シルバースター

『シルバースタープラス』新予告編メイキング・その2

*前回までのお話・・・3年前に作った自主アニメ『シルバースター』をDLサイトへアップしようとした犬だが、予告編をもっと引きのある(ハッキリ言えばスピカ姫のポロリがある)モノに新しく作り直す事に決めた。だが、その為には、新しいナレーションを収録しなければならない。しかし犬にとって、ナレーションの吹き込みほど、バカバカしく情けない作業は無かったのである。

・・・というワケで、今回はナレーション収録のお話。
まず見て頂きたいのが、我がラヂオ映画舎の誇る録音システム!
ラジカセ・・・って、コレただのラジカセじゃんか!
(ひょっとしたら、ラジカセって何?って世代もいるかもしれないので補足説明。ホラ!『けいおん!』のアイキャッチに出てきた小型の磁気テープ!アレに音声を記録する機械だよ!80年代はコレが録音の主流だったんよ。左下にある四角いのがその磁気テープ。通称カセットテープねw。コレを上のラジカセの中に入れて、録音するワケ・・・。え?説明不要・・・?あ~このブログ読んでるのはどうせ昭和生まれのオッサンばっかりだものねえw)
なぜ、こんな旧式のシステムを使ってるのか?と問われれば、モチロン!
昭和初期の雰囲気を出すため細部にこだわって・・・と言いたいところだが、ホントは我がラヂオ映画舎にはコレ以外に録音出来る機材が存在しないから・・・なのだなw。
・・・右下にある紙にナレーションの走り書きが書いてある。無論、俺の直筆。紙は西友のレシートの裏を使用。なんて勿体無い精神溢れる地球に優しいサークルなんだろうねえ・・・ラヂオ映画舎!
さて、これで準備は整った・・・え?マイクが無い?
マイクいや、あるよ!ホラ、ラジカセの上のところ・・・内蔵マイクがあるだろ?ここに口を近づけて、ボソボソとナレーションを喋るわけだ。
収録場所は当然録音スタジオなどでは無く、我がボロ宿。なので、表の通りを廃品回収の車でも通った時点で、即アウト!
初めから撮り直し・・・
近所のオバちゃん連中が立ち話してても、即アウト!とにかくタイミングが難しいのだな。
さらにたった一人で、ブツブツボソボソと喋り続ける姿は、傍目には気が違ったとしか思えない危ない人物。
俺自身、「何やってんだ?俺?」って思いつつひたすら収録。
とりあえず、旧予告編に新しく2~3行のナレーションを継ぎ足して、済ますつもりだったのだけれど、3年の間に人の声って変わるものなのだねえ・・・。
旧予告編と声質が余りにも違い過ぎる!
なので、仕方なく最初から全て新しく撮り直すことに・・・嗚呼!また「シルバースター!シルバースター!シルバースタァ~!」って絶叫しなきゃならないのか・・・恥ずかしいなぁ・・・。
*そうして完成した『シルバースター・プラス』の新予告編はDLサイトで体験版として無料でダウンロード出来ます。ま~ちょっと聞いて見てよ^^;

『シルバースタープラス』新予告編メイキング・その1

*↓英語圏での発売が始まりましたのでURL載せときます。外国人の方も是非観てね!
This work is now available through DLsite.com.
 You can access the page by clicking on the banner below.
http://www.dlsite.com/ecchi-eng/work/=/product_id/RE084152.html

『シルバースター』の予告編、アップされました。
全年齢・・・って事で出したんだけど、結局『R-15』に指定されちゃいましたw
やっぱり、ラストのスピカ姫のポロリ・・・がマズかったんだろうな~・・・って完全な確信犯なんだけれどねw

ところで、対応OSがWinのみになってるけど、ファイル自体はMPEGなので、MPEGファイルが再生出来る環境ならOS関係無く再生出来ると思います。
MacOSの事はよく解らんけど、MPEGファイルが再生出来るなら、是非ダウンロードしてみてちょ。

