ソフビ

小さい?大きい?食玩DXソフビスーツガンダムの量産型ザクの巻

さ~て年の瀬も迫ってきたが

今回御紹介はバンダイの食玩・DXソフビスーツガンダムの量産型ザク

実は食玩と言いながら、その価格なんと¥2700

食玩大好きではあるが、極貧の俺さま

当然購入は見送るつもりだったが、

大きなザクのソフビ

しかも造形が1作目のTVバージョンと訊き、ついついポチってしもうた

ちなみにこの食玩、主人公機のガンダムと量産ザクの全2種しかない

サムネで見るガンダムは白タイツ履いた変態みたいにも見えたので
今回は購入を見送り

にしても食玩にしてこの高額、如何な巨大なザクが届くのだろうか?

ワクワクと首を長くして待っておったのだが・・・

届いたモノがなんとコレ
01

正直、想定を超える小ささに唖然・・・小っちゃ・・・

クレーンゲームの美少女フュギアの箱くらいしかないぞい
02
03

¥2700もするくせに、いくらなんでもこのままじゃ小さ過ぎる
ひょっとして、組立て式で
手足を付けるとこの箱の倍くらいの大きさになるのかしら?

と、淡い期待を胸に箱を開封~
04

・・・・なんじゃい!既に組みあがってんのか・・・

しかも~箱の実物大写真より、小さいんじゃん・・・ガッカリ
05

では気を取り直し、レビュー再開
08

ソフビと謳っておるものの、材質はカッチカチ
カッチカチの方のソフビである

06

でも現在は冬なので、夏場の高温の中ではフニャフニャに変わるかもしんない

07

プロポーションは
タコ頭・やや上半身がデカく・短足・脚は起伏が乏しく・つま先がとっても小さい
09

ガンダム1作目のTVに登場してたあの頃安彦ザクが正に立体になった感じ

色はパッケージにあるものより、明るくて玩具っぽい印象

武装はマシンガンのみ
10

ザクの特徴のひとつである全身のパイプはさすが高価な食玩だけあって、全て別パーツ
11

じゃあモノアイは・・・と期待したが、
ただピンクに彩色されておるだけで、全く可動せず・・・ガックシ・・・
12

もうお気付きかもしれないが、
このソフビザクには、最近のガンプラとかでは当たり前になっている
リアル感を増すために施されている各部のパネルライン(スジモールド)が一切存在しない

おかげで全体的にノッペリした印象を受ける
13

この昭和アニメのセル画みたいなノッペリ感はファースト世代のおっさんにとってはたまらないモノなのだけれど、
世代のよっては好みが分かれるかもしんない

可動部分は首・肩・腕・手首・足付け根・右肩のシールドがそれぞれ1軸で回転可動
14

腰は背中のパイプと繋がっておるので回らないと思うぞい・・・多分

¥300の旧キットより若干可動箇所は多いものの、当然マシンガンの両手持ちは不可

実は両手持ちは不可能どころか

特徴的なあの小さなつま先の足が災いして、
腕を前に出しただけでバッタリ倒れてしまうほどのバランスの悪さ
15

こういう時こそスタンドを同梱すべきなんじゃないの~¥2700もするんだから

熱湯風呂に浸ければ、いくらか歪みも取れてバランスよくなるんじゃ・・・とも思うが、
時間が無いので、ポージングは諦めて以後直立不動の姿勢で進行させていただく
16

こんな小っちゃいのが¥2700食玩で~?

と、開封直後には購入をちょっぴり後悔してたものの、
ガシガシいじってる間に、なんか気に入ってきた

大きさもさほど小さく感じられなくなってきたし~

他にも安彦ドムや安彦ゴックとか出ねえかな

けど、¥2700の価値があるか?と問えば、大きく疑問かなぁ

¥1500くらいだったら、第2弾が出ても文句無しに買うんだがね~
17

再販でやっと買えたよ絶版ドン・・・の巻

今回は、先日コンビニで購入したガンダムコンバージ#05Hiνガンダムの馬面について何か書こうかと思っておったのだが、
何やらこやつ、前腕部の造りが左右逆とかで只今大炎上中らしい
01

Hiνガンダムについては全く詳しく無い俺さまなので、ボロが出る前に急きょ取り止め

今回は今更感漂うものの、初版を買い逃し、近頃の再販によりようやく手に入れたバンダイウルトラ怪獣DX魔王獣シリーズ・ゼッパンドンを御紹介
02

03

04

それにしても、皆が本心で再販を望んでおったのは、現在プレ値で取引されておるマガオロチの方だと思うのだが、なぜ今回一緒に再販されなかったのかしら?

