コードギアス

ロボ魂・グラスゴー買ってみたぞい&スーパーグラスゴー誕生・・・の巻

01今回はロボ魂 ナイトメアフレーム(KMF) グラスゴーを御紹介。

R2以降に登場の ビュンビュン空飛んじゃってるトンデモKMF に辟易してる俺にとっては、初期のKMFに漂う陸戦兵器の匂い漂うグラスゴーは、サザーランドに次ぐお気入りKMFなのである

そんなグラスゴーであるが、オフシュート版って出てたっけ?
俺は店頭で見かけたこと無いんだけど・・・通販のみだったのかしら?

なので、今回の比較に使用したのは、色違い&首違いでほぼグラスゴーの無頼・黒の騎士団機のオフシュート版

先ずはパッケージの大きさ比較

02前回のランスロットより箱の厚みは半分に減ったものの・・・まだまだ無駄に箱が大きいような気がするなぁ・・・

・・・で、内容はこんな感じ・・・
03やはりブリスターを2段(或いは差し換えハンドをポリ袋へ)にすれば箱の大きさは半分に削減出来ると思うんだけどねえ・・・

さて、肝心のグラスゴー本体であるが、

オフシュート版の無頼と並べてみて、大きさもシルエットも大して変わり無いように見える
06
しかし全体のエッジは格段に鋭くなり、関節部等のメカが露出している部分にソレっぽいパーツやモールドが追加され、アニメっぽいオフシュート版の無頼に比べて、より兵器としてのリアル感が増した感じだ

オフシュート版の無頼では固定だった両肩のスラッシュハーケンも上下に回転出来るようになり、差し替えで発射状態も再現可能・・・0405
ただ俺の個体は左のスラッシュハーケンのポロリが半端ない・・・トホ

脚の可動範囲は、オフシュート版の無頼も自由度は高かったが、ロボ魂グラスゴーは足首の可動範囲も広くなったので、かなりの大股開きでもちゃんと両脚接地が可能12

・・・とまぁ、月日が経った分、あらゆる面でオフシュート版の無頼を凌駕するのは当たり前、劣る面はなぞ無いと感じられたロボ魂グラスゴーであるが・・・

決定的な問題点が・・・

ソレは、オフシュート版の無頼(というかオフシュート版KMFのほとんどにあった)コクピット開閉機能が省略されておる!ということである

07前回のロボ魂ランスロットはオフシュート版でもコクピット開閉機能が省略されておったので、まぁ仕方がないか・・・と納得したが、グラスゴーでも省略って!
まさか、今後発売されるであろう全てのロボ魂KMFのコクピットから開閉機能を省略する方針なのか?バンダイ!

ううむ・・・これは問題ですよ・・・ボトムズATのコクピットハッチが・・・エルガイムの脚が・・・開閉しないのと同じくらいの重要な案件ですよ!これは!

そこで思いついたのが、オフシュート版の無頼のコクピットをロボ魂グラスゴーに無理矢理くっ付けてみようという作戦

背面を見比べてみると、ロボ魂グラスゴーのコクピットは随分幅広になってる感じがする・・・10

・・・が、双方のコネクト部分の形状は驚くほど似てる・・・15

コレはイケるかも・・・

ということで、無理矢理押し込んでみたら、思いの他サイズピッタリで普通にくっ付いた

・・・で、コレがオフシュート版の無頼のコクピットを搭載したロボ魂グラスゴー
名づけて スーパーグラスゴー
16コクピットの色が明かに機体と異なるが・・・コレはコレでカッコイイ!17

とどめは、夢のコクピット開閉機能の再現・・・18

むぅ・・・やはりKMFにはこの機能が無くては!
お手軽にコクピット開閉実現出来るこの差し換え遊び、オフシュート版の無頼を持ってる御仁は試しに一度やってみそ!


ROBOT魂 [SIDE KMF] グラスゴー (亡国のアキトVer.)
ROBOT魂 [SIDE KMF] グラスゴー (亡国のアキトVer.) [おもちゃ&ホビー]
IN ACTION!! OFF SHOOT 無頼(黒の騎士団機)
IN ACTION!! OFF SHOOT 無頼(黒の騎士団機) [おもちゃ&ホビー]


今更だけど・・・ロボ魂・ランスロットを買ってみたぞい・・・の巻

多分に今更・・・な感もあったが、ロボ魂のランスロットを買ってみた。
メーカー希望価格4千円越えの高価なブツだったので躊躇しておったのだが
昨年末の発売から既に2ヶ月以上経過してるせいか 半値近い2千円台半ばのお手頃価格になっておったので購入に踏み切った次第14

で、ひさびさに買ったロボ魂であるが・・・
箱・・・デカイな~
最近のトイは、どうしてこう箱が無駄にデカイのかしらねえ・・・
明らかにあと二回りくらい箱小さく出来んだろ!って思うフュギアとか多いよな~

