アマゾン

『残りあと8個って』なんだったのよ?

12月1日に発売になった特撮リボルテック「VSレギオン」版ガメラ(以後ガメラ2と呼称)。
3日土曜日の晩、購入者のレビューを読もうとアマゾンに接続してみたら、『残りあと8個』と表示されていた
特リボ(・・・に限らず最近の中国彩色製のフュギアはどれもそうだが―)個体差が余りにも激しく、残念な塗りの製品も多いので、週明けの5日月曜に池袋のビックカメラ店頭で1個々吟味しつつベストな個体を選んで買おう・・・と考えていたのだが・・・
念の為ビックカメラの通販サイトに接続してみると、既に完売の表示!
さらに募る危機感!
骸骨剣士の前例もあるし・・・
・・・で結局、焦ってポチってしまったガメラ1
翌々日、週明け月曜に池袋のビックカメラへ行って見ると・・・なんだよ~店頭に山積みにされてんじゃん!
しかも帰宅後、アマゾンに接続してみたら、何事も無かったかのように販売してる!(もちろん販売者Amazon.co.jpでな)
何だったんだよ~あの『残りあと8個』は~
・・・てな感じで全く納得の行かない事の連続だったが、とにかく昨日届いたよ特リボ・ガメラ2!
いつもは佐川で届くのに、今回はなぜかクロネコが届けてくれたゾ
あ!ひょっとして、あの表示は、アレか?
『(クロネコが届けるのは)・・・残りあと8個』って意味か?

・・・とかいう前フリはともかく特リボ・ガメラ2の感想!行ってみよ~
先ず以前のTREXの時も感じた事だけど・・・ちっちぇえ~
いやいやいや・・・ホント小さいよガメラ2!
特リボ・モゲラと並べるとこんなにも身長差あるよガメラ&モゲラ
でも小さいなりに良く出来てる!ディティールもシャープ!
可動範囲も結構広い!
これまで特リボには『なぜにこの肝心な所にリボ球使って無いの?』という箇所が必ずあったが、今回は関節全てにリボ球を使用
唯一尻尾には針金が入ってるが、そもそもこんな短い尻尾を動かして遊んでも仕方が無いので、針金すら入れずに完全に固定型の一発成型で根元にリボ球入れるだけでも充分だと思う(尾の短い怪獣は全てそれで充分だ)。
デザイン上の制約があるから、とれるポーズはそれなりに制限されるが、無理すればシェーも可能!
そんなに可動範囲広く無いぞ・・・と感じてる方は、一旦全関節をばらし、リボ球を挿し直せば、驚くほど可動範囲は広がるはず!(購入時のままだとリボ球を押し込み過ぎなので可動範囲が狭くなってる)
ほとんど動かなかった手首も若干表情が付くようになったぞい
ただし寒い時期だから、部屋を暖かくして、リボ球が抜けない時は無理せずドライヤー等で暖めながら作業しないと、パーツを破損する恐れがあるので注意してね
あとはオプションパーツについての感想・・・ガメラ火球
先ずアゴを外してリボ球に直に取り付けるようになったエフェクトのプラズマ火球・・・コレ・・・プラズマ火球に全然見えないなぁ
クリアパーツで作られてればまた違った印象になったかもしれないけど・・・前回の昭和ガメラの炎が笑っちゃうほどソレっぽかったぶん、なんだかなぁ・・・な印象。
そもそも形の無いモノを立体化する難しさはわかるんだけど・・・コレだったら付けなくてもよかったような・・・
それと、あちこちで書かれているようにソルジャーレギオン&草体は全くいらないな~って意見に俺も激しく同意
さらに言うならお腹の元気玉発射エフェクトパーツもいらねえなぁ・・・
(好きな人には申し訳ないが)俺はあの設定自体いかがなものか?と思ってる派なので・・・
(劇場で初めて観た時「スゲエ!」って感じた派と「え~!」って感じた派に分かれたが、俺は断然「え~!」派だったのよ
全てのエフェクトパーツ&オマケフュギアの代わりに、飛行時の差し換えの翼腕パーツとアーム付きのスタンド付けてくれた方がずっと良かった
・・・とか散々文句言っちゃったけど、ガメラ2自体はすごくいい出来でカッコ可愛いし、ガシガシ遊べるので、買って損は無し
手近にあった食玩バルゴン(コナミ製)と夢の対決『平成ガメラ対バルゴン』ガメラ2
そして、ガメラ2をポチった数時間後に、ハーフプライスだったのでポチったフィグマの黒猫氏との記念撮影。ガメラ&黒猫
ガメラ2と同日、こっちはなぜか黒猫なのに佐川で届きました
・・・しかしフィグマの中でも特に小さいと噂される黒猫氏の(しかも座った状態!)と同じ背丈って・・・どんだけちっちゃいんだよ~(ちなみにガメラ2にはアイ~ンのポーズをさせております)

