ウルトラマン

すっかり忘れておった掌動ウルトラVS2・後篇『ブレスレット&光線』の巻

前回に引き続きバンダイの食玩・掌動ウルトラVS2の05.拡張セットから

今回はウルトラブレスレットと光線エフェクトを御紹介
*十字架については前回を参照

先ずはウルトラブレスレット

カッチカチのABS樹脂製のブレスレット3種
01

劇中のようなピカピカの銀色ではなく、グレーの成型色そのまんまなので
かなりチープな質感


ところで、この形態にスパークって名称が付いてるのを今回初めて知ったぜ
02

ガキの頃は何か飛行機みたいなヤツ・・・としか思っておらなかった

もっとも、ウルトラランスは棒みたいなヤツ

ウルトラクロスは十字架みたいなヤツとしか思っておらなかったがの~

フュギアに持たせる場合は専用握り手の穴にカッチカチの各種ブレスレット挿し込んで固定する
05

この専用握り手は柔らかなPVC樹脂製だが
握りの中央にとほほなゲート跡が出来るため
銀色のマーカー等で塗って目立たなくしておくとイイ感じ
04
06

07

08

続いてオモシロアイテムの光線エフェクト

PVC製のスペシウム光線・メタリウム光線・スペースQの3種
09

スペシウム&メタリウムの2種は右腕ごと交換するシステム

セブン、ライダー共に手の穴のサイズはほぼ同じなので
色さえ気にしなければ差し換え可能

10

11
12

スペースQの方はエースのトサカに挿し込んで固定する構造
13
14
15
16

最後はベムスター無しでは全く使用不可な
民主党の野田元総理の生首でおしまい
17

食玩ウルトラボーグ・マシンボーグアントラーを買ってみたぞい・・・の巻

今回はバンダイの食玩・ウルトラボーグ03マシンボーグアントラーの御紹介だぞい

先日実家に帰省した際、地元のコンビニにて発見

01~04の全種が揃っておったが、
1個¥400+税もしやがる

なので、
比較的元になった怪獣と似ていると思われたアントラー1個を購入
01

02

・・・でコレが中身
03

子供相手の食玩にしてはシャープな仕上がりだが、素材は軟質PVC
各パーツは予め彩色されておるモノもあり、色分けは完璧

組み上げるだけでパッケージ写真と大差ないモノが出来上がるようだ
シール嫌いな俺さまにとっては大変嬉しい限り
04

さっそく組み手立ててみるか・・・と思いきや
この手の食玩に有りがちな組立て図は箱の裏側に印刷されておる仕様
06

困ったぞい
完成したアントラーを保管収納するためにも箱は解体したくないのじゃが・・・

ひとまずパッケージ写真を頼りに組立ててみるか

ところが、組み立て図見ずともわずか2分くらいであっさり完成

ふっ・・・しょせんはガキ相手の食玩じゃの~
07

08

・・・で怪獣形態の完成品がコレ
09

13

想像しておったよりも結構大きくてボリュームがありお得感満載
10

可動箇所は角(アゴ)開閉
11

頭部・胴・腕・脚・つま先が1軸で回転可動
12

・・・とはいえ、大してポーズはとれない

そもそもこのトイのメインギミックは組み換え変形にある
各所の1軸回転可動はそのギミックで生じた副産物みたいなもの

パーツを再びバラし、
今度はバイク形態に組み替えにチャレンジ

今度も箱内部の組み立て図は見ずにパッケージ写真を頼りに組立て
14

16

17

後部の2つのパーツの接続方法が「?」で少々手間取ったが・・・
4分ほどで完成~

アントラーバイク形態
18
21

・・・とは言え、思ってたよりバイクに見えるかな~
19

パッケージ写真によると、01ウルトラマンが搭乗出来るようだが
01ウルトラマン持ってない(そもそも買うつもりもない)ので
搭乗出来そうなトイをムリヤリ乗せてみよ~

