ガンダムマーカー

ロボがカッコ良かったから買ってみた「食玩・テンカイナイトXモード超造形フュギア」・・・の巻

今回はテンカイナイトの食玩について御紹介するぞい

そもそもテンカイナイトとはなんぞや?

全くわからんが、
前回紹介したのエフトイズの食玩・はやぶさと宇宙ロケットの側に、
この食玩が置いてあったので、ひょいとパッケージを眺めたら
なんか・・・カッコイイなコレ・・・と思ったので
試しに2個ほど購入してみた次第

後で調べてみたられっきとしたアニメらしい
エフトイズのオリジナルロボかと思った
01

ちなみに我が玩具コレクションには、アニメなのか?ゲームなのか?何に出てたのか全くわからんが、
一目見て カッコイイ!カワイイ!てな理由で購入してしまったフュギアやトイが数知れなく存在しておる


さてこのエフトイズの食玩・テンカイナイトXモード超造形フュギア

バンダイの食玩ガンダムコンバージ同様、
箱の中に何が入っているかがパッケージで判別出来る貧乏コレクターにとっては大変ありがたいシステム
03

本編アニメを一切観たことないので、各ロボがどのような立ち位置なのか知りようもないが
パッケージのラインナップを見る限り
グランゾードっぽい1ブレイヴンXボリューム有りそな3ヴァローンXが気に入ったので
この二つを購入することに決めた
04

・・・が、店頭で1ブレイヴンXは容易に見つかったが、3ヴァローンXは発見出来ず
本編アニメを視聴しておるチビッコ達によほどの人気機体なのか?
或いはアソート率が異常に低いのか・・・?


仕方がないので、代わりに2トリビュトンXを購入
06
02

箱の大きさはバンダイの食玩ガンダムコンバージと同じくらい

某量販店価格で税込み¥367で、
これもバンダイの食玩ガンダムコンバージと同程度

いやがうえにも高まる期待
ガンダムコンバージ並の完成度と彩色を期待しつつ、いざ開封

ところが・・・

えっナニコレ

出てきたのはバラバラに分解状態でビニールパックされたフュギア

コンバージみたいな完成品じゃないんだ・・・
05

しかも箱に比べて物凄く小っちゃい感じ・・・

・・・て言うか、一昔前のユージンのガオガイガー関連のガチャガチャみたい
07

09

1110
12
13
14
うう~む・・・
これでも俺なりにパッケージ写真に近づけるように
カッコ良く撮ろうとかなり頑張ったのだが・・・ど~もマヌケな感じが

そもそもパッケージ写真と実物のフュギアは
雰囲気がずいぶんと違うような気がするの~


パッケージと中身のフュギアの差が、ほとんど感じられないガンダムコンバージとは大違い

中身がコレじゃあ・・・パッケージ写真のようなフュギアを期待してたチビッコ達もさぞガッカリだったと思うぞい
16

さらに可動フュギアと謳っておるくせに
可動部は胴体のダボ穴に刺し込んだだけのパーツ(首・腕・脚・手首)
1軸回転するだけ・・・というお粗末さ


どこが可動フュギアだよ

肩関節にスウィング機能を持つガチャガチャのSDガンダムNEXTの方が
全然可動領域が広くてポージングもプレイバリューも高いよ


15
08

こりゃ失敗したなぁ~観たことも無いアニメの食玩2個も買うんじゃなかった!大損失だよ~

・・・と後悔する事しばし・・・

あまりのガッカリ度に、そのまま箱に戻して封印しまおうか・・・とも考えたが
フュギアを改めて見てみると、原型そのもの出来は悪くない・・・
彩色が余りにも残念なので、フュギアそのものがショボく見えてしまっておるのだ!

