今回御紹介はバンダイの食玩GFRAME02のZガンダム

GFRAMEとは・・・
唐突にシリーズ終了したガンダムユニバーサルの後継食玩でありながら、
アーマー¥500+税とフレーム¥500+税の2箱が無ければ完成しないという余りにも高過ぎるボッタクリ食玩シリーズなんである

以前GFRAMEの第1弾が発売された時、
俺さまの地元のコンビニやスーパーマーケットでは骨(フレーム)ばかりが売れ残っておって、ついぞ皮(アーマー)の方は見かけなかったが、第2弾に至って、とうとう近所のスーパーマーケットにてゼータの骨と皮の対を発見した次第(しかも最後の対2箱)

ネットではマドロックばかりが瞬殺で、店頭にはドムとゼータばかりが売れ残っておるとの話じゃが、俺さまの地元じゃあマドロックはおろかドムさえ売っておらん始末じゃった・・・ゼータよかドムの方が良かったのに~
01

それでは早速開封~

先ずはアーマーから・・・

お馴染みのマズいガムと彩色された胴、手足、翼のパーツと、箱一杯ギュウギュウに詰まっておった
02

続いて、フレーム

同価格でありながら、なんとも寂しい内容
03

シールドとライフル、
08

あと真っ黒な胸像・・・
05

胸像をバラしたら、フレームの胸部に合体出来るんじゃ・・・とムリヤリ合体を試みたが、無理じゃった・・・
06

頭部の互換は可能のようじゃが・・・
07

フレームの可動域は大したものだが、接続はABS同士なので、ガシガシ遊んでるうちにユルユルになるのは必至
09
10

実は撮影してる間に右肩のボールジョイントがすでにユルユルになってしまった

さて、アーマーの方に戻って・・・
パーツを非可動の骨に貼り付けて行こう
11

12

13

バックパックは真ン中の垂直尾翼じゃなくて、両脇の翼の方が可動
14
15

関節は全く動かないが、固定モデルとしては充分満足出来るレベルなので、もうコレで良いんじゃねえ・・・という気もしてきたぞい
16

今では第1弾の時、骨(フレーム)が大量に売れ残ってた理由も何となくわかる

しかし、今回は骨の方も買ってきたので、メーカー推奨の可動モデルに合体チェンジ

その前に非可動の骨から全ての皮を取り外す

特に手のパーツが硬くて、分解時にパーツを破損するんじゃないかとハラハラしたぞい
18

そして分解の顛末がコレ・・・う~む・・・気が遠くなりそ~
17

さて、気を取り直し、可動フレームにアーマーを取り付けて行こう

先程の非可動モデルの画像とほぼ同じようなのが再び続くが、別モノなので御容赦願いたい
19

20

21

・・・完成した画像も非可動モデルの完成体と大して変わらんように見えるの~
22

股間にスタンド用の穴が開いておったので、フィグマのスタンドを拝借
23
24

しかしこういう場合、
フレーム側の箱には合体不可な胸像より、スタンドを付けてくれた方が、なんぼかユーザーに喜ばれると思うのじゃがの~

先ずパッケージにあったポーズを再現
25

続いて、ポーズをいくつか・・・
26

27

なんだろう・・・フレームの可動域は広いのに、どうにもカッコイイポーズが決まらないんだよな~

とにかく関節がふにゃふにゃ過ぎるのよ

食玩のクセに2合箱で¥1000+税もしたんだから・・・と期待が大き過ぎたのかしら?

・・・正直なトコ、も少し金足してHGUC買った方が良かったんじゃ・・・と思ったり

28
29

おまけ・・・
30