このロボ魂・ランスロットも御多分に漏れず
フュギア本体の大きさに比べて箱デカ過ぎ01
03コクピット部分が後に大きく張り出しておるので厚みが出るのは仕方が無いとしても、他の部分がスカスカ・・・
付属品のブリスターを2段にしてくれりゃ箱の幅は半分に出来たはず!
こう無駄に箱が大きいと保管場所に困るんだよな~
こちとら大陸に住んでるワケじゃねえんだから日本の住宅事情を考慮してもっとコンパクトに収まるようなパッケージにして頂かないと・・・

さらに、ブリスター越しに覗く大の字ポーズのランスロットは、かなりマヌケに見えたりもして
ううむ・・・これは2千円台半ばでもちょっと高いんじゃ・・・と一瞬思ったりもしたのだが・・・02

実際、箱から取り出していじってみると、印象が180度変わった

とにかく、よく動く!

驚くほど可動範囲が広いのだ
05

先ず誰もが指摘しておる通り、足首の構造が以前バンダイから発売された同スケールのインアクション・オフシュート版と根本的違う
オフシュート版のランスロットは足首がほとんど可動出来なかったため、足の接地に多大な問題があったが、
今回のロボ魂は前後スイングはもちろん、横ロール用の関節も新たに仕込まれておるので、大股開きをしても、ちゃんと足裏を地面に接地する事が出来るようになった!
これだけでもポージングの幅はずいぶんと大きく広がった06

さらに肩の付け根は前方に引き出せる構造になっており、銃や剣を自然な形でホールド出来るように工夫されておる09

肘は三重関節になっており、伸ばした状態からは想像しにくいが、驚異的にほぼ180度まで曲げる事が出来る08

アニメロボットでありながらに、美術用のポーズ人形をはるかに越える可動領域
バンダイさまには、このロボ魂の技術を応用して、美術用のポーズ人形を造って頂きたい!
おそらく現行の美術用のポーズ人形なんぞ足元にも及ばない ほぼ人間と同様のポージングが可能なポーズ人形が出来上がるであろう
アニメーターや漫画家に猛烈に売れる・・・と思うけどな13

可動域の他にも幾つかオフシュート版と異なる点がある。
顕著なのが頭部の形状の違い
マジンガーZとグレートマジンガーくらい違う
個人的にはオフシュート版の方が俺の好みではあるが・・・07

それから、今回新たなオプションパーツとしてブレイズ・ルミナス(ビーム盾)が付属
ブツは単なる切り抜いた透明プラ板みたいでそこはかとないショボさが漂うのだが・・・本編でもこんな感じだったっけ?11

他の付属品はオプションハンドやら銃やら剣やらハーケンやら・・・
この辺りはオフシュート版とあんまり変わりばえしないな~
スラッシュハーケンの数は増えたけど・・・

それとコクピットの開閉は今回も省略・・・差し換えでもいいから展開出来るようにして欲しかったな~

最後に、ナイトメア最大の特徴であるランドスピナー
オフシュート版の単なる1点のボールジョイント軸の頼りないモノから2軸構造で横へも展開可能な立派なモノにパワーアップ10
ランドスピナーを使ったローラーゲームのような戦闘アクションがナイトメアフレームの最大の魅力だからねえ
この部分の強化は欠かせませんよ
正直、俺は 飛行ユニット常備のR2以降のナイトメアは今ひとつ好きじゃないのよね~
そんな意味でも次々回発売のロボ魂・グラスゴーには大いに期待!
ついでに俺の最もお気入りのサザーランドもロボ魂でグレードアップしてニューアル発売してくれると嬉しいんだなぁ12
ROBOT魂 [SIDE KMF] ランスロット
ROBOT魂 [SIDE KMF] ランスロット

追記/
多分個体差だと思うが、俺の購入したものは股関節が若干ユルかったので、一度外してジョイントのボール部分に瞬間接着剤を数滴付けて太らせてみた
そのまま数十分間放置・・・瞬間接着剤が完全に乾いた事を確認してから、股間を元通りはめ直す
するといい具合に保持力が復活したぞい04

ガチャガチャフュギアにお手軽スミイレしてみよう・・・の巻

**これまでのお話**
30年ぶりにガンプラを作り始めた筆者・犬計画。
30年前には存在しなかったガンダムマーカーで彩色を試みたものの、その使い勝手の悪さに閉口・・・
さらに塗り終えた黒部分が光沢だった為に激怒!
(犬計画は黒の光沢が大嫌いなのだ!)
思わずガンダムマーカーを投げ捨てた犬計画は、30年前同様の方法で彩色する事を決め、三度、魔都・池袋の某量販店に水性ホビーカラーと筆を買いに行くのであった。


そんなワケでここ最近3日1度くらい割合で池袋の某量販店へ来てるような感じであるが、ついでにガチャガチャなんぞも色々眺めておったら、NEOロボティクスACT02コードギアス(1回¥300・・高ッ)というのが出てたので、やってみたぞい