メリハリを付ければ、見栄えは格段に良くなるハズ

・・・と半ばヤケクソで困った時のガンダムマーカースミイレ筆ペンブラックでスミイレしてみることに・・・
17

先ずは全体を湯煎して柔らかくし、パーツを抜け易くして
分解可能な限り、ブレイヴンXをバラバラにする


22

次に各パーツの凹凸やモールドを根気よくガンダムマーカースミイレ筆ペンで大まかに塗り、余分を綿棒で拭き取る・・・といういつものスミイレ作業を進めてゆくわけだが・・・

なにぶんブツが小さいためスミイレ筆ペンの先端がフュギアの凹凸にイマイチ巧く入らない
またモールドが浅過ぎるのか?材質のせいなのか?スミイレ筆ペンのインクが残らず全て拭き取られてしまうという箇所も数多

この時点でガンダムマーカースミイレ筆ペンでのスミイレは断念
18

さて、どうしたものか・・・

代わりに思いついたのが
極細マーカーのDELETEのNEOPIKO-Line-2(0.03ミリ)でスミイレ・・・というよりモールドをなぞり描く・・・というちょいムチャな作戦

19
20
21
23
24

せっせせっとと一心不乱にモールドを描き続けて、3時間くらいかかってようやく終了~

・・・で、完成したのがコレ・・・
25

どうだ!これならチビッコもガッカリしないであろう
26
27

ずいぶんとメリハリが付いた・・・コレでパッケージ写真に近づいたろ!
と比べてみたら・・・調子に乗ってモールド描き過ぎてた

29

28B

30

カプQアイアンマン・・・やってみたけど・・・の巻

 普段、真夏の昼中の強烈な陽射しの内なんぞ決して外出しない主義の俺なのだが、昨日は参院選の投票の為に渋々外出した。

 ・・・で、せっかく重い腰を上げて外出したのだから・・・と投票後、駅前の本屋で寄り道し、店内のエアコンで涼みつつ、玩具雑誌を立読みしておると、海洋堂のガチャガチャ・カプセルQから新しくアイアンマンが出るらしい
特リボで散々アイアンマンのバージョン違いを出した海洋堂・・・カプセルQでもか!等とツッコミ入れつつ、ラインナップを拝見すると、既に食傷気味のマークⅢのバリエーション以外にも、シルエットの全く異なるマークⅠや敵役のアイアンモンガーがあるじゃないの

01ううむ・・・正直スリムタイプのマークⅢのフュギアにはうんざりなのだが、マークⅠや敵役のアイアンモンガーはちょっと欲しい・・・
・・・というかガラクタ集めたブリキ缶のようなマークⅠの造形は俺的にかなり好み!
・・・コレいつ発売なんだ?

おっ!7月発売となっておるので、もう発売されてるじゃないの!

時計を見ると、まだPM3:00ちょっと・・・

今から池袋まで脚を延ばして、ちょっくらカプセルQでマークⅠを当ててくるか!

・・・という事で、その場から池袋の某量販店まで炎天下の中、日頃の運動不足解消の意味も込めて、池袋まで徒歩で移動

途中から地下通路を利用したとは言え、この時期の陽射しと暑さは正直しんどかった・・・
しかも日曜なので某量販店の玩具売り場はチビッコ達でごった返しておって、息が詰まる
カプセルQ以外にウルトラ怪獣500も物色して来ようかしら?なんて呑気に考えておったのだが、それどころじゃない!

まぁ・・・とりあえずカプセルQを1回やろう

で、出たアイテムは何かと言えば、マークⅢバトルダメージ・・・

マークⅢタイプはもういいよ・・・と思っておった中でも、もっとも欲しくないブツであった

そのボリュームは一昔前のウルトラやライダーのガチャガチャフュギアとほぼ同じ・・・しかもモールドも甘く、塗装も雑・・・どうにも全体的にぼやけた感じの出来・・・これで¥400・・・って、いくらなんでも高過ぎるだろ!02