先ずは手近にあったアサルトキングダム・陸戦ガンダム
パッケージ表記の破格の可動の通りアントラーバイクを乗りこなす事が出来るか?
20

ハイ!結果がコレ
22

次にS・I・C極魂・仮面ライダーカイザが挑戦!
円谷特撮&東映特撮夢のコラボだ
23

ホイ!こんな感じ
24
う~む・・・なんでしょう
陸戦ガンダムより乗ってる感は出てるけど
子供の遊具に大人が乗っちゃってるみたいな・・・

25

最後はガチャガチャのリアルアントラーがアントラーバイクに搭乗
サイズ的には一番乗りこなしてるように見えるぞい
26

兄弟?改造??ウルトラ怪獣DX スーパーグランドキング・スペクター・・・の巻

前回のウルトラ怪獣DX エタルガーに続き、今回御紹介はウルトラ怪獣DX スーパーグランドキング・スペクター
03

前回も書いたが、俺は現在放映中の「新ウルトラマン列伝」を一切観ておらんので、番組中のコイツの立ち位置がどんなものなのか全く知らない

ただ、外見上なんとなく以前発売されたスーパーグランドキングと兄弟なのかな?と思っておった
01

しかし付いているタグによると

宇宙に漂う怪獣達の悪霊が終結して誕生した超怪獣。鋭利な角や剣と一体化した椀部等の超パワーで敵を圧倒する。

・・・としか書かれておらず、血縁関係についての情報は皆無・・・
02

ひょとしてウルトラマンに敗れたスーパーグランドキングが改造手術をされて武装を強化&体色を変えてリベンジ~という設定の同一個体なのかしら?

そういや、俺がガキの頃放映されておったウルトラマンタロウでは
昔出てきた怪獣の名前の前に改造って文字付けて再主演させるエピソードが何回かあったな~

改造ベムスター改造ベロクロンヤプールが改造したって展開でとりあえず改造の文字に納得したが・・・

自慢の角を爺さんの入れ歯の材料にされかかり、ブチ切れ&大暴れした
改造エレキングだけは全く納得が行かなかった

一体誰が改造したんだ!?改造エレキング

ま~それはともかく
スーパーグランドキング・スペクターはどの辺りが改造されておるかというと

先ずボディはスーパーグランドキングもスペクターも同一の型を使用
04
なので可動部分と分割は全て同じ
05

で、差し替えられた新造パーツはタグにも書いてあった鋭利な角

アイスラッガーを横にしたようなものから水牛の角のようなものに巨大化しておる

スーパーグランドキングを購入時、角が分割されておるので回るのかな?と捻ってみたが回らなかった部分だ
06

もうひとつはタグ表記によると剣と一体化した椀部である右腕

スーパーグランドキングの時は巨大なハサミだったが
これが、およそ切れ味悪そうなドン臭い両刃の剣に変更されておる

07

この剣に施された時代錯誤的な鉄鋲が昭和ウルトラ臭を感じさせて実に良い
スペクターで唯一お気に入りなのが、この鉄鋲モールド

08

実は、ここもスーパーグランドキングを購入時、左腕の可動部は根元だけだが
なぜか右腕は肘も回転可動する!と喜んでおった部分


・・・してみると、
スーパーグランドキングは原型製作時から
パーツ差し替えで別怪獣として発売する事を前提に分割されていたのかも


エタルガーの右腕が鉄鋲剣になって
エタルガー・スペクターの名で発売される日も遠くないかも・・・


彩色は黒地に金を雑に塗り、さらにスミイレして墨を掻き落す・・・というグランドキングやエタルガーでも使われておった方法

同じ原型でもイケメンと不細工が混在してしまう個々の差が激しい仕上がり

銅色だったスーパーグランドキングに比べ、
スペクターはよりド派手な金色になったため、仕上がりの個体差はより明確に・・・


そして、背中のトゲや尻尾の先・左手・角の一部が
なぜか無彩色で下地・黒ソフビが丸出しの放置プレイ

こういう色設定なのだろうけど、
黒部分にはスミイレもドライブラシも一切施されていないので、単に中途半端な塗り残しとしか見えないのがなんともトホホ
09

ほぼ銅色一色のスーパーグランドキングの渋い仕上がりと同様に
スペクターも全身金色+スミイレ仕上げにしとけば、高級感がずっと上がったと思うのだがね~
10

スーパーグランドキングの巻・・・のブログはこちら→http://radioeigasya.b.dlsite.net/archives/6943086.html

コレ餃子か?ウルトラクッキングスイング・・・の巻

以前紹介したかぶりもの犬を初め、昨今混迷を極めておるガチャガチャ業界であるが
先日またもや珍品、ウルトラクッキングスイングなるモノを発見した
02

ウルトラ一族が地球上で退治・捕獲した怪獣をいかに料理し、食しておるかを再現した残酷非道なるフュギアスイングだそうだ

そのラインナップは

ツインテールフライ
03

きな粉モチロン
04

タッコング焼き
05

ノーバさんウィンナー
06

ガヴァドンA餃子
07

ウルトラマンコーヒー
08

シークレットでツインテールフライ(レオ調理バージョン)
09

7種

御丁寧に各怪獣の調理法まで詳しく書かれておる
トンデモない事も書かれておる


あのおちょぼ口でどのようにこれ等を食すのか?は甚だ疑問であるが、ラインナップを見る限り、彼等一族は食材の原型を留めたまま、丸焼きや から揚げにするのが好みのようだ

恐るべし!M78星雲人!
01

ところでラインナップ中にセブンとエースが無いのはなぜだ?