さて、ゼットンさんとバンドンさんの愛の結晶このゼッパンドン
尻尾とか怪獣体型とか・・・浮気相手のマガオロチさんの遺伝子も随所に盛り込まれておるようじゃ
05

06

07

両腕と両脚が回転可動
08

頭やお腹にも分割線があるが、キッチリ接着されており、可動不可
ここが可動できれば、かなり表情が付けられたのだが・・・残念
09

塗装箇所は最近のソフビにしては珍しく多い

ただ、俺さまが購入した個体はややハミダシ箇所が目立つ

ブツを直に確認出来ないのが通販の痛いトコロじゃ
10

顔は両親とは全く似ても似つかない巨大レギオンみたいなつぶらな瞳のカワイイ顔をしておる

これは誰の遺伝?(他にも浮気相手が??)
11

ちなみに耳みたいに見えるのはバンドンさんのクチバシ

手足の爪も一見バンドンさんのモノのようにも見えるが、ずっと長く立派
バンドンさんの手足の爪はもっとショボかった記憶が・・・
12

身体の多くを被う赤い体表も、パンドンさんのイガイガ体表・・・というよりは
むしろミラーマンのキティファイヤーやシルバー仮面のサザン星人のような炎系・・・
13

こうして観ると、ゼットンさんの遺伝の方がより多く出ておるように感じるの~
14

15

16
17

タイラントを始めとして、ウルトラシリーズにはこれまでに沢山の合体怪獣が登場しておるが、
このゼッパンドンは名前まで合体しておるのが駄洒落ぽくて面白かった

次はサメクジラとブラックエンドの合体でサメクジラックエンドというのはどうじゃろか?
18

♪ムービーモンスターEX・メカゴジラ―がやって来た~・・・の巻

現在からおよそ10年前、ゴジラを筆頭に新旧の東宝怪獣および大映ガメラ怪獣たちを続々とソフビ化し発売していったバンダイのムービーモンスター・シリーズ

幼児向けのウルトラ怪獣シリーズに比べ、やや高年齢層を狙ったこのシリーズは
バンダイ怪獣ソフビの看板のひとつであったわけなのだが・・・

怪獣映画の終焉と共に
いつしかシリーズそのものが自然消滅してしまった


それは、ウルトラ怪獣500に代わる2013年まで生き延びたウルトラ怪獣シリーズとは対照的な結末であった

そんな時代のアダ花・ムービーモンスターシリーズがなんと復活?!
・・・そんなニュースを聞いたのは昨年の秋頃だったか?


その名もムービーモンスターEX

久々にムービーモンスターの銘で発売されたUSゴジラ2014のソフビが好評だったために、とうとうバンダイも重い腰を上げたか

だが・・・そんな期待が打ち砕かれたのは
発売されるラインナップを知った時であった

ゴジラ・キングギドラ・メカコジラ・キングシーサー・レインボーモスラ・・・

レインボーモスラ・・・って何?

何とも不可解なラインナップ・・・

やがて、店頭に並んだムービーモンスターEXを目撃した俺さまは愕然

・・・何だ?コレ・・・

なんともクドイ造形・・・ハンパ無いパチもん臭

コレで旧ムービーモンスターの倍の価格とか有りえねえ

後に聞いたところによると
あれらは
以前から海外向けに製造・販売しておった製品を国内販売用に転用しただけの新作でも何でもないモノだったらしい・・・

道理でクドイ顔をしておると思ったら、異人向けだったからなのか

なんだよ!ムービーモンスターEXなんぞと大そうな銘をつけやがって!

以来、俺さまはムービーモンスターEXをガン無視し続けてきた
05

そして月日は過ぎて、年の瀬・・・

クリスマスムード漂う魔都・池袋
ひょいと立寄った某量販店の怪獣ソフビコーナー
そこに、
最新のウルトラ怪獣達と離れて、
ポツンと売れ残ったムービーモンスターEX・メカゴジラを見つけたのだ

哀愁漂うその姿は、
夕方の公園の砂場にて置き忘れ去られ、
いつまでも持ち主を待ち続ける怪獣ソフビのようであった・・・


その情景が余りに哀し過ぎたので、情にほだされ購入
メカゴジラよ!お前もうちの子になるがよい

てな具合で前置きが長くなったが、
今回はムービーモンスターEX・メカゴジラを今更だが御紹介
01

全身に施されたピカピカ銀塗装が昭和の金属感を良く再現しておって、とても良い質感
ただ、このピカピカ銀塗装って、経年劣化するとベタベタになる例の塗料なんじゃ・・・とちょい不安
03
06
02
04