とにかくカプセルQの価格は高過ぎる!
カプセルが不透明だからブツ本体を視認する事も出来ないし、実物見本が展示されてるワケでもないので頼りになるのはマシーンに添付された写真のみ、そんなバクチに1回¥400もの大金を投じるのはリスク高過ぎる

コレが¥200か¥300なら、欲しいのが出なくても「もう1回やってみっか!」という心理が働かなくもないが、1回¥400となると、初っ端で欲しいのが出なかった段階で「嗚呼!¥400損した!もう二度とやらねえ!」という心理の方が強く働く・・・ような気がする

少なくとも俺はそういう心理がカプセルQ・ティラノサウルスの時も大きく働いて、もう1回チャレンジ!という気にはとてもならなかった
今回も同様に「¥400もの大金投じて何やってんだ?俺!」という自責の念の方が遥かに大きく、早々に玩具売り場から退散して来た

さて・・・帰宅後も「コレ・・・どうしたもんか?」後悔の念に途方に暮れておったのだが、とりあえずブログネタに使うか・・・と組立ててみた

・・・で、組立てたのを写真に撮ってみた

しかし・・・見れば見るほど・・・

ダメだな・・・コイツ

・・・改めて見てみても・・・昭和のキャラメルのオマケ並に寝ぼけた感じのフュギアだな~

そもそもカタログの写真と全然違うじゃん!03

いい加減何枚か写真撮った後、即ゴミ箱へ・・・とも考えたが、1回¥400・・・あまりにも勿体無さ過ぎる

ううむ・・・こんな時は
困った時のドラ頼み~ 一家に一本、ダメフュギアを復活させる万能アイテム・ガンダムマーカー筆ペンで、スミイレしてみっか・・・04

・・・てな感じで、ヤマト2199を横目で観ながらガンダムマーカー筆ペンでスミイレ開始・・・失敗したら即ゴミ箱へ直行・・・

今回、腕・脚・胴とかのアーマーの継ぎ目を重点的にスミイレしてみた

約1時間でお手軽にスミイレ終了・・・

050607格段に見栄えが良くなった・・・とまではいかないが、即ゴミ箱へ・・・を免れるくらいまでには何とか回復は出来た・・・と思う
俺と同様に、実物を手にしてガックリ来た・・・という御仁は是非お試しを・・・08

30年ぶりにガンプラを作るぞい<ガンダムマーカーで塗装>・・・の巻

**これまでのお話**
ようやくガンプラAGE2の製作を始めた筆者・犬計画・・・
対象年齢8歳~・・・の表記に、肩慣らしにチャッチャと完成させる等の余裕をみせていたものの、ランナーからパーツを切り離した時に出来るゲート跡の処理に手間取り、ひとつのパーツを切り取りヤスリがけするだけで、なんと2時間もかかってしまった・・・


つうことで、今回はいよいよガンダムマーカーで塗装するぞい
思えば・・・30年前最初のガンプラが発売された当時は、ガンダムマーカーなんて、まだ存在してなくて、塗料といえばレベルのラッカー系、タミヤのエナメル系、そしてレペだかホッペだかいう名称の水性模型塗料が出始めた頃だった

当時中学生だった俺はもっぱら水性模型塗料を使って筆で塗装しておったじゃ
ラッカー系やエナメル系は筆を洗うのに、専用の洗浄液(これがシンナーとかを使っておったのでとにかく臭くて有害だった)が必要だったのに対し、水性模型塗料普通の水道水で筆が洗えた・・・っていうのが、健康的にも経済的にも良かったからなのだな

ま~そんな昔話はさておき、現在では筆や洗浄液の用具を揃える必要もなくガンダムマーカーなるマジックペンみたいなの一本でお手軽に塗装出来るようになったのだから、時代は変わったものよの~

正直なところ、前回のSWの食玩でファルコンのスミイレをガンダムマーカー筆ペンでするまで、ガンダムマーカーなんてバカにしてたんだよね・・・
でも実際使ってみたらガンダムマーカー筆ペンはもの凄く便利だった
目からウロコだったねえ・・・