特撮リボルテック SERIES No.033 G2ガメラ Ver.G2特撮リボルテック SERIES No.033 G2ガメラ Ver.G2
販売元:海洋堂
(2011-12-01)
販売元:Amazon.co.jp

figma 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫figma 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫
販売元:Max Factory
(2011-07-30)
販売元:Amazon.co.jp



残り最後の1枚って・・・ホントなの?

以前アマゾンコムで輸入版レッドバロンを買ってから(宣弘社の特撮をガンガン奨めて来るのは困りモンだがw)度々アマゾンコムのページを観るようになった。
で、そのアマゾンコムのページに「この商品を買った人は他にもこんな商品買ってます・・・」とか出てくるのあるじゃない?アレって面白いよね。
なるほどねえ・・・この人はこんな趣味なんだ・・・とかなんとなくわかるじゃないの。
まぁそんなこんなで、B級SF映画ばっかり買ってる人の項を見てたら、知らないうちに随分とマイナーな作品までDVD化されてるんだなぁ・・・って驚き感心した。
その中で、アレっ思って手が止まった作品がある!
それが『最後の海底巨獣』¥1500。
最後の海底巨獣ある世代の男子なら、多分ほとんど全員が観たことあるんじゃないかしら?と思える米製作の恐竜映画。
なぜなら、この映画、ガキの頃、夏休みとか冬休みとかに、テレビ東京(当時は東京12チャンネル)のお昼の映画枠で繰り返し繰り返し放映されて、ホントに何度も観た記憶があるからだ。(関東だけかと思ったら、関西でも同じ様な時間枠で繰り返し放映されていた・・・と関西在住の大阪花之子氏の弁)
うっわ~懐かしいなぁ・・・観たいな~・・・と思ったのだけれど、当方極度の極貧状態・・・¥1500もちょっとキツいぞ・・・と躊躇していたら、在庫あと1枚の表記に手が止まった!
ええぇ~ッ!あと1枚しか無いの?
『最後の海底巨獣』の最後の1枚~?
うう~ん!ううん~!

散々迷った末に 最後の1枚という表記に負けて買ってしまった・・・
でもさぁ・・アレってホントに最後の1枚なのかなぁ?
今度見たら、また最後の1枚とか書いてあるんじゃないの?1枚売ったらまた1枚仕入れるみたいな?
まぁそれはともかく、購入を迷いに迷った『最後の海底巨獣』・・・一昨日無事届きました。
早速視聴してみたその感想については、また次回
最後の海底巨獣 DINOSAURUS! [DVD]最後の海底巨獣 DINOSAURUS! [DVD]
出演:ウォード・ラムゼイ
販売元:オルスタックピクチャーズ
(2008-12-26)
販売元:Amazon.co.jp

輸入版レッドバロンを観てみよう・その2

*前回までのお話・・・この夏帰省の際にリサイクルショップで偶然レッドバロンのフュギアを手に入れた犬は幼少の頃のレッドバロン熱が再燃し、朦朧とする頭で輸入版レッドバロンDVDBOX¥885をアマゾンで購入してしまった!しかしリージョンコードの違いにより輸入版DVDは日本の機器では再生出来ないのだ!どうする?犬計画!

