後悔

この頃になると、近所の住人が金環蝕を観ようと続々と出てきおった
中にチビッコ兄妹を連れた家族がおったのだが、このチビッコ兄妹が実にうるさい04

奴ら日蝕なんぞ即効で飽きてしまい、近くにあった滑り台に駆け上り、いかに早く駆け上がったかを競い始めた
妹「パパ!パパ!アタシこんなに早く登ったよ~!」
兄「よ~し!ボクなんかこうだ!」
妹「今度はアタシの番~!パパ!パパ~!見て~!見て~!」
・・・と猛烈に自己アピール

173年ぶりの金環蝕が始まってる真っ最中なんですケド・・・
アンタがたかが滑り台に駆け上った姿・・・
ソレ・・・今ここで観なきゃいけないことなの?


俺が親だったら厳しくツッコむところだが、実親は誠に優しく対応しておりました・・・
改めて俺は人の親にはなれんな~と思ったわい

さて、いよいよ始まった金環蝕・・・しかし露光時間はますます長くなり、シャッターが切れるまでの間、手ブレを抑えるのは全く不可能になった
こうなったら・・・と、とにかくシャッターを切りまくるめくら撮りに切り替えたが、ほとんど全てが手ブレで失敗05
嗚呼!こりゃ完全に失敗だな・・・今回のブログのタイトルは『金環蝕撮影失敗の巻』にしよう・・・等と考えていたら

06ざわ・・・ざわ・・と集まって来てた近所の皆さんのざわめきが聴こえた

ふとデジカメのファインダーから眼を外し顔を上げると、なんと薄雲の向こうに光る金環蝕が裸眼で目視出来るではないか07

今まで遮光眼鏡越しのファインダーでしか観測してなかったから気が付かなかったのだが、光量が極端に減少したのは金環蝕になったからだけではなかったのだ
薄雲が太陽そのものを覆ってしまっていたからだったのである

実は集まって来てた御近所の皆さん、半数近くが遮光眼鏡無しの裸眼で観てたのだな・・・無茶するの~

それにしても幻想的な眺め・・・

コレが噂に聞く『西遊記(西田敏行・猪八戒編)』の第25話『妖怪帝国 突破大作戦』で三蔵法師(夏目雅子)を磔にした妖怪大王と妖怪帝国の妖怪どもをビビらせたという・・・金環蝕・・・
ん?アレは皆既日蝕だっけ?
とにかく俺がガキの頃は、主人公達が捕えられ絶体絶命の時、巧い具合に日蝕が起り、敵が混乱してる隙に脱出する・・・って展開が多かったな~

金環蝕の時間はわずか5分程度・・・その時間を過ぎると、あれほど集まっていた御近所の皆さんも潮が退いたように帰って行きました
再び閑散とする早朝のトキワ荘公園・・・漫画の聖地08

まだまだ部分日蝕は続いていたけれど、俺も帰宅

帰宅後テレビを点けると、各局さっきの金環蝕で大いに盛り上がっておった
その中でとある文化人が盛んに
「子供達にとっては、コレは一生の思い出になったでしょう!」
と口角泡飛ばして繰り返し言っていた
が・・・正直、俺はこう言いたい
チビッコは滑り台に夢中で金環蝕なんぞ全く観てなかったよ!

『まんが道』探訪シリーズ第2弾・野方配水塔の巻

ここ連日半端無い寒さが続いておりますが、皆様いかが御過ごしでしょうか?
現在の我が部屋の室温6度
吐く息も白い状態(相変らず暖房器具は55wの電気毛布のみ!)
キーボードを打つ手もかじかんでままなりません
この寒さ!一体いつまで続くのかねえ!
誰か!ぺギミンHで東京からペギラを早く追っ払って!

さて今回は、藤子不二雄A著『まんが道』探訪シリーズ第2弾!(そんなシリーズあったか?)
野方配水塔を訪ねて・・・を御送りします

01野方配水塔とはなんぞや?という方の為に簡単に解説を致しますと・・・
『まんが道』の中で、トキワ荘に集まった新漫画党のメンバーが、近所の哲学堂公園へ散歩へ行く件があるのですが、その哲学堂公園へ行く為の目印としていたのが、この野方配水塔なのであります。
『まんが道』の中では、トキワ荘から歩いてすぐ・・・みたいな描かれ方をしておりますが、実は結構な距離がありまする

02ところでこの野方配水塔当時トキワ荘から充分見えていたのかもしれませんが、現在では周囲に高い建物が増えてしまったせいでしょうか?トキワ荘跡地からは全く見えません

それでも中野方向へしばらく歩いて行きますと、前方にニョッキリ巨大なレトロタワーが見えてまいります
06
高層住宅が立ち並ぶ現在であっても、この存在感には、ちょっとハッとさせられますねえ

さらに近くに寄って見ますと、その巨大さに圧倒

ガンダムとどっちが大きいでしょうかねえ?