ランスロット狙いだったのだが、出たのはアレクサンダ・・・

28『亡国のアキト』に出てる機体らしいのだが、映画観てないので詳しい活躍はわからん
が、ナイトメアというよりなんとなくメダロットに出て来そうなメカデザイン正直微妙・・・
しかも、ラインナップにある他の2機(紅蓮弐式とランスロット)に比べて彩色されている箇所が圧倒的に少ない・・・一見したところハズレ・・・と判断
¥300損したな・・・と若干後悔しつつ帰宅

帰宅後、開封して組立ててみたところ、肩には上下可能なジョイントが仕込めるようになってたり、各部がモノシャフトで回転するようになってたりと、従来のガチャガチャ塩ビフュギアに比べれば可動範囲が向上した作りになっていた
しかも全身には細かな筋彫りが施されている・・・
フュギア自体の出来は決して悪くないのだが、全身真っ白というのがなんともマヌケなハズレアイテム感を醸し出しているのだ・・・
惜しいなぁ・・・磨けばコイツはもっと光るフュギアになるのに・・・

29・・・という事で今回はガンプラ製作番外編として、買ってきたばかりの水性ホビーカラーと筆、そして前回にも大活躍した¥100ショップで購入したメラニンスポンジ『水だけでピッカピカ 磨きのプロ一番』を使って、アレクサンダにスミイレを施してパンチの効いたガチャガチャフュギアに変身させるぞい

先ずは、フュギアをパーツ単位に分解できるところまでバラバラに分解する
この手のガチャガチャフュギアは、差し込み部分=可動部分な場合が多いので、分解せずにそのまま塗料を塗ると、塗料が差し込み部分に流れ込んで乾燥後に癒着→可動しなくなってしまうという結果になってしまう事があるのだ!
それを防ぐ為に可能な限り取り外せる所は取り外しておく
ただし、間違って分解出来ないパーツまで千切り取ってしまわぬように慎重に・・・

次に水性ホビーカラーを少量皿に取り適度に水を加えてフュギアに塗っても弾かれない程度の濃度に調整する(足の裏とか目立たない場所に験し塗りしてみよう)
ちなみに今回使用した塗料つや消し黒(元々AGE2の黒部分を塗る為に買って来たものですから
調合に使う塗料専用の皿も10枚¥80くらいで売られておるが、俺は3個¥100のヨーグルトの容器をひっくり返して皿の代用にした30

さて、塗料の準備が出来たら、フュギアのスジ彫り部分にベチョベチョと塗っていこう
はみ出しても全然構わない
とにかくスジ彫りの中に塗料を流し込む感じで、ベチョベチョと・・・
小さくて持ちづらい時には爪楊枝の先に刺したりして工夫しよう
アレクサンダは全身に刺青のようにスジ彫りがモールドされているので、結局全て真っ黒に塗ってしまった31

塗り終わったらそのまま10~15分くらい放置プレイ・・・

触っても指に塗料が付かなくなるくらいに乾いたら、ここで『水だけでピッカピカ 磨きのプロ一番』の登場
ま~商品表示にメラミンスポンジやらメラミンフォームと書かれた研磨用台所用スポンジなら効果はどれも同じだけどな

で、このメラミンスポンジを水につけて、キュッキュと真っ黒に塗ったパーツを磨いてみる
・・・すると
スジ彫りが浮き上がってきた32
恐竜化石発掘の瞬間のようなこの快感!
ま~恐竜化石発掘なんてした事ないけどね

あらかじめ彩色されていた所は、元の彩色まで擦り取らないように慎重に行おう
33
スポンジが届かない細かい所は爪楊枝の先で擦り取る

擦り過ぎてしまった所は、再びベチョベチョと塗り直して乾くのを待ち、その後メラミンスポンジで磨く・・・34

そんなこんなで、それぞれのパーツが磨けたら、再び組立てて・・・
作業終了!

どうよ・・・スジ彫りが浮き立って、ハズレフュギア感払拭
パンチが効いた感じになったぞい35

とは言うものの・・・黒でスミイレはちょっとキツかったか・・・
もっと薄いグレーとかにしておいた方が良かったかも・・・
まぁ、手持ちの塗料が黒しか無かったからね~
紅蓮弐式とかの赤系統の機体はブラウンとかの塗料でスミイレするとイイ感じになるかもしんない
好みにもよるが、俺的にはスミイレにはつや消しがお薦めかな~

多少面倒臭いけど、技術は全く必要ないし、メラミンスポンジ¥100ショップで手に入るし、水性ホビーカラーは1個¥120くらいなので、お手軽にガチャガチャフュギアにパンチ効かせたい・・・と考えてる人は是非ためしてみてね36









作品一覧
サークルプロフィール
カテゴリ別アーカイブ
Amazonライブリンク
楽天市場
記事検索
ランキング
  • RSS
  • Dlsite blog