今回はバンダイのハロプラ・ハロボールを御紹介

以前、同じバンダイから発売になった緑色のベーシックのハロをこのブログでも取り上げたが、

コイツはそのバリエーションモデルである

先ず眼を引くのは、往年の旧キット・ボールを連想させる渋いパッケージ
01

第一次ガンプラブームで踊った世代には堪らぬモノがあるの~

箱を開けると、水色のハロ・ベーシックと思われるランナー群の上に、ポツンとキャノン砲と腕と思われる小さなランナー2枚が乗っておる
02

え~ッ!追加パーツってたったこれだけ?残りは完全にベーシックのハロのパーツじゃん

すでにハロ・ベーシックを持ってる身としては、物凄く損した感じ

追加パーツだけ¥200くらいで別売りしてくれりゃいいのに・・・

03

・・・ということで、以前ハロ・ベーシックを作った事もあり、ほぼ設計図を見なくとも、組立てる事が出来た
04

う~む・・あんなショボイ追加パーツ加えるだけで、それなりにボールに見えるから不思議じゃの~
05

腕の付け根は球状のポリパーツによりヘタれなく可動
06

しかし肘関節はプラ同士ダボ穴にピンを挿しただけの単純構造なので、現在の所はしっかり保持してるが、将来ヘタれが心配な状態
07

頭頂部のキャノン砲(?)は、上下左右に可動可能
08
然るにここもプラ同士の単純構造による接続なので、ヘタれが心配・・・というより砲の上下軸は完成直後にすでにヘタれておったわ

さて、ここまで来て、すでにお気付きの御仁もあろうが、このハロボール最大の問題点

それが、この両腕のド派手な肉抜き
09

バンダイさん、なんでこんなにしちゃったかなぁ・・・ベーシックのハロの手の平の肉抜きも酷かったが・・・単純にモナカ割りに出来なかったのかしら?

そもそもパッケージを見てみい。こんな肉抜きにはなっておらんだろうが

って、パッケージも肉抜き仕様になっておるじゃあないかーッ
10

なに?コレ・・・腕の肉抜きは公式設定ってことなの?

鉄血のキットにもパーツの肉抜き部分がそのまま公式設定になっちゃってるのが幾つかあって、正直なんだかな~と思っておったが、ここまでヒドイのはなかったわ~

見栄え良くするには、旧キットかHGUCのボールの腕を移植するしかないということかの~

1112

13

14

15

16

17

18

19

20