スミイレ

ロボがカッコ良かったから買ってみた「食玩・テンカイナイトXモード超造形フュギア」・・・の巻

今回はテンカイナイトの食玩について御紹介するぞい

そもそもテンカイナイトとはなんぞや?

全くわからんが、
前回紹介したのエフトイズの食玩・はやぶさと宇宙ロケットの側に、
この食玩が置いてあったので、ひょいとパッケージを眺めたら
なんか・・・カッコイイなコレ・・・と思ったので
試しに2個ほど購入してみた次第

後で調べてみたられっきとしたアニメらしい
エフトイズのオリジナルロボかと思った
01

ちなみに我が玩具コレクションには、アニメなのか?ゲームなのか?何に出てたのか全くわからんが、
一目見て カッコイイ!カワイイ!てな理由で購入してしまったフュギアやトイが数知れなく存在しておる


さてこのエフトイズの食玩・テンカイナイトXモード超造形フュギア

バンダイの食玩ガンダムコンバージ同様、
箱の中に何が入っているかがパッケージで判別出来る貧乏コレクターにとっては大変ありがたいシステム
03

本編アニメを一切観たことないので、各ロボがどのような立ち位置なのか知りようもないが
パッケージのラインナップを見る限り
グランゾードっぽい1ブレイヴンXボリューム有りそな3ヴァローンXが気に入ったので
この二つを購入することに決めた
04

・・・が、店頭で1ブレイヴンXは容易に見つかったが、3ヴァローンXは発見出来ず
本編アニメを視聴しておるチビッコ達によほどの人気機体なのか?
或いはアソート率が異常に低いのか・・・?


仕方がないので、代わりに2トリビュトンXを購入
06
02

箱の大きさはバンダイの食玩ガンダムコンバージと同じくらい

某量販店価格で税込み¥367で、
これもバンダイの食玩ガンダムコンバージと同程度

いやがうえにも高まる期待
ガンダムコンバージ並の完成度と彩色を期待しつつ、いざ開封

ところが・・・

えっナニコレ

出てきたのはバラバラに分解状態でビニールパックされたフュギア

コンバージみたいな完成品じゃないんだ・・・
05

しかも箱に比べて物凄く小っちゃい感じ・・・

・・・て言うか、一昔前のユージンのガオガイガー関連のガチャガチャみたい
07

09

1110
12
13
14
うう~む・・・
これでも俺なりにパッケージ写真に近づけるように
カッコ良く撮ろうとかなり頑張ったのだが・・・ど~もマヌケな感じが

そもそもパッケージ写真と実物のフュギアは
雰囲気がずいぶんと違うような気がするの~


パッケージと中身のフュギアの差が、ほとんど感じられないガンダムコンバージとは大違い

中身がコレじゃあ・・・パッケージ写真のようなフュギアを期待してたチビッコ達もさぞガッカリだったと思うぞい
16

さらに可動フュギアと謳っておるくせに
可動部は胴体のダボ穴に刺し込んだだけのパーツ(首・腕・脚・手首)
1軸回転するだけ・・・というお粗末さ


どこが可動フュギアだよ

肩関節にスウィング機能を持つガチャガチャのSDガンダムNEXTの方が
全然可動領域が広くてポージングもプレイバリューも高いよ


15
08

こりゃ失敗したなぁ~観たことも無いアニメの食玩2個も買うんじゃなかった!大損失だよ~

・・・と後悔する事しばし・・・

あまりのガッカリ度に、そのまま箱に戻して封印しまおうか・・・とも考えたが
フュギアを改めて見てみると、原型そのもの出来は悪くない・・・
彩色が余りにも残念なので、フュギアそのものがショボく見えてしまっておるのだ!