で、今回使用するのはガンダムマーカー塗装用
どんな実力を見せてくれるか楽しみじゃの~

という事で、ガンダムマーカー塗装用の実力を見せてもらう為に、いきなり件のガンダム眼部分を塗ることにした
で、コレが眼のパーツ・・・22
手で直接持つのは困難なほど小さなパーツの為、洗濯バサミで掴んで塗装
洗濯バサミの大きさからパーツの小ささを推測してくれい


ちなみにガンダムマーカーの先端はこんな感じになっておる・・・
21
思ったよりペン先は太くて、使い辛そうな感じ・・・
ペン先をガシガシ上下させると軸から塗料がじんわり・・・と染み出して来る仕組みなのだが・・・ちょっとコレ出過ぎじゃ・・・

一抹の不安を残しつつ、眼の緑色を塗装・・・
大いにハミ出しまくったが、上から黒で巧く塗れば何とかなるであろう・・・

・・・という事で、黒を塗ろうと待ち構えていたのだが・・・
こんなちょっとした範囲なのに、先に塗った緑色がなかなか乾かない・・・も~こんな小さな範囲なのに・・・イライラするなぁ・・・
23
ただぼんやりと眼の緑部分が乾くのを待っていても仕方が無いので、その間別のパーツの塗装(AGE2の背中の黒い溝の部分)を黒のガンダムマーカーで行う事にする

と、始めたはいいが・・・ペン先には滴るほど塗料が染み出しているにもかかわらず、パーツにはまだら状態にしか塗れていない
ペン先が塗装する面とちゃんと接してなかったのがマズかったのかとペンを寝せたり立てたりしてみたが、今度は以前塗れていた所の塗料をペン先が引掻いて、塗料を剥がしてしまう始末・・・

さらにAGE2の変形時にパーツを差し込む穴の中を塗装しようと思ったら・・・なんとペン先が奥まで届かないではないか!
え~ッ26
そんなこんなで、一部(パーツ差し込む穴とか)塗れないままだがとりあえず塗装終了・・・
これまた乾くまで相当時間がかかる・・・と思ったので、今度はようやく乾いたと思われる眼の周りを黒く塗装・・・
と、行きたいところだが、さっきのAGE2の背中の黒い溝の部分、今の眼のパーツに比べたら何倍もの大きさであったにも関わらず、恐ろしく手間取った・・・
それを考えただけでも、こんな小さくて繊細な範囲をあの大味なガンダムマーカー塗装用黒で塗るのはまず不可能・・・

もっと繊細な筆先のガンダムマーカースミイレ筆ペン黒でなきゃ無理・・・
結局ガンダムマーカースミイレ筆ペンで眼の周りを塗装・・・しかしこのスミイレ筆ペン黒、塗装用に比べて色が薄いので、何度も重ねて塗らねばならず、恐ろしく手間がかかった
24
そんなこんなで眼の周り(と額)の塗装完了・・・
ふひ~疲れた・・・25

ところで、黒のガンダムマーカーで塗ったAGE2の背中の黒い溝の部分の方はどうなったかな・・・そろそろ乾いた頃だと思うが・・・

ぎゃああぁああ!なんじゃこりゃぁあ!

つ・・・つや有りになってるうぅう・・・

この黒い溝の部分は設定では穴の訳だからつや消しじゃなきゃいけないはずなのに・・・
テッカテカのつや有りになっちゃってるじゃんか
ええ~?ガンダムマーカー塗装用ってつや有りだったの?(どこにもそんな事書いてないが・・・)
つや消しでも半光沢でもなく?
テッカテカのつや有り・・・

こんなもの使えるか~ッ!
ガシャ~ン!27

はぁはぁはぁ・・・嗚呼!イライラするわ~ガンダムマーカー塗装用

俺は何が嫌いって、鰻の次につや有り塗料が嫌いなんじゃ~い
嗚呼!使えねえ!ガンダムマーカー塗装用!もう二度と買わねえ!