人間的シルエットの星人を料理するのはビジュアル的に犯罪臭が強過ぎるからとか?

毒キノコを連想させる極彩色の超獣を食すとお腹を壊すイメージがあるからとか?

ビラ星人やベロクロン(の珊瑚部分)とかは料理にアレンジし易い気もするが・・・

あとタロウはきな粉モチロンとか駄洒落に逃げずに
ビジュアルはキノコそのまんまのマシュラの網焼きにでもしといた方がよかったんじゃねえのか?
マシュラ本人も劇中で「俺は美味いぞ~」と言うとるしの~


とにかくブログネタに・・・と、試しに1回やってみる

・・・出たのは

ガヴァドンA餃子・・・

え~~~

コレのどの辺が餃子なんでしょうか?

そのまんまガヴァドンAなんですけど・・・
10
11
12
13
14

裏を返したら、とりあえず焼き跡が付いてるけど・・・コレで餃子と主張するには・・・微妙~
15

何かとゼスチャーを交えて会話するM78星雲人の料理、平々凡々な地球犬の俺さまには理解しがたいわ~

にしても、画的に一番地味なヤツが出ちゃったものだ

どうせなら見た目華やかな円盤生物ノーバーのウィンナーが欲しかった~

もう一回トライ・・・と一瞬思ったけど、駄菓子解剖図鑑4があまりにも売れていないので、無駄遣いはやめておこう
16

アントラー・ガヴァドンB・モチロンが登場だぞい・・・の巻

今回は前回紹介したウルトラ怪獣500ベムスターと一緒に買って来た怪獣達を一挙御紹介!

8月3日に発売されたウルトラ怪獣500のラインナップはバンダイのサイト等で確認していただくとして、
今回御紹介するのは、俺が某量販店でチビッコや店員の冷ややか眼に曝されつつも、独断と偏見で コレなかなか良いんじゃね と思って購入した3種である(最もお気に入りのベムスターは前回別格で紹介済み)

最初に登場しますはアントラー

私見ではあるが、今回の8月3日発売のウルトラ怪獣500のラインナップの中では最もバランスのとれた良品ではないかと思う
07(ちなみに夏コミのため上京中の鬼畜漫画家・大阪花之子氏も同意しておった

とにかく、ウルトラ怪獣500シリーズの最大の欠点である腹の分割線がスカートの中に隠れるように造られておるので、違和感を全く感じさせず初代マンに登場した個体を極めて忠実に再現する事に成功しておる08

さらに大きなアゴを持つ首も左右に可動可能09
ウルトラマンをアゴに挟んで首を振り回す・・・というシーンが再現出来て、さぞやチビッコも大喜びであろう
・・・と思っておったのだが・・・某量販店では今ひとつ人気が無いのか在庫多数・・・なぜだ

続いて御紹介は同じ初代マンに登場したガヴァドンB

物語では三角はんぺんみたいなガヴァドンAをもっと強そうに・・・とチビッコ達に強化改造(?)されたのがガヴァドンBであるはずなのだが・・・
なんというかパステルカラーでファンシー色が全面に出てしまった仕上がりに・・・10
黄色に塗られたトサカ金髪リーゼント風で、そこに原色ピンクな唇ニヤけた口元、さらに肌色の筋骨隆々の腕・・・・なんとなくムキムキマッチョなオカマなツッパリにも見えなくない11

色味を消して見てみるとわかると思うが、このガヴァドンB原型の出来は極めて良いのだが・・・

それをなんでこんな風な色合いにしてしまったのか・・・
改めて言うまでも無く、某量販店ではチビッコの人気は今ひとつな感じじゃったの・・・

最後に御紹介はタロウ登場のモチを食う為に月からやって来た怪獣モチロン12

確かモチロンが暴れまわるシーンになぜか東京大空襲のショットが差し込まれて、「どういうこと?」と当時番組観てた犬少年を大いに悩ませた記憶があるんだけど・・・アレ?モチロンの回じゃなかった?

ま~それはともかく、お腹はもちろん!両腕を含む全ての分割線が全く目立たない実に秀逸なデザインさすがタロウ出身の怪獣13
とにかく、お腹=顔が回転可能なおかげで、多彩なポージングが楽しめる14

加えて現代のポケモンにも通じるふざけた・・・いやコミカルな容姿なので、現代のチビッコにも大人気であろう・・・と思いきや・・・・・いやいやこのモチロンに限ってはそこそこ売れておった

・・・が、某量販店の店頭の在庫状況を見る限り、どうやらチビッコに人気なのはAに登場した超獣達らしいのだな
ちなみに一番の売れ筋はドラゴリーであった・・・15
作品一覧
サークルプロフィール
カテゴリ別アーカイブ
Amazonライブリンク
楽天市場
記事検索
ランキング
  • RSS
  • Dlsite blog