メリハリを付ければ、見栄えは格段に良くなるハズ

・・・と半ばヤケクソで困った時のガンダムマーカースミイレ筆ペンブラックでスミイレしてみることに・・・
17

先ずは全体を湯煎して柔らかくし、パーツを抜け易くして
分解可能な限り、ブレイヴンXをバラバラにする


22

次に各パーツの凹凸やモールドを根気よくガンダムマーカースミイレ筆ペンで大まかに塗り、余分を綿棒で拭き取る・・・といういつものスミイレ作業を進めてゆくわけだが・・・

なにぶんブツが小さいためスミイレ筆ペンの先端がフュギアの凹凸にイマイチ巧く入らない
またモールドが浅過ぎるのか?材質のせいなのか?スミイレ筆ペンのインクが残らず全て拭き取られてしまうという箇所も数多

この時点でガンダムマーカースミイレ筆ペンでのスミイレは断念
18

さて、どうしたものか・・・

代わりに思いついたのが
極細マーカーのDELETEのNEOPIKO-Line-2(0.03ミリ)でスミイレ・・・というよりモールドをなぞり描く・・・というちょいムチャな作戦

19
20
21
23
24

せっせせっとと一心不乱にモールドを描き続けて、3時間くらいかかってようやく終了~

・・・で、完成したのがコレ・・・
25

どうだ!これならチビッコもガッカリしないであろう
26
27

ずいぶんとメリハリが付いた・・・コレでパッケージ写真に近づいたろ!
と比べてみたら・・・調子に乗ってモールド描き過ぎてた

29

28B

30

カプQアイアンマン・・・やってみたけど・・・の巻

 普段、真夏の昼中の強烈な陽射しの内なんぞ決して外出しない主義の俺なのだが、昨日は参院選の投票の為に渋々外出した。

 ・・・で、せっかく重い腰を上げて外出したのだから・・・と投票後、駅前の本屋で寄り道し、店内のエアコンで涼みつつ、玩具雑誌を立読みしておると、海洋堂のガチャガチャ・カプセルQから新しくアイアンマンが出るらしい
特リボで散々アイアンマンのバージョン違いを出した海洋堂・・・カプセルQでもか!等とツッコミ入れつつ、ラインナップを拝見すると、既に食傷気味のマークⅢのバリエーション以外にも、シルエットの全く異なるマークⅠや敵役のアイアンモンガーがあるじゃないの

01ううむ・・・正直スリムタイプのマークⅢのフュギアにはうんざりなのだが、マークⅠや敵役のアイアンモンガーはちょっと欲しい・・・
・・・というかガラクタ集めたブリキ缶のようなマークⅠの造形は俺的にかなり好み!
・・・コレいつ発売なんだ?

おっ!7月発売となっておるので、もう発売されてるじゃないの!

時計を見ると、まだPM3:00ちょっと・・・

今から池袋まで脚を延ばして、ちょっくらカプセルQでマークⅠを当ててくるか!

・・・という事で、その場から池袋の某量販店まで炎天下の中、日頃の運動不足解消の意味も込めて、池袋まで徒歩で移動

途中から地下通路を利用したとは言え、この時期の陽射しと暑さは正直しんどかった・・・
しかも日曜なので某量販店の玩具売り場はチビッコ達でごった返しておって、息が詰まる
カプセルQ以外にウルトラ怪獣500も物色して来ようかしら?なんて呑気に考えておったのだが、それどころじゃない!

まぁ・・・とりあえずカプセルQを1回やろう

で、出たアイテムは何かと言えば、マークⅢバトルダメージ・・・

マークⅢタイプはもういいよ・・・と思っておった中でも、もっとも欲しくないブツであった

そのボリュームは一昔前のウルトラやライダーのガチャガチャフュギアとほぼ同じ・・・しかもモールドも甘く、塗装も雑・・・どうにも全体的にぼやけた感じの出来・・・これで¥400・・・って、いくらなんでも高過ぎるだろ!02

とにかくカプセルQの価格は高過ぎる!
カプセルが不透明だからブツ本体を視認する事も出来ないし、実物見本が展示されてるワケでもないので頼りになるのはマシーンに添付された写真のみ、そんなバクチに1回¥400もの大金を投じるのはリスク高過ぎる

コレが¥200か¥300なら、欲しいのが出なくても「もう1回やってみっか!」という心理が働かなくもないが、1回¥400となると、初っ端で欲しいのが出なかった段階で「嗚呼!¥400損した!もう二度とやらねえ!」という心理の方が強く働く・・・ような気がする