・・・というコトで、前回の続き。
先に書いたように、リージョンコードの違いにより海外版DVDは日本のDVDプレイヤーやHDDでは再生出来ないワケなのだが、実はPCなら再生可能なのだ。
つまりPCのDVDドライブは外部からリージョンコードを変更出来るのである。
ただし、変更できる回数はあらかじめ決まっていて、ソレを越えると、そのドライブは永久にリージョンコードを変更出来なくなるので御注意!(通常は4回程度変更出来るらしい)
幸い、俺は半年前に、今まで使ってたDVDドライブの書き込み速度が遅いので、新しいDVDドライブに付け替えたばかり。
ドライブなので、現在プチプチ袋に入れたまま埃被って部屋の片隅に放置されている旧DVDドライブをPCに再び接続し、コイツのリージョンコードを書き換えて、レッドバロン再生専用のドライブとする事にした。(使っていないドライブが無いという人も、今はバルク品のドライブなら最安で¥2000くらいで買えるので、輸入版DVD再生専用ドライブとして新しく購入して取り付けても悪くはないかもしれない。)
・・・というわけで改造手術開始!
先ず我がマシンの蓋を開ける。
半年振りくらいに開けたので、埃が溜まるっとるのぉ・・・。
さてと、手近にあった水彩平筆でちょいちょいと掃除して、転送コードと電源を旧ドライブへ繋いでちょいと設定をいじって、そして空きのドライブベイにネジ止めして・・・とりあえず作業終了!
PC念の為、蓋開けたままで、電源を入れて動作チェック!
おお~っ!!メカむき出しの我がマシン。なんかロボっぽくてカッコイイなぁ~!
風通しもイイので、夏場はこの状態で使ってもいいかもw。

んで、飯食って一息ついたところで、レッドバロンのDVDを新しく取り付けた旧DVDドライブへ挿入。
DVDを再生しようとしたら、PCが『このままではリージョンコードが違うので再生出来ません。コードを変更しますか?』と訊いてきた。(再生ソフトによって色々反応の違いはあるかも・・・)
なので『変更』をクリック!
すると、旧DVDドライブのリージョンコードが変更され、レッドバロンのDVDが再生され始めた!
遂に観れた!
で、最初に映し出されたのがデカデカとFBIの文字・・・と英文と$250000の文字・・・多分違法コピーしたらFBIにしょっ引かれて罰金$250000取られるってコトなんでしょうなぁ・・・。
続いてソフトメーカーのロゴ、次にメニュー画面・・・余計なアニメ等が使われていないシンプルなメニュー画面には好感が持てる。(メニュー画面が出てくるまでやたらと長いアニメや映像が流れると正直イラっとするよね。しかも飛ばそうとしたらまた最初っからに戻っちゃったり・・・アレははホントにイラッとする!)
肝心の本編の方はというと、音声は吹き替えなどされておらず全て日本語のまま・・・ヨカッタ~。ただし英語の字幕が流れるのがちょっと邪魔かなw。
気になる画質は予想してたよりずっと良好。
画質にやたらこだわる人は色々言いたくなるだろうレベルだけれど、ブラウン管アナログテレビにHDDの地デジチューナーでテレビ観てるような俺にとっては、全然気にならない程度の画質。
そもそも70年代の番組なんだから、ちょっとくらいキズや退色があった方がノスタルジックで逆に雰囲気あるよw。
とりあえず第3話まで観てみたのだけれど、ちゃんとOPも予告もEDも収録されてるし、全39話で¥885はかなりのお買い得だったんじゃないかしら?
しかも、面白いよ!レッドバロン!
CGでもアニメでもない、着ぐるみの巨大ロボ同士の一対一のガチバトルは大迫力!
完全に玩具のCMの為に添え物的に毎週惰性で闘わされてる昨今のスーパー戦隊のロボ戦と迫力が全然違う!
また敵のロボのデザインがカッコイイんだよな~。
鉄面党が万国ロボ博覧会から盗んだロボを戦闘用に改造してレッドバロンと闘わせてるという設定なので、敵ロボのデザインが異国情緒豊かなのよ。Gガンダムの先駆けだよね~w。
ガキの頃、大好きだった特撮やアニメを現在改めて見直すと、そのチャチさ具合(技術が稚拙というワケじゃなく内容的に・・・)に落胆する事が多いのだけれど、レッドバロンは違ったね!
こういうのを観ると、俄然巨大ロボモノを創りたくなってくるなぁ・・・