安易な流行モノに飛びついた俺さまがバカだった・・・
やっぱり塗装は昔ながらの筆で塗らなきゃダメだ
明日、水性模型塗料を買いに行こう
無論、つや消し黒をな

〈お知らせ〉私、犬計画が描いた漫画「博士大戦」后篇第1話が¥100でブクロクのパブーで配信中!しかし、全く売れておらず大変悲しい思いをしております巨大ロボが闘うバトルギャグ漫画なので、巨大ロボとかに興味有りの方は、試し読みだけでも是非とも宜しくお願い

ガンプラ組立てに必要なものを買出しに行ってきたぞい!の巻・その弐

**これまでのお話**
全部揃えるとガンプラの神様・シェンロンが現れて、どんなガンプラでも巧く作ってくれるという・・・伝説のガンプラ道具を揃えに魔都・池袋へ出向いた筆者・犬計画・・・
帰宅後、これで全てのガンプラ道具が揃った・・・と安堵したのも束の間、いつまで待ってもシェンロンは出てこない・・・
どうやら予言の書『ガンプラ入門』によれば、まだ紙ヤスリとガンダムマーカー消しペン・ピンセットが揃っていないという事らしかった・・・


という事で、前回の続き・・・

オッス!オラ悟空(堺正章)

日曜大工で使った紙ヤスリもピンセット代わりに用意した毛抜きも役に立たないとわかったので、仕方ねえから、、再びクソ暑い中、池袋へ行った来たゾ

今度は必要なモノリストのメモを用意して行ったので、買い逃しは無し!
・・・のハズ
ちなみに今回買ったガンプラ道具はこちら・・・
07模型用の紙ヤスリセット接着剤ガンダムマーカー消しペンガンダムマーカースミイレ用ブラウン、そして¥100ショップで見つけたピンセットの5点
ピンセットについては某量販店の模型コーナーに専用のモノが売っていたのだが、¥400~600くらいする

・・・ううむ微妙な御値段だ・・・
ピンセットなんて¥100ショップでも売ってるんじゃないかしら?とふと思ったので、帰り道数軒の¥100ショップを覗いてみたら、やっぱりあった!
ピンセットなんて、模型専用の精巧なヤツじゃなくてもいいんだが・・・と考えておる方は¥100ショップの手芸コーナー辺りに有るかも・・・なので、ちょい捜してみてちょ

さて今回買って来た道具の中に、ガンプラ製作とは直接関係無いモノが一つある

ソレは何か?

ガンダムマーカースミイレ用ブラウン・・・である

実は前回の買出しに行った時、ついでにウッデリックス・ライダーマシンという食玩を一緒に買って来たのだ
この食玩は色の異なるABS樹脂を混ぜ合わせて温もりのある木目調な雰囲気のフュギアを造りました・・・的なバンダイの新コンセプト食玩の第1弾らしい
そんな真面目なコンセプトなのに、なぜライダーマシンなのか? 
大いに理解に苦しむところなのだが、とりあえず食玩好き&ライダー好き&お手頃価格(¥280)だったので試しに2個ほど購入してみた次第
08
ちなみに出たのはサイクロンスーパー1のバイク(Vジェット)
1号&2号世代としては、サイクロンが出たのは嬉しかったが・・・ううむ
なんだかパッケージの写真と印象が違う・・・
どことなくのっぺりし過ぎてて・・・
コレじゃない感が・・・
ってコレ、SWの食玩のファルコンの時と同じ展開じゃんか!

じゃあ、やっぱスミイレするしかねえべよ!
09
・・・という事で、再度池袋へ赴いたついでに気を利かせて樹脂の色に併せたブラウンのスミイレ用ガンダムマーカーを買って帰った・・・というワケ

・・・じゃあ早速サイクロンをスミイレしてカッコ良くディテールアップだ!
と、ガンダムマーカースミイレ用ブラウンの梱包を解いてキャップを外したら・・・

ぎゃ~!なんじゃこりゃ~ 筆じゃな~い!