少なくとも俺はそういう心理がカプセルQ・ティラノサウルスの時も大きく働いて、もう1回チャレンジ!という気にはとてもならなかった
今回も同様に「¥400もの大金投じて何やってんだ?俺!」という自責の念の方が遥かに大きく、早々に玩具売り場から退散して来た

さて・・・帰宅後も「コレ・・・どうしたもんか?」後悔の念に途方に暮れておったのだが、とりあえずブログネタに使うか・・・と組立ててみた

・・・で、組立てたのを写真に撮ってみた

しかし・・・見れば見るほど・・・

ダメだな・・・コイツ

・・・改めて見てみても・・・昭和のキャラメルのオマケ並に寝ぼけた感じのフュギアだな~

そもそもカタログの写真と全然違うじゃん!03

いい加減何枚か写真撮った後、即ゴミ箱へ・・・とも考えたが、1回¥400・・・あまりにも勿体無さ過ぎる

ううむ・・・こんな時は
困った時のドラ頼み~ 一家に一本、ダメフュギアを復活させる万能アイテム・ガンダムマーカー筆ペンで、スミイレしてみっか・・・04

・・・てな感じで、ヤマト2199を横目で観ながらガンダムマーカー筆ペンでスミイレ開始・・・失敗したら即ゴミ箱へ直行・・・

今回、腕・脚・胴とかのアーマーの継ぎ目を重点的にスミイレしてみた

約1時間でお手軽にスミイレ終了・・・

050607格段に見栄えが良くなった・・・とまではいかないが、即ゴミ箱へ・・・を免れるくらいまでには何とか回復は出来た・・・と思う
俺と同様に、実物を手にしてガックリ来た・・・という御仁は是非お試しを・・・08

ガチャガチャフュギアにお手軽スミイレしてみよう・・・の巻

**これまでのお話**
30年ぶりにガンプラを作り始めた筆者・犬計画。
30年前には存在しなかったガンダムマーカーで彩色を試みたものの、その使い勝手の悪さに閉口・・・
さらに塗り終えた黒部分が光沢だった為に激怒!
(犬計画は黒の光沢が大嫌いなのだ!)
思わずガンダムマーカーを投げ捨てた犬計画は、30年前同様の方法で彩色する事を決め、三度、魔都・池袋の某量販店に水性ホビーカラーと筆を買いに行くのであった。


そんなワケでここ最近3日1度くらい割合で池袋の某量販店へ来てるような感じであるが、ついでにガチャガチャなんぞも色々眺めておったら、NEOロボティクスACT02コードギアス(1回¥300・・高ッ)というのが出てたので、やってみたぞい

ランスロット狙いだったのだが、出たのはアレクサンダ・・・

28『亡国のアキト』に出てる機体らしいのだが、映画観てないので詳しい活躍はわからん
が、ナイトメアというよりなんとなくメダロットに出て来そうなメカデザイン正直微妙・・・
しかも、ラインナップにある他の2機(紅蓮弐式とランスロット)に比べて彩色されている箇所が圧倒的に少ない・・・一見したところハズレ・・・と判断
¥300損したな・・・と若干後悔しつつ帰宅

帰宅後、開封して組立ててみたところ、肩には上下可能なジョイントが仕込めるようになってたり、各部がモノシャフトで回転するようになってたりと、従来のガチャガチャ塩ビフュギアに比べれば可動範囲が向上した作りになっていた
しかも全身には細かな筋彫りが施されている・・・
フュギア自体の出来は決して悪くないのだが、全身真っ白というのがなんともマヌケなハズレアイテム感を醸し出しているのだ・・・
惜しいなぁ・・・磨けばコイツはもっと光るフュギアになるのに・・・

29・・・という事で今回はガンプラ製作番外編として、買ってきたばかりの水性ホビーカラーと筆、そして前回にも大活躍した¥100ショップで購入したメラニンスポンジ『水だけでピッカピカ 磨きのプロ一番』を使って、アレクサンダにスミイレを施してパンチの効いたガチャガチャフュギアに変身させるぞい

