スーパーグランドキング

兄弟?改造??ウルトラ怪獣DX スーパーグランドキング・スペクター・・・の巻

前回のウルトラ怪獣DX エタルガーに続き、今回御紹介はウルトラ怪獣DX スーパーグランドキング・スペクター
03

前回も書いたが、俺は現在放映中の「新ウルトラマン列伝」を一切観ておらんので、番組中のコイツの立ち位置がどんなものなのか全く知らない

ただ、外見上なんとなく以前発売されたスーパーグランドキングと兄弟なのかな?と思っておった
01

しかし付いているタグによると

宇宙に漂う怪獣達の悪霊が終結して誕生した超怪獣。鋭利な角や剣と一体化した椀部等の超パワーで敵を圧倒する。

・・・としか書かれておらず、血縁関係についての情報は皆無・・・
02

ひょとしてウルトラマンに敗れたスーパーグランドキングが改造手術をされて武装を強化&体色を変えてリベンジ~という設定の同一個体なのかしら?

そういや、俺がガキの頃放映されておったウルトラマンタロウでは
昔出てきた怪獣の名前の前に改造って文字付けて再主演させるエピソードが何回かあったな~

改造ベムスター改造ベロクロンヤプールが改造したって展開でとりあえず改造の文字に納得したが・・・

自慢の角を爺さんの入れ歯の材料にされかかり、ブチ切れ&大暴れした
改造エレキングだけは全く納得が行かなかった

一体誰が改造したんだ!?改造エレキング

ま~それはともかく
スーパーグランドキング・スペクターはどの辺りが改造されておるかというと

先ずボディはスーパーグランドキングもスペクターも同一の型を使用
04
なので可動部分と分割は全て同じ
05

で、差し替えられた新造パーツはタグにも書いてあった鋭利な角

アイスラッガーを横にしたようなものから水牛の角のようなものに巨大化しておる

スーパーグランドキングを購入時、角が分割されておるので回るのかな?と捻ってみたが回らなかった部分だ
06

もうひとつはタグ表記によると剣と一体化した椀部である右腕

スーパーグランドキングの時は巨大なハサミだったが
これが、およそ切れ味悪そうなドン臭い両刃の剣に変更されておる

07

この剣に施された時代錯誤的な鉄鋲が昭和ウルトラ臭を感じさせて実に良い
スペクターで唯一お気に入りなのが、この鉄鋲モールド

08

実は、ここもスーパーグランドキングを購入時、左腕の可動部は根元だけだが
なぜか右腕は肘も回転可動する!と喜んでおった部分


・・・してみると、
スーパーグランドキングは原型製作時から
パーツ差し替えで別怪獣として発売する事を前提に分割されていたのかも


エタルガーの右腕が鉄鋲剣になって
エタルガー・スペクターの名で発売される日も遠くないかも・・・


彩色は黒地に金を雑に塗り、さらにスミイレして墨を掻き落す・・・というグランドキングやエタルガーでも使われておった方法

同じ原型でもイケメンと不細工が混在してしまう個々の差が激しい仕上がり

銅色だったスーパーグランドキングに比べ、
スペクターはよりド派手な金色になったため、仕上がりの個体差はより明確に・・・


そして、背中のトゲや尻尾の先・左手・角の一部が
なぜか無彩色で下地・黒ソフビが丸出しの放置プレイ

こういう色設定なのだろうけど、
黒部分にはスミイレもドライブラシも一切施されていないので、単に中途半端な塗り残しとしか見えないのがなんともトホホ
09

ほぼ銅色一色のスーパーグランドキングの渋い仕上がりと同様に
スペクターも全身金色+スミイレ仕上げにしとけば、高級感がずっと上がったと思うのだがね~
10

スーパーグランドキングの巻・・・のブログはこちら→http://radioeigasya.b.dlsite.net/archives/6943086.html

コイツがウルトラ怪獣??エタルガーのソフビをゲットしたぞい・・・の巻

魔都・池袋の量販店の店頭では一度も見かけることも無く品切れ・・・
Webでは発売と同時にプレ値が付いたという
幻のソフビ・ウルトラ怪獣DX エタルガー

実物を見た事が1度も無いので
本当に発売されたのだろうか?そもそも流通してないじゃ・・・と懐疑的に思っておったのだが・・・

GWに帰省した際、地元の玩具屋の店頭で定価で売られてるのを発見
あっさりゲット・・・

なんだ・・・幻のソフビでもなんでもないじゃん・・・

知らぬ間に再生産されたのかと思い、Webで調べたところ(2015年5月現在)未だプレ値なので、多分コレは初出荷ぶんであろう

マニアの多い大都市やWeb上では激レアトイであっても
マニアの少ない田舎の玩具屋じゃあ激レアでもなんでもない

そんなマニア受けはするけれども
チビッコには全く人気が無いかもしれない怪獣ソフビ・・・

ウルトラ怪獣DX エタルガーを今回は御紹介

俺は現在放映中の新ウルトラマン列伝を一切観ておらんので
コイツが劇中どういう立位置なのか全く知らんのだが

一見して円谷のウルトラ怪獣というより
まるで東映の平成ライダーやスーパー戦隊のラスボスみたいな容姿が実に憎々しくてカッコ良い

03

コイツは・・・宇宙人なのか?怪獣なのか?

