今回はバンダイのハロプラ・モビルハロを御紹介

ハロプラについてはこのブログでも

ハロ   ハロボール
(↑クリックするとそれぞれのページが開きます)

と取上げてきたが、このモビルハロはどんなもんじゃろか

先ずはパッケージ
01

ハロボールに引き続き懐かし昭和テイスト

おっさん殺しじゃの~

箱の大きさは最近のHGの半分くらい

それでお値段¥1150+税

高いの~とは思うものの、箱の厚みがHGの倍くらいあるので良しとするか

箱を開けると、搭乗用の白いボールが腕や台座も含めて丸ごと入っておる
02
04

既にハロは2つも持っておるので、全くの無駄じゃい

ハロ無しでお値段¥800くらいにしてくれりゃいいのに・・・

03

そうなのである

ハロの方は悪名高きゲート跡がえぐれるタッチゲートだったのじゃが、
モビルの方のパーツは通常のプラモ同様のゲートになっておる

ヤレヤレ・・・ふぅ~

で、完成したモビルの方がコチラ
05

06
08

マーカーでスミイレしとったら、なんかものスゴ―汚したくなったので
マーカーでゴシゴシ描いた汚れを消しペン液染み込ませた綿棒で拭き取る・・・というなんちゃってウォッシングをしてみた
07
14

関節は今やお馴染みになった例の柔らかいプラで出来ていて、ひじょうに広い可動域を持つ
10

一方、腹部は戦車プラモの砲塔のような1軸の可動になっておる
13

これまでのハロプラで泣かされ放しだったパーツの目立つ肉抜きであるが、

今回はバックパックの左右の煙突にキモイ形のブロック状に抜かれておる
11

さらに衝撃なのが・・・足の裏
12

も~コレはなんというか、足裏が全く無いなんて・・・

足だけ別のプラモのような派手な肉抜きというか省略ですな~

そのせいかどうかわからないが、
バックパックを装着すると、後に引っ張られての転倒事故続発

なので、立たせる為にはどうしてもやや前屈みの姿勢に成らざる得なくなるのだ

足裏には何かおもりを詰めた方がいいかもしれん

ところでモビルの方の余剰パーツは以下の通り
09

同じランナーを2枚使用しているので

2個の握りパーツ・バーニアノズル・ノズル用ボールジョイントが余る

ノズルとボールジョイントは何か使えそうではあるが、握りパーツには手甲パーツが欠品している為、使用不可

6個あった球ポリキャップは白ハロが4個、モビルがスタンド用の穴に使っているので、余剰が1個

続いて、白ハロ
15

成型色が白なだけで以前取上げたベーシックグリーンのハロと全く同じ
16

17

忘れとったわ!大きさ比較!

20

さて、この白ハロ
いざ合体を解いて取り出そうとすると、ツルツル滑って、なかなか取り出せずイライラ

実は腰の回転軸にハロは突き刺さっておるので、
18

腰を回せば連動してハロも回る構造なのであった

その原理を利用して簡単な取り出し方法がコチラ
21

色々いじくってきたが、このモビルハロ、すごく気に入ったぞい

次はモビルアーマーハロ、特にビグザムハロとか出して欲しいなぁ・・・

その際は是非、ハロが付属しないお安いバージョンも一緒に出してちょ

22
23
24
25

続いてユニバーサルユニット・陸戦ガンダム
26

28

29
30