先ずは、フュギアをパーツ単位に分解できるところまでバラバラに分解する
この手のガチャガチャフュギアは、差し込み部分=可動部分な場合が多いので、分解せずにそのまま塗料を塗ると、塗料が差し込み部分に流れ込んで乾燥後に癒着→可動しなくなってしまうという結果になってしまう事があるのだ!
それを防ぐ為に可能な限り取り外せる所は取り外しておく
ただし、間違って分解出来ないパーツまで千切り取ってしまわぬように慎重に・・・

次に水性ホビーカラーを少量皿に取り適度に水を加えてフュギアに塗っても弾かれない程度の濃度に調整する(足の裏とか目立たない場所に験し塗りしてみよう)
ちなみに今回使用した塗料つや消し黒(元々AGE2の黒部分を塗る為に買って来たものですから
調合に使う塗料専用の皿も10枚¥80くらいで売られておるが、俺は3個¥100のヨーグルトの容器をひっくり返して皿の代用にした30

さて、塗料の準備が出来たら、フュギアのスジ彫り部分にベチョベチョと塗っていこう
はみ出しても全然構わない
とにかくスジ彫りの中に塗料を流し込む感じで、ベチョベチョと・・・
小さくて持ちづらい時には爪楊枝の先に刺したりして工夫しよう
アレクサンダは全身に刺青のようにスジ彫りがモールドされているので、結局全て真っ黒に塗ってしまった31

塗り終わったらそのまま10~15分くらい放置プレイ・・・

触っても指に塗料が付かなくなるくらいに乾いたら、ここで『水だけでピッカピカ 磨きのプロ一番』の登場
ま~商品表示にメラミンスポンジやらメラミンフォームと書かれた研磨用台所用スポンジなら効果はどれも同じだけどな

で、このメラミンスポンジを水につけて、キュッキュと真っ黒に塗ったパーツを磨いてみる
・・・すると
スジ彫りが浮き上がってきた32
恐竜化石発掘の瞬間のようなこの快感!
ま~恐竜化石発掘なんてした事ないけどね

あらかじめ彩色されていた所は、元の彩色まで擦り取らないように慎重に行おう
33
スポンジが届かない細かい所は爪楊枝の先で擦り取る

擦り過ぎてしまった所は、再びベチョベチョと塗り直して乾くのを待ち、その後メラミンスポンジで磨く・・・34

そんなこんなで、それぞれのパーツが磨けたら、再び組立てて・・・
作業終了!

どうよ・・・スジ彫りが浮き立って、ハズレフュギア感払拭
パンチが効いた感じになったぞい35

とは言うものの・・・黒でスミイレはちょっとキツかったか・・・
もっと薄いグレーとかにしておいた方が良かったかも・・・
まぁ、手持ちの塗料が黒しか無かったからね~
紅蓮弐式とかの赤系統の機体はブラウンとかの塗料でスミイレするとイイ感じになるかもしんない
好みにもよるが、俺的にはスミイレにはつや消しがお薦めかな~

多少面倒臭いけど、技術は全く必要ないし、メラミンスポンジ¥100ショップで手に入るし、水性ホビーカラーは1個¥120くらいなので、お手軽にガチャガチャフュギアにパンチ効かせたい・・・と考えてる人は是非ためしてみてね36









調子に乗って色々スミイレれしてみた

前回のミレニアムファルコン墨入れ好評だったので、調子に乗ってガンダムマーカー他の食玩にも墨入れしてみたぞい
先ずは同じエフトイズのSWビークルコレクション5からXウィングX00
ファルコンと同様巧くいくかと思いきや、コレがなかなかに難しい・・・
クリアパーツのキャノピー、翼の先端に付いているレーザー砲4門は取り外せるのだが、肝心の4枚の翼が取り外せない
尻部分がしっかり頑固に接着されているのだX04
わずかな翼の隙間ガンダムマーカーを突っ込んでみたが、所詮フェルトペン・・・思うように翼の裏側を塗ることが出来ない
うううむ・・・こうなってくるとXウィングの最大の特徴である翼の開閉構造恨めしい
さらにエンジンの(エアインテーク的な)穴も小さ過ぎ深過ぎて、ペン先が入らない&届かない・・・
ユルユルに溶いたエナメル塗料なら注ぎ込む事も可能なのだが・・・
そんなこんなで不本意な出来ではあるが、とりあえず墨入れ終了・・・
こんな感じに仕上がりました・・・
苦労した割にはイマイチな感じがするねX01X02X03