03塔の周りは小さな公園になっておりました。
ベンチとトイレくらいしか無いホントに小さな公園でありましたが・・・
塔の大きさは手前のベンチと比較して想像してみてください

解説の看板が立ってました04
・・・だそうです

05夕暮れに佇む野方配水塔風情がありますなぁ・・・
ギャオスが天辺に巣でも作ってくれてれば、なおさらですねえ・・・

実はこのすぐ近くに件の哲学堂公園があり、そこがトンデモパラダイス・・・だったのですが、その辺りの探訪記は、いづれまたの機会に

まんが道 (10) (中公文庫―コミック版)まんが道 (10) (中公文庫―コミック版)
著者:藤子 不二雄A
販売元:中央公論新社
(1996-10)
販売元:Amazon.co.jp




漫画の聖地?『トキワ荘跡』を訪ねて来たよ!其の弐

前回のトキワ荘跡巡りの続きです。
元日から大盛況の『らき☆すた』の聖地とは打って変わって、閑散・・・としてる『漫画の聖地(自称)』
かつてトキワ荘の有った場所は今は単なる地元企業の駐車場になっているという残念な事実は前回書きましたが、そこから通りを挟んで南西の方向へ歩いたところにある公園の一画に『トキワ荘跡』の記念碑が建てられています。記念碑1
これも街興しの一環で4~5年くらい前に建てられたのですが、こんな縁も所縁も無い所に建てられたってねえ・・・漫画の神様達も困惑気味でしょう
ちなみに解説のパネル読んでるオッサンは俺とは全く関係無いあかの他人です
元日で誰も居ないのを幸いと、カメラ片手に構図とか決めていたら、どこからか現れて、記念碑から全く離れないし、煙草はバカスカ吸ってケムたいし・・・正直、空気読んで撮影する間だけでもどこかへ立ち去ってくれよって思ってたんですけど、結局最後まで全く動かず!(わざと意地悪してるんじゃないの?)
撮影の邪魔でしたわ~
さて、その腹立つオッサンが読んでいたのがこのパネル。パネル1
『まんが道』等でお馴染みの事が書かれております。
隣のパネルにはトキワ荘ゆかりの場所の簡単な地図。(これは前回にも表示しましたね)パネル2
ちなみに赤塚不二夫が仕事場に使っていた紫雲荘という宿は現在でも残っておりまして、我がボロ宿に負けずとも劣らないオンボロなアパートだったのですが、去年リフォームして、現在は漫画家のタマゴ達の為のアパートとして生まれ変わった・・・らしいです
・・・と、我がボロ宿の大家の親爺さんが言っておりました(オヤッサンの宿にも売れない漫画家が一人居るよ)

さて、中央の記念碑にはトキワ荘の漫画先生達の自画像とサイン部屋割りがプレートになっております。記念碑2
さらにその上にはトキワ荘のフュギア(?)が乗っております
スクーター付きで・・・記念碑3
しかしね~『トキワ荘跡』を訪ねてはるばる遠くからお訪ねになった方達には本当に申し訳ないほどのショボさですわ~
いっそ『らき☆すた』神社に対抗して、こっちもお宮を造り、賽銭箱とおみくじでも置いておいた方がずっと盛り上がるんではないでしょうかね?
少なくともスタンプラリーよりかは・・・

電灯*この記念碑で唯一ナイスな仕事がコレ!
白熱電球を模した記念碑の傍の常夜灯・・・昭和レトロな感じがとても良いです





猫地蔵オマケ:ここから歩いて10分くらいのところのお寺の入り口にある巨大な招き猫・通称『猫地蔵』
貫禄あるお姿ですな~
それでは、皆さんにも幸多き一年である事を願いまして、今回はおしまい!にゃ~

まんが道 (11) (中公文庫―コミック版)
著者:藤子 不二雄A
販売元:中央公論新社
(1996-11)
販売元:Amazon.co.jp
まんが道 (11) (中公文庫―コミック版)

作品一覧
サークルプロフィール
カテゴリ別アーカイブ
Amazonライブリンク
楽天市場
記事検索
ランキング
  • RSS
  • Dlsite blog