こりゃ、マッキーの極細ちゅうかミリペンタイプのヤツじゃんか~
10
あ~あ・・・失敗した・・・つうか、ガンダムマーカーってどれも軸が似過ぎてて区別し辛いよ・・・

ガンプラ組立てに必要なものを買出しに行ってきたぞい!の巻・その壱

オリンピックを差し置いて、ここ数日このブログでは、昭和のオッサンが最近のガンプラを観てのカルチャーショックレポートをお送りさせてもらっておるワケだが、今回もそれ関連のお話

30年ぶりにプラモでも作ってみるか・・・と重い腰を上げた筆者・犬計画こと俺さま
先日通販で買ったガンプラ(AGE系)の組み立て説明書を読んでおったのだが、最近は色を塗らなくても、パーツが最初から色分けされていて、付属のシールを貼るだけで、設定通りに出来上がります・・・という事らしいのだな

なるほど!箱の横の写真を見る限り、無塗装でもアニメの設定画と同じように組みあがっておる
01現在は一枚のランナーに別の成型色のランナーを幾つもつなげる、多色成型とかいう技術のおかげで、飛躍的にパーツの色数を増やせるようになったとの事
最初この多色成型ランナーを見た時は素直にスゲエ!と驚いてしまった
なにせ俺がハマっていた頃の今から30年前のガンプラは、1/144で大体ランナー2枚で構成されていたので、1枚のランナーが1色として、モデル全体で使える成型色は2色・・・当然彩色が必須であった02

余談だが俺が幼少の頃の昭和40年代のプラモはさらに酷くて、潜水艦なのに成型色が真っ赤・・・とか、全ランナーオレンジ色ゼロ戦とか・・・ボックスアートのブツと全然関係ない色で成型されているトンデモプラモの方が多かったくらいだったのだ
塗料も確かラッカー系しかなかった

その頃に比べると正に夢のような進化なのだが・・・
しかしその進化した現在のガンプラにおいても今ひとつ納得いかんのが、ガンダムの眼の部分
ここがシール
っていうのはいかがなものでしょう?
人形は顔が命!
眼は口ほどにモノを言うと申しますし・・・03

少なくても、眼くらいはシールじゃなくて、自分で塗ってみようかなぁ?

しかし現在俺の手元にあるのは以前SWの食玩のスミイレに使用したガンダムマーカー筆ペングレーのみ・・・

ううむ、これじゃどうしようもないな・・・

例によって、必要なガンダムマーカーを数本、アマゾンで注文しようかと思ったのだけれど、たかがガンダムマーカー数本の為に、連日の酷暑の中、我がボロ宿まで配達してくれる宅急便の方々の御苦労を思うと、どうにも心が痛む!
(マジで!)
なので、アマゾンでの注文はやめて、久々に池袋へ出向く事にした。

いやぁ・・・しかし暑いわ~・・・人多いし・・・
池袋には某有名量販店が数店舗軒を並べているので、ガンダムマーカーくらいはすぐに手に入るであろう
とりあえず必要な色のガンダムマーカーを買って早々に退散しようかのぅ

・・・というわけで、夏休みで群がるチビッコ達をかき分けて、目指すガンダムマーカーコーナーに辿り着いたものの・・・改めて眺めてみると、ガンダムマーカーにも塗装用とか、スジ彫り用とか、ぼかし用とか・・・様々な種類がある

ううむ・・・眼とか眼の周りの黒い部分とかはどれで塗れば良いのだ?
眼は蛍光緑の塗装用で良いとして・・・黒い部分は塗装用か?それともスジ彫り用か?
塗装用は眼の周りを塗るにはペン先が太いような気もするんだが、しかしスジ彫り用って要するにマッキーの極細と同じだろ?だったら面を塗るのは向かないんじゃ・・・

あれこれ眺めてるうちに、だんだん面倒臭くなって、30年前にやってたのと同じビン入りの塗料と筆と金属皿を買って無難に筆で塗るか?とも思ったのだが、そもそもこのブログの趣旨30年ぶりに今どきの道具を使って今どきガンプラを作ったオッサンのカルチャーショックをレポートする事にあるので、昔ながらの道具を使っちゃ面白みも意味も全く無い!