さて今回は、その『シルバースター』の体験版予告編の音声についてのお話。
拙作の自主制作アニメ『シルバースター』は、監督・脚本・作画・3Dのモデリング&アニメート・音楽・効果・音声と全て、犬計画こと俺がたった一人でやっておるのだが、この中で最も小っ恥ずかしいのが、音声なのよ。
本来なら、声優さんを雇いたいところだが、そんな金があるはずも無く、また声の出演をしてくれそうな奇特な人間も周りに全く居ない状況としては、必然的にキャラの声も俺一人でやらなくてはならないワケ。
以前造った自主制作アニメでは、字幕で処理してみたり、音声を一切使わない『トム&ジェリー』方式にしてみたり・・・とか試行錯誤してみたけれど、どっちも評判がすごぶる悪くて、結局音声が入っていないとダメなんだ!という結論に至ったワケよ。
しかし、男キャラの声なら声色を変えて無理矢理演じ別ける事も可能かもしれんが、女子キャラはどうすんだ?と悩んだ挙句、思いついたのが『活動弁士』方式!
よーするに、無声映画の画面に合わせて状況を弁士が独特の口調で説明していく・・・っていう昭和初期のアレね。
『シルバースター』の場合は爆発や水の音とかの効果音が入っているので、ホントは完全な無声映画じゃないんだけどw。
話変わるが、実は08年のニッポン放送主催のコンペに出品した時に、1分間の予告編が必要・・・って事だったんで、その時に予告を作ったんだよね。
その予告編、本編のシーンが全く使われていない、それ自体単体で完全新作の短編になってる・・・というモノで、「予告編なのに本編のシーンが使われて無いじゃん!」っていうギャグになってたんだけど・・・(当時関係者でそれを指摘した人は誰もいなかった。俺の作品に対しては関係者一同全く無関心だったみたいだから・・・w)
で、以前別のサイト(現在は閉鎖しちゃいましたw)に出店してた時にその予告編を体験版として無料ダウンロード出来るようにしてたんだけど、今回もそれを体験版として使おうかな・・・って最初考えてたのね。
けれど、やっぱり本編の面白さを伝えるには、真っ当な作りの予告編にした方が良いだろう!と考え直し、このほど3年ぶりに予告編を新しく作ったわけです。
・・・しかし、そうすると活弁(ナレーション)をまた新しく撮り直さなきゃならない!
うわ~面倒臭い・・・つうか恥ずかしいなぁ・・・っていうところで、活弁の新収録の様子はまた次回・・・

やっと編集作業終了しました。

自主制作アニメ『シルバースター・プラス』。体験版として新しく予告を作ろうと一昨日辺りに思い立ち、ナレーション(活弁)の収録、さらに本編から名場面を抜き出して繋げたり・・・テロップを作ったり・・・と、たった1分間の予告編なれど大変だった。
ま~何が大変だったか・・・と言えば、作ってから3年以上も経過しちゃってるので、ソフトの使い方をすっかり忘れちゃった・・・という事ですな~。
歳はとりたくないもんだわ。
とりあえず、さっきようやく完成して、DLサイトさんへ予告登録しておいたので、数日中に皆様の御目にもとまるかと思います。
体験版は無料なので、アップされてたら是非ダウンロードして観てね。
予告編の裏話等は後日改めて書かせてもらいます。本日は(色んな意味で)疲れました~。撃沈~!

シルバースターの思い出・・・

この夏の残暑が長かった事もあり、どうにも作画が進んでいない『駄菓子解剖図鑑3・不思議な玩具編』。
ピクシブにも一向に新作出さないし、ラヂオ映画舎にも新作予告も無し!
犬はいつまでサボってんだ?!ヤル気が無いのか?・・・と言われそうで・・・
いや!それよりも皆さんに早くも忘れ去られそうな気配なので、そろそろ何か出さなければ・・・と焦っている。
で、過去作品を出すのは、俺としては誠に心苦しいのだが、拙作の自主制作アニメ『シルバースター』をDLサイトさんに出品しようか・・・と思い立ち、体験版の編集を思案中。
SS+ポスターこの『シルバースター』2007年に完成してその年のTBSデジコン、翌08年のニッポン放送デジタルショートアワードという2つのショートフィルムコンペディションで上映された作品。
08年のニッポン放送デジタルショートアワードでは新宿の映画館(なんて劇場だったか忘れた!手前に広場的な所がある劇場)で全編がオールナイト上映されたので、奇特な方は観たことあるかも・・・。
しかも、上映された15作品の監督(俺もその中の一人)全員がそれぞれ自作の上映の前と後に5分程度のトークをしなけりゃならない・・・という過酷な罰ゲームが付いてた!
俺は5番目だったのだが、俺の後トーク終了後に、急遽運営側から「次の監督から前トークのみで後トークは無し!という事に・・・」という通達が来た。
え~っ!まるで、俺のトークが思いっきりすべったんで、次の監督からトーク半分カットになったみたいじゃんか!(確かに・・・俺的には頓智の効いたジョーク連発のつもりだったが・・・会場からはクスリ・・・とも笑いが起きず凍りついたようだった・・・)
も~、あの晩は、今思い出しても顔から火が出るほどの赤っ恥だったな~^^;
あんまり大勢の前には出るもんじゃないね~
PS・これから『シルバースター』のCMも兼ねて、この作品のメイキング的な思い出話をぼちぼち挟んでいこうかと思っております。宜しくね!
作品一覧
サークルプロフィール
カテゴリ別アーカイブ
Amazonライブリンク
楽天市場
記事検索
ランキング
  • RSS
  • Dlsite blog