くっ付いておったタグによると・・・

身長・・・55メートル
体重・・・35000トン

ウルトラマンを追い、封印する時空の戦士。
対戦相手の最も恐れるものを幻覚空間の出現させる能力や実体として出現させる能力を持っている。

超時空魔神 エタルガー

どちらで読み込んでも「ウルトラモンスター」と鳴ります。

・・・との事だ

どうやら宇宙人でも怪獣でもない超時空魔神というカテゴリー

はて?
超時空要塞なら知っておるが、超時空魔神というのは初めて聴いたぞい
01

大きさは以前発売されてた¥700~800クラスのウルトラ怪獣ソフビと同じかやや大きいくらい
02

全体的なフォルムは良く出来ておるが
ツノとかのトンガリ部分はチビッコへの配慮から丸められておる


体表のディティールも
案外のっぺりした感じで決してシャープとは言えないが
全体に施されたスミイレ処理によってのメリハリで、のっぺり感を払拭しておる


実物よりは三倍は立派に見える・・・誠に写真写りの良いヤツなのだ

この彩色方法は以前発売されたウルトラ怪獣DX・スーパーグランドキングと同じ

なので、個々の仕上がりの差が実に激しく、
同じ原型なのにイケメンとブサイクが混在する結果となっておる
04

可動部分は両腕・右肘・胴が回転可動

可動にするなら両肘共々にしてくれりゃイイのに
なぜに右肘だけなのか?

05

06

まさかスーパーグランドキングの前例に倣って
右手を刃に差し換えてエタルガー・スペクターとかいう別商品として発売するつもりなんじゃないだろな
07

08

09

10
最後は「まんじゅう怖い」の落語オチで・・・

涙!胸に傷有るウルトラ怪獣500DX・スーパーグランドキングの巻

まず初めに・・・
11月16日土曜、池袋へ行ってみたところ、ビックカメラ店頭で2014年のカレンダーの無料配布が始まっておったぞ~
毎年ビックカメラ無料カレンダーにお世話になっている皆は早速ゲットしに行こう
かく言う俺さまも池袋西口店で一部貰って来たぞい01

・・・という事で、一昨日の11月16日土曜日、10日ぶりに・・・ファミリーでごった返す週末のカオス・・・魔都・池袋へ行ってきた
この日はウルトラ怪獣500DX・スーパーグランドキングの発売日だったからである

正直、1~2日で売れきれるワケでもなかろうから、発売日当日じゃなくて週明け平日に行けば良いんじゃねえか?とも思ったのだが、4年位前に(スーパーじゃなくて普通の)グランドキングのソフビを店頭で一度は手にしておきながら「また後で・・・」と買うのを先延ばしにした結果、いつの間にか膨大なプレ値が付くほどのレア物になってしまって、結局入手する事がままならなくなってしまった・・・という苦い過去を思い出し、今回は発売日当日に買いに出向いたのであった

グランドキングについては84年の「ウルトラマンタロウ物語」とかなんとかいう映画に登場したロボット怪獣という事は知っておるけれども、このスーパーグランドキングについてはぶっちゃけウルトラマンギンガ観てないので、全く知識ナシ

けれど先週偶然アマゾンで発売前の商品画像を見て
「コレ、カッコイイな!~」と急激に欲しくなった次第
で、なんでその時アマゾンで予約せんかったか?と言うと
「実際に店頭で塗りを確かめて気に入った固体を購入した方が良いんじゃないかしら?」と考えたからなのだ

さて、池袋に着いたら、とかく週末の人ごみには閉口なので、とっとと目的を果たすべく某量販店ヤ*ダ電気本店の玩具コーナーへ直行

なんでヤ*ダ電気本店へ来たかというと、朝食用のコーンフレークが切れておったので、スーパーグランドキングを買った時に付くであろうポイントを使って、ついでに地下の食料品コーナーでコーンフレークを買って帰ろう・・・と考えたからである

ところが・・・
ウルトラ関連商品の棚にスーパーグランドキングが見当たらない

今日発売のはずなのに・・・そんなバカな

もっと近くで確かめたかったが、マズイ事にここは人気商品コーナーのひとつ・・・チビッコやそのファミリー達に占拠され、(チビッコが怖がるので)無精ヒゲ生やしたオッサンがまともに近づく事が出来ない
なので、しばらくDVDコーナー等に立ち寄り、彼らが退くのを見計らってから、再びウルトラ関連商品の棚へ戻り、今度はじっくりと見回してみた・・・が、やはりスーパーグランドキングは見当たらない