それと、既に他の幾つかのレビューで指摘されておるが、

腕を広げた珍妙なポーズに加えて、全体的になんとなくヘン・・・
07

左右の腕の長さなんかあきらかに違っておる

原因は左肩のみ蛇腹が脱落しておるような妙な造形
08

・・・ていうか、詳しく見ていくと

全身にシワというかヒケというか・・・が有り過ぎて余りにもベコべコ感がハンパ無し

超金属で造られたロボ怪獣なんだから、表面はもっとツルツルピカピカのはずじゃ・・・
09

なんでこんなにヨレヨレベコベコなの?

これじゃあまるで使い古された着ぐるみだよ

・・・そこでハッと気が付いた

コレはメカコジラのソフビじゃあなくて

メカコジラの着ぐるみのソフビなのだ!

しかも相当使い古された・・・

そう考えてみれば、問題の右肩の蛇腹の脱落も納得ディティール

細かく見ていくと各パーツの素材の違いもちゃんと確認出来る

尻尾表面のシワシワなんて
金属表面ではなく、ウレタンの表面に出来るソレではないか
10

造形者が意図して造ったのか?

渡された資料写真に写るクタクタの着ぐるみを忠実に再現して造ったらこうなっちゃったのか??

それは定かではないが、コレがメカゴジラのソフビではなく

メカゴジラの使い古されたクタクタヨレヨレ着ぐるみのソフビであるとしたら

トンでもなく良く出来ておるとしか言いようが無い

お情けで購入したコイツだが、今では俺さまのお気に入りの1体となっておる
11
12

オマケコーナー
13

兄弟?改造??ウルトラ怪獣DX スーパーグランドキング・スペクター・・・の巻

前回のウルトラ怪獣DX エタルガーに続き、今回御紹介はウルトラ怪獣DX スーパーグランドキング・スペクター
03

前回も書いたが、俺は現在放映中の「新ウルトラマン列伝」を一切観ておらんので、番組中のコイツの立ち位置がどんなものなのか全く知らない

ただ、外見上なんとなく以前発売されたスーパーグランドキングと兄弟なのかな?と思っておった
01

しかし付いているタグによると

宇宙に漂う怪獣達の悪霊が終結して誕生した超怪獣。鋭利な角や剣と一体化した椀部等の超パワーで敵を圧倒する。

・・・としか書かれておらず、血縁関係についての情報は皆無・・・
02

ひょとしてウルトラマンに敗れたスーパーグランドキングが改造手術をされて武装を強化&体色を変えてリベンジ~という設定の同一個体なのかしら?

