今回はバンダイの食玩ガンダムGフレーム05シナンジュスタインを御紹介

Gフレームについては、以前Zガンダムをこのブログで取上げたものの、良い印象が皆無
もう二度と買うことはあるまいと思っておった

・・・ところが、正月に何となくコンビニにて発見したGフレーム04のゲルググがとてもよい出来だったので、印象がガラリと変わり次弾のGフレーム05シナンジュスタインも近所のスーパーで見かけて、即購入してしまった次第
05
06

さて、その内容であるが

相変らずアーマー箱はパーツが多過ぎてパンパン

一方、フレームの箱はスッカスカ・・・と同価格とは思えぬ内容格差以前のGフレームと変り無し
07

ただ、Zガンダムにあった使い道の無い意味不な胸像は廃止されておる

今回は以前のZガンダムの場合と違って、アーマー箱に入ってる棒立ち(無可動)フレームは無視して可動フレームに直接アーマーパーツをくっ付けて行く

その際にイラッとするのは棒立ちフレームに既に組み付けてあるパーツを外す作業
08

各パーツこれが想像以上に硬く嵌め込まれちゃっていて、バラすのも一苦労

特に既に塗装されているスリッパ等のパーツをバラす時は、塗料が剥がれたり傷が付かないようにと、細心の注意を払ったわ
09

どうせ全パーツをバラすの前提なんだから、なんで棒立ちフレームにわざわざカッチリ組み付けちゃうかねえ?

この無駄な組み付け作業だって人件費かかるんでしょ?

この作業を省略すれば、浮いた費用で真っ黒なビームサーベルをクリアパーツにするくらい可能なんじゃあないの?
10

そんなこんなで完成したのがコチラ
11

Zガンダムの時にすんごく気になったびぼっちゃまスタイルだが・・・今回はさほど気にならず・・・慣れってコワイ

袖付きの特徴である袖は真っ黒・・・でも凹凸は彫ってあるので、追加塗装は比較的容易かも
12
13

バックパックからニョッキリ伸びた2本のプロペラントタンクには大きな肉抜きが

しかし!タンクは根元のボールジョイントで自由に動かせるので、飾る時は肉抜きが見えないような角度に回しておくと目立たないと思うぞい
14

余剰パーツ棒立ちフレームと
15

この棒立ちフレームを廃止して、そのぶんのプラ原料で可動スタンドでも付けてくれりゃあもっと嬉しいんだがね~

ポーズをつけて何枚か
16

17

なんだか以前御紹介のZガンダムと同じようなポーズばっかりになってしまったぞい

18

19

20
VガンのMSをGフレームで出せば、ほぼ1/144になるんだがね~

21
ザク・・・売ってないねえ

オマケ

先月発売された食玩ガンダムマイクロウォーズ01
22

発売当初入手出来なかった61式戦車がなぜか今頃店頭に並んでたので購入

機関銃と大砲の砲口をダイソードリルで開口してみたぞい
23