輸入版レッドバロンを観てみよう・その1

海外版の『スーパーロボット・レッドバロンDVDBOX(Super Robot Red Baron: Complete Series [DVD] [Import])』をアマゾンで買ってみた。
『レッドバロン』については40代の諸君の皆さんなら当然御存知だろうが、念の為平成生まれのキッズ達の為に簡単に解説しておく。
『スーパーロボット・レッドバロン』というのは、1970年代に創られた特撮番組で、世界征服を企む悪の鉄面党(後に宇宙鉄面党)に立ち向かう正義のスーパーロボット・レッドバロンの物語・・・製作はシルバー仮面とかアイアンキングも創ってた宣弘社。
後に同タイトルのアニメなんかも作られたようだけど、アレとは別物だよ。
・・・で、例によって放映当時チビッコだった俺はレッドバロンが大好きで、夢中になって観てたのだが、40年近く経った最近までその興奮をすっかり忘れていた。
レッドバロンところがこの夏、実家に帰省した際に、地元のリサイクルショップでレッドバロンのフュギアに再会!¥200で手に入れた時から、レッドバロン熱が急に再発しだした!
折りも折、雑誌でレッドバロンのデジタルリマスター版のDVDが近日発売になるという。
観たい!どうしても観たい!
なので、アマゾンで調べてみた。
そこで、この『Super Robot Red Baron: Complete Series [DVD] [Import]』の存在を知った次第!
何よりも驚いたのが、全39話収録で、御値段たったの¥885!
¥885ざますよ!奥様!
円高のおかげなのかなんなのか?はわからないけど、この価格は安過ぎる!と、かなり不信には思ったが、決して違法コピー商品というワケじゃない、ちゃんとした米国の正規品らしいので、思い切って購入してみる事にした。

バロン1数日後、届いた商品は、結構立派な装丁で、パッケージもカッコイイ!
バロン2中を開けると、紙ジャケに入ったDVDが4枚。1枚のディスクに10話収録されている。
ううむ・・・ちょっと詰め込み過ぎな感じが・・・画質は大丈夫なのかな?
早速、再生して観たいけれど、実はコレ、日本の機器では再生出来ないのだ!
そう、北米のDVDはリージョンコードが1。
日本のDVDのリージョンコードは2・・・なので、このディスクは日本で販売してるDVDプレイヤーでは観る事が出来ないのだな。
知らない人の為に書いておくと、各国それぞれのDVDドライブにリージョンコードという番号が割り当てられていて、このリージョンコードが違う国のディスクは再生できないようにドライブが設定されている。
アメリカ土産で買ってきたDVDソフトを日本で再生しようとしたら出来なかった・・・なんて経験した人もいるんじゃないだろうか?
・・・・で、原則観られないハズの米国産のDVDソフト・・・実は観られるようする方法がある。その為にはPCをちょいと改造しなくちゃいけないのだが・・・その改造とレッドバロンの感想については、次回へ・・・続く~。
作品一覧
サークルプロフィール
カテゴリ別アーカイブ
Amazonライブリンク
楽天市場
記事検索
ランキング
  • RSS
  • Dlsite blog