さ~て年の瀬も迫ってきたが

今回御紹介はバンダイの食玩・DXソフビスーツガンダムの量産型ザク

実は食玩と言いながら、その価格なんと¥2700

食玩大好きではあるが、極貧の俺さま

当然購入は見送るつもりだったが、

大きなザクのソフビ

しかも造形が1作目のTVバージョンと訊き、ついついポチってしもうた

ちなみにこの食玩、主人公機のガンダムと量産ザクの全2種しかない

サムネで見るガンダムは白タイツ履いた変態みたいにも見えたので
今回は購入を見送り

にしても食玩にしてこの高額、如何な巨大なザクが届くのだろうか?

ワクワクと首を長くして待っておったのだが・・・

届いたモノがなんとコレ
01

正直、想定を超える小ささに唖然・・・小っちゃ・・・

クレーンゲームの美少女フュギアの箱くらいしかないぞい
02
03

¥2700もするくせに、いくらなんでもこのままじゃ小さ過ぎる
ひょっとして、組立て式で
手足を付けるとこの箱の倍くらいの大きさになるのかしら?

と、淡い期待を胸に箱を開封~
04

・・・・なんじゃい!既に組みあがってんのか・・・

しかも~箱の実物大写真より、小さいんじゃん・・・ガッカリ
05

では気を取り直し、レビュー再開
08

ソフビと謳っておるものの、材質はカッチカチ
カッチカチの方のソフビである

06

でも現在は冬なので、夏場の高温の中ではフニャフニャに変わるかもしんない

07

プロポーションは
タコ頭・やや上半身がデカく・短足・脚は起伏が乏しく・つま先がとっても小さい
09

ガンダム1作目のTVに登場してたあの頃安彦ザクが正に立体になった感じ

色はパッケージにあるものより、明るくて玩具っぽい印象

武装はマシンガンのみ
10

ザクの特徴のひとつである全身のパイプはさすが高価な食玩だけあって、全て別パーツ
11

じゃあモノアイは・・・と期待したが、
ただピンクに彩色されておるだけで、全く可動せず・・・ガックシ・・・
12

もうお気付きかもしれないが、
このソフビザクには、最近のガンプラとかでは当たり前になっている
リアル感を増すために施されている各部のパネルライン(スジモールド)が一切存在しない

おかげで全体的にノッペリした印象を受ける
13

この昭和アニメのセル画みたいなノッペリ感はファースト世代のおっさんにとってはたまらないモノなのだけれど、
世代のよっては好みが分かれるかもしんない

可動部分は首・肩・腕・手首・足付け根・右肩のシールドがそれぞれ1軸で回転可動
14

腰は背中のパイプと繋がっておるので回らないと思うぞい・・・多分

¥300の旧キットより若干可動箇所は多いものの、当然マシンガンの両手持ちは不可

実は両手持ちは不可能どころか

特徴的なあの小さなつま先の足が災いして、
腕を前に出しただけでバッタリ倒れてしまうほどのバランスの悪さ
15

こういう時こそスタンドを同梱すべきなんじゃないの~¥2700もするんだから

熱湯風呂に浸ければ、いくらか歪みも取れてバランスよくなるんじゃ・・・とも思うが、
時間が無いので、ポージングは諦めて以後直立不動の姿勢で進行させていただく
16

こんな小っちゃいのが¥2700食玩で~?

と、開封直後には購入をちょっぴり後悔してたものの、
ガシガシいじってる間に、なんか気に入ってきた

大きさもさほど小さく感じられなくなってきたし~

他にも安彦ドムや安彦ゴックとか出ねえかな

けど、¥2700の価値があるか?と問えば、大きく疑問かなぁ

¥1500くらいだったら、第2弾が出ても文句無しに買うんだがね~
17