そういや、俺がガキの頃放映されておったウルトラマンタロウでは
昔出てきた怪獣の名前の前に改造って文字付けて再主演させるエピソードが何回かあったな~

改造ベムスター改造ベロクロンヤプールが改造したって展開でとりあえず改造の文字に納得したが・・・

自慢の角を爺さんの入れ歯の材料にされかかり、ブチ切れ&大暴れした
改造エレキングだけは全く納得が行かなかった

一体誰が改造したんだ!?改造エレキング

ま~それはともかく
スーパーグランドキング・スペクターはどの辺りが改造されておるかというと

先ずボディはスーパーグランドキングもスペクターも同一の型を使用
04
なので可動部分と分割は全て同じ
05

で、差し替えられた新造パーツはタグにも書いてあった鋭利な角

アイスラッガーを横にしたようなものから水牛の角のようなものに巨大化しておる

スーパーグランドキングを購入時、角が分割されておるので回るのかな?と捻ってみたが回らなかった部分だ
06

もうひとつはタグ表記によると剣と一体化した椀部である右腕

スーパーグランドキングの時は巨大なハサミだったが
これが、およそ切れ味悪そうなドン臭い両刃の剣に変更されておる

07

この剣に施された時代錯誤的な鉄鋲が昭和ウルトラ臭を感じさせて実に良い
スペクターで唯一お気に入りなのが、この鉄鋲モールド

08

実は、ここもスーパーグランドキングを購入時、左腕の可動部は根元だけだが
なぜか右腕は肘も回転可動する!と喜んでおった部分


・・・してみると、
スーパーグランドキングは原型製作時から
パーツ差し替えで別怪獣として発売する事を前提に分割されていたのかも


エタルガーの右腕が鉄鋲剣になって
エタルガー・スペクターの名で発売される日も遠くないかも・・・


彩色は黒地に金を雑に塗り、さらにスミイレして墨を掻き落す・・・というグランドキングやエタルガーでも使われておった方法

同じ原型でもイケメンと不細工が混在してしまう個々の差が激しい仕上がり

銅色だったスーパーグランドキングに比べ、
スペクターはよりド派手な金色になったため、仕上がりの個体差はより明確に・・・


そして、背中のトゲや尻尾の先・左手・角の一部が
なぜか無彩色で下地・黒ソフビが丸出しの放置プレイ

こういう色設定なのだろうけど、
黒部分にはスミイレもドライブラシも一切施されていないので、単に中途半端な塗り残しとしか見えないのがなんともトホホ
09

ほぼ銅色一色のスーパーグランドキングの渋い仕上がりと同様に
スペクターも全身金色+スミイレ仕上げにしとけば、高級感がずっと上がったと思うのだがね~
10

スーパーグランドキングの巻・・・のブログはこちら→http://radioeigasya.b.dlsite.net/archives/6943086.html

コイツがウルトラ怪獣??エタルガーのソフビをゲットしたぞい・・・の巻

魔都・池袋の量販店の店頭では一度も見かけることも無く品切れ・・・
Webでは発売と同時にプレ値が付いたという
幻のソフビ・ウルトラ怪獣DX エタルガー

実物を見た事が1度も無いので
本当に発売されたのだろうか?そもそも流通してないじゃ・・・と懐疑的に思っておったのだが・・・

GWに帰省した際、地元の玩具屋の店頭で定価で売られてるのを発見
あっさりゲット・・・

なんだ・・・幻のソフビでもなんでもないじゃん・・・

知らぬ間に再生産されたのかと思い、Webで調べたところ(2015年5月現在)未だプレ値なので、多分コレは初出荷ぶんであろう

マニアの多い大都市やWeb上では激レアトイであっても
マニアの少ない田舎の玩具屋じゃあ激レアでもなんでもない

そんなマニア受けはするけれども
チビッコには全く人気が無いかもしれない怪獣ソフビ・・・

ウルトラ怪獣DX エタルガーを今回は御紹介

俺は現在放映中の新ウルトラマン列伝を一切観ておらんので
コイツが劇中どういう立位置なのか全く知らんのだが

一見して円谷のウルトラ怪獣というより
まるで東映の平成ライダーやスーパー戦隊のラスボスみたいな容姿が実に憎々しくてカッコ良い

03

コイツは・・・宇宙人なのか?怪獣なのか?

くっ付いておったタグによると・・・

身長・・・55メートル
体重・・・35000トン

ウルトラマンを追い、封印する時空の戦士。
対戦相手の最も恐れるものを幻覚空間の出現させる能力や実体として出現させる能力を持っている。

超時空魔神 エタルガー

どちらで読み込んでも「ウルトラモンスター」と鳴ります。

・・・との事だ

どうやら宇宙人でも怪獣でもない超時空魔神というカテゴリー

はて?
超時空要塞なら知っておるが、超時空魔神というのは初めて聴いたぞい
01

大きさは以前発売されてた¥700~800クラスのウルトラ怪獣ソフビと同じかやや大きいくらい
02

全体的なフォルムは良く出来ておるが
ツノとかのトンガリ部分はチビッコへの配慮から丸められておる


体表のディティールも
案外のっぺりした感じで決してシャープとは言えないが
全体に施されたスミイレ処理によってのメリハリで、のっぺり感を払拭しておる


実物よりは三倍は立派に見える・・・誠に写真写りの良いヤツなのだ

この彩色方法は以前発売されたウルトラ怪獣DX・スーパーグランドキングと同じ

なので、個々の仕上がりの差が実に激しく、
同じ原型なのにイケメンとブサイクが混在する結果となっておる
04

可動部分は両腕・右肘・胴が回転可動

可動にするなら両肘共々にしてくれりゃイイのに
なぜに右肘だけなのか?

05

06

まさかスーパーグランドキングの前例に倣って
右手を刃に差し換えてエタルガー・スペクターとかいう別商品として発売するつもりなんじゃないだろな
07

08

09

10
最後は「まんじゅう怖い」の落語オチで・・・
作品一覧
サークルプロフィール
カテゴリ別アーカイブ
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
楽天市場
記事検索
ランキング
  • RSS
  • Dlsite blog