続いて10年位前の食玩狂乱期に発売されてたコナミの食玩ムービーメカシリーズ謎の円盤UFOからンターセプター墨入れ
当時ルナキャリアが欲しくて何個も買ったのだが、結局ルナキャリア引き当てられず・・・
どういうわけかスカイダイバーインターセプターばっかりダブった
余談になるが、俺的にはコナミのムービーメカシリーズまで発売された全ての食玩の中でも最高峰のひとつだと断言出来るだが、サンダーバードギャラクティカに比べて、この謎の円盤UFO彩色はイマイチだった・・・と記憶している
特にインターセプター塗装の雑さは眼に余るものがあった
・・・っう事で、今回ガンダムマーカーによって作監修正を加える事に
・・・で結果コレ!i01
ビフォー&アフターと紹介したかったが、ビフォーの撮影する前に墨入れしちゃったのでアフターのみスマヌ
うかつだったわ~
i02結果的に、厚めの白塗装で潰れていた細かい筋彫りが浮き出てのっぺりしてたボディの印象かなりメカニックな感じになったぞい
ちなみに中途半端に汚れている所は、元々雑に汚しスプレーが施されていた部分・・・
それと白部分以外エンジンメタリック塗装部分にはガンダムマーカーは弾かれてしまい役に立たない事が判明・・・
ま~エンジン部暗い彩色なのでグレーの墨入れしてもほとんど意味ないワケなのだがi03

最後はアニメメカ挑戦
去年帰省した際、地元のスーパーにて処分価格で販売されてた良く知らないメーカー宇宙戦艦ヤマトの艦載機食玩らコスモタイガー三座式ko01
ラインナップにあったコスモゼロブラックタイガーが欲しかったのだが、実際はコスモタイガーのバージョン違いが山のように出るという悪夢・・・
邪魔なので、ほとんどは実家に置き去りにして来てしまったが、1機だけ東京に持ち帰ったので、コイツを生贄にアニメメカの墨入れ実験開始~
・・・っう事で結果コレ!ko03
形状が単純・・・という事と筋彫りが少ない事もあって、30分程度作業終了ko02
拭き取る為の綿棒もたった1本事足りたko04
ニメの宇宙船類案外楽かも~
(ロボは面倒臭そうだが)
最後は食玩3機揃い踏みのショット!手前の500円硬貨で大きさを実感してちょ301

GUNDAM MARKER GM21 スミ入れ ふでペン グレー
販売元:Gundam

販売元:Amazon.co.jp

GUNDAM MARKER GM20 スミ入れ ふでペン ブラック
販売元:ジーエスアイ クレオス

販売元:Amazon.co.jp

スターウォーズビークルコレクション5 1BOX(食玩)スターウォーズビークルコレクション5 1BOX(食玩)
販売元:エフトイズコンフェクト
(2012-02-29)
販売元:Amazon.co.jp





ガンダムマーカーで墨入れに挑戦(後編)

前回までのおはなし~エフトイズの食玩・スターウォーズビークルコレクション5で念願のミレニアム・ファルコンを引き当てたものの、製品が余りにも綺麗過ぎるのでコレジャナイ感をヒシヒシと感じた犬計画。ちょうどその頃、巷にはガンダムマーカーというお手軽に墨入れ可能な商品があると知り、早速購入!・・・若干のプラモ狂四郎臭に不安を覚えつつも、ガンダムマーカーにて初墨入れを行ってみる事にした。