んで、散々迷った挙句、結局蛍光緑と黒の塗装用&黒のスミイレ用筆ペンの3本のガンダムマーカーを買ってみたぞい04
ここまで読んで「その選択じゃねえよ!」とツッコミ入れてるガンプラに詳しい読者諸氏も多数おられると思うが、なにぶんこちとら素人。御容赦願いたい

それにしても、30年前に比べるとプラモも道具も進化し過ぎて、余りにもついていけない自分にホトホト情けなくなってきた
なので、ここでひとつ初心者にも優しいガンプラ制作の為のハウツー本も一緒に購入しておく事に・・・

で、書店の棚を眺めてみると・・・色々あるねえ・・・ガンプラハウツー本・・・
正直、どれがいいのか全く解らんし、多くの本が立読みしようにもビニ本状態で立読み出来ない仕様になってる
なので、価格¥1000ポッキリ・・・その名もズバリ『ガンプラ入門』という本を試しに購入してみたぞい05

・・・というところで、今回の買い物はここまで!人込みは苦手なので早々に池袋から退散
一目散に帰宅した

さて、帰宅後早速『ガンプラ入門』を読んでみる。
購入の最大の決め手は¥1000ポッキリの価格のリーズナブルさであったが、どうしてなかなかコレは大いに役立ちそうなハウツー本だ
初心者の俺には、まこと参考になりそうな眼からウロコなお役立ち情報が沢山書いてあるぞい

真っ先に知りたかったガンダムマーカーでは・・・塗装用ではみ出した所はガンダムマーカー消しペンで修正すれば良い・・・とある
・・・なんだ?ガンダムマーカー消しペンって?
そんなの売ってたのか?しまった!最初から知っていれば一緒に買ってきたのに~

それからランナーから切り取った後の白化ゲート跡・・・先日アクションベースを作った時にも感じたのだが・・・これはなんとかならんものかのぅ・・・
ふむふむ・・・紙やすりで削れば良い!
なるほど

確か・・・紙やすりなら10年位前に日曜大工で使う目的で¥100ショップで買ったヤツが、部屋のどこかに・・・
(小一時間家捜しして・・・!)
おお!あった!あった!コレコレ・・・埃だらけだがまだ使えるだろう・・・
なになに使うのは主に800番以上・・・って、オイ!
800番どころか、コレ40番だよ
いくらなんでも目が粗すぎるだろ!
コレで擦ったら、一発でガンダムがのっぺらぼうになっちまうわ!
ああ~ダメだ!やっぱ日曜大工の紙やすりじゃ代用にはならん・・・
家捜しした小一時間無駄にしたわ~

それと細かい部品の取り扱いにはピンセットが便利・・・という事で、ピンセットか・・・ウチにあったかな~そんなの・・・あッ似たようなモノならあるぞ!
・・・鼻毛抜くのに使ってる毛抜き・・・って、こんなモンで代用できるかッ!

こりゃ~必要なモノをリストアップして改めて買い出しに行かなきゃダメだな~06

NOMOKEN extra edition ガンプラ入門 (ホビージャパンMOOK 309)
NOMOKEN extra edition ガンプラ入門 (ホビージャパンMOOK 309)




作品一覧
サークルプロフィール
カテゴリ別アーカイブ
Amazonライブリンク
楽天市場
記事検索
ランキング
  • RSS
  • Dlsite blog