それでもどこかにあるのでは?と店内をぐるぐる回ってみると
いつも置かれてる商品の位置が変わっていたり、10日前には山と積まれておったダンボール戦記のプラモがとんと見当たらなくなってたり・・・店内はクリスマス向けの改装中ぽい雑然とした感じ・・・

ひょっとするとまだスーパーグランドキングを入荷していないのではないか?
或いは直前に発売日が変わったのでは?
・・・という疑念が俺の中で渦巻いて来た

平日ならレジにいる暇そうな店員に訊いてみるのだが・・・本日は長蛇の列のチビッコやそのファミリー達の相手でてんてこ舞いな御様子・・・

ま~週明けに改めて来てみるか・・・とその場はあっさり諦めて、地下の食料品コーナーでコーンフレークを買って帰る事にした

地下の食料品コーナーから直接地下道へ出て、そのままビックカメラ西口店の真下へ・・・ここの地下道の出口側にある宝くじ売り場には物凄い行列が出来ておった・・・当るのか?ここ?

そのまま階段を上がり、ビックカメラ西口店の前を通ると、店頭に無料カレンダーが置かれておるのが目に入ったので
「お~これで今週のブログネタは何とかなったな・・・」
とカレンダーを入手・・・次いで
「確認の意味も込めて ここの玩具コーナーもちょっと覗いてみるか・・・」

すると・・・

あった

ウルトラ怪獣500が置かれておる一画にスーパーグランドキングのソフビどでん・・・と2体ほど置かれておるではないか

おお・・・玩具の神よ・・・感謝します

と、スーパーグランドキングを手にするも・・・



初めに手に取った個体の胸のランプ部分に痛々しい塗装剥げの傷が・・・
出荷時点で剥げてしまったのか?店頭でチビッコに乱暴に扱われて剥げてしまったのか?それはわからないが、コレはなんとも痛々しい・・・

なので、この個体はやめて、残る1体を手に取る

が・・・こっちの個体は(あきらかにチビッコ達の手により)タグがボロボロ・・・
さらに塗装段階でスミイレ用の艶消し黒の塗料の拭き取りが不十分で、顔がまるでドリフの爆発コントのオチのような煤で真っ黒け状態・・・

なるほど・・・この2体が売れ残っていたのにはワケがあった・・・ということなのか・・・

ううむ・・・悩んだ挙句、結局最初に手に取った胸のランプ部分に痛々しい塗装剥げはあるものの、他の部分は比較的良好そうな個体を選択

レジで 店頭にある2体以外にも倉庫とかに在庫は無いのか?と訊こうかと思ったが、レジに並ぶ俺の背後から、異国の言葉で俺の頭上跳び越して店員に捲し立てる外国人一家がやって来て、何かそれどころじゃない雰囲気になってしまったので、早々に立ち去るコトに・・・


そんなこんなで帰宅後、スーパーグランドキングを改めて眺めてみる02
03

確かにウルトラ怪獣500の3倍の価格ぶんのボリュームは充分あるし、原型の出来も素晴らしくカッコイイ
04
05
06

しかし、塗りがいかにも雑

まず黒地のソフビに黄銅一色を全身に彩色しておるのだが、この銅の塗料も、スプレーではなく刷毛で塗ってるのでは?と思われる気泡や刷毛跡の痕跡が・・・
スプレーで塗りきれなかった箇所は刷毛塗りで処理・・・という結果なのかもしれない10

そして拙いのが、その上に塗られたスミイレと汚しを兼ねたツヤ消し黒の塗料
この拭き取り作業が恐ろしく雑なのである
スミが入るべき所に入っておらず、拭き取るべき所は拭き取られていない・・・07
08

この手の彩色法は以前取上げたS.I.C極魂『ウルフオルフェノク』なんかでも見事に失敗しておったが、またか・・・という感じ
それでもS.I.C極魂『ウルフオルフェノク』ほど酷く感じないのは、スミイレ塗料がツヤ有り黒からツヤ消しの黒に変更になったからかな

デザインと原型の造詣良さ、それとボリュームに助けられているので遠目には「おっ!」という感じに仕上がってはおるが、近くで見るとなんとも汚い印象を受けてしまうウルトラ怪獣500DXスーパーグランドキング
DXだからこんな手間かけた塗装にしたのかもしれんが、むしろ従来通りシンプルに全身を黄銅色で吹きつけ後、陰ぽいところを陰色で部分的に吹きつけだけで仕上げた方が良かったのではないか?という気もするのだが・・・
その方が後からユーザーが自由にスミイレ出来るし・・・(当然チビッコは気にしないだろうし・・・)09


作品一覧
サークルプロフィール
カテゴリ別アーカイブ
Amazonライブリンク
楽天市場
記事検索
ランキング
  • RSS
  • Dlsite blog