○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○

という事で、今回は実際にガンダムマーカーでの墨入れ作業をリポート

とにかく模型を塗装するなんぞ、学生時代ガンプラ作った時以来だから、実に20数年ぶり・・・
02最初のガンプラブームの時にも、フェルトペンのマッキー極細墨入れする小学生とかがいて、地元のプラモ屋のショウウィンドウにそういったガンプラが飾られているのを観る度に(当時中学生だった)俺と友人達「マジックペンで墨入れするなんて邪道もいいとこ・・・これだから小学生は・・・」バカにしていたものである
その自分が、まさか自らフェルトペンで墨入れしよう事になろうとは・・・トホホの境地である

今回の墨入れに使用したのは(株)クレオスガンダムマーカー・スミいれ ふでペン〔グレー〕ふきとりタイプである01
ではなく、あえてグレーを選択したのはファルコン白地なので黒はキツ過ぎるのでは?と思ったからである。後から考えれば、墨入れする場所に併せてグレーと黒を使い分ける方がより効果的に仕上がったかもしれない
今回は全くの初体験だったので、そこまで考えが及ばなかったのじゃい

07それでは早速作業開始
とりあえずミレニアムファルコンの外装の継ぎ目やパイプ等の凹凸にそってペチョペチョとガンダムマーカーで塗って行く
使った感触は、インクにプラモ塗料特有の粘りがある・・・というワケでも無く、年賀状等で使う筆ペンと全く同じ
このまま普通の筆ペンとしても使えるんじゃないかしら?ってな具合
ただし、水性インクなので、ハンドクリームをつけていたり&手油の分泌の多い人は、触った部分の油でインクが弾かれる恐れもある
作業前は手を洗って油を落とし、念の為ファルコン自体も食器洗剤等で軽く洗って油を落としておいた方無難かもしれない
それとアンテナレーザー砲塔等の細かいパーツは切り離してしまったり、本体に接着してしまったりしてからだと、拭き取り作業の時に困難を極める・・・と思ったので、ランナーにくっ付けたままで墨入れ&拭き取り作業を行った

03さて、作業レポートに戻ろう。外装の継ぎ目やパイプ等の凹凸にそってペチョペチョとガンダムマーカーで塗った後インクが乾ききる前に、綿棒やティッシュでインクを拭き取る
・・・すると、拭き取れ切れなかった凹部分にインクが残り、墨入れが行われる・・・という理屈である
しかし、調子に乗ってパ~っと広範囲を塗り過ぎると時間の経過でインクが乾ききって綿棒では拭き取れなくなってしまう危険性もある
なので失敗を避ける為、パネル数枚単位の狭い範囲でチョコチョコと塗ってはインクが乾ききる前に拭き取り・・・という地味でちまちました作業の連続となるのだ

04そんなこんなで約1時間ほどかかってようやく上面の半分の墨入れ作業が終わった~
やれやれ・・・結構面倒で肩がこる作業だったな~

ちょいと一休みじゃい

ま~根詰めて一気に仕上げようとせず途中で休憩を入れつつのんびりやった方が巧く行くような気もするしな~

使用してる用具もガンダムマーカー綿棒&ティッシュだけだし、有機溶剤も使用していないので、すぐ片付けれられるところは実に便利

そんなこんなで、3時間くらいを要して、ファルコンの墨入れ完了~
05こんな感じに仕上がりました
細かいモールドも浮き上がり、リアリティも格段とアップ!原型の良さが一段と引き立ちますな~
06何より自分で手を加えた事も有り、愛おしさもひとしお
ううむ・・・久々にプラモデルも本格的に作りたくなってきたな~

GUNDAM MARKER GM21 スミ入れ ふでペン グレー
販売元:Gundam
販売元:Amazon.co.jp

GUNDAM MARKER GM20 スミ入れ ふでペン ブラック
販売元:ジーエスアイ クレオス
販売元:Amazon.co.jp

スターウォーズビークルコレクション5 1BOX(食玩)スターウォーズビークルコレクション5 1BOX(食玩)
販売元:エフトイズコンフェクト
(2012-02-29)
販売元:Amazon.co.jp




作品一覧
サークルプロフィール
カテゴリ別アーカイブ
Amazonライブリンク
楽天市場
記事検索
ランキング
  • RSS
  • Dlsite blog