新年一発目は、我が故郷北関東の小帝都・栃木の地元ショッピングモールにて見かけた
正月に似合いそうなオメデタ感満載なガチャガチャを紹介するぞい

最初に登場は『開運!酒樽&木枡コレクション』

内容はタイトル通りに酒樽と枡のフィギュア(?)が全5種。1回¥300!
01

カタログには特に記載されておらぬが、酒樽の上部を付属の杵で叩くとフタが割れるギミックが搭載されておるらしい
ガチャガチャマシーンにはそう書いてあった
酒樽欲しいわ~

それじゃ、開運試し!と早速1回ガチャってみる

すると・・・出たのは枡・・・えぇ~ッ!?
02

なんだよ~枡・・・付属品何にも付いてねえじゃん!
03
04
05

コレ!酒樽A宴会セットと落差有り過ぎだろ!

こんなの詐欺だ~!10億円返せ!
06

枡の余りのショボチンな出来栄えにガックリな俺さま
リベンジする気も起こらず・・・

早々に次ぎのガチャガチャマシーンへ移動

次なるチャレンジは『ウルトラ墨絵スイング2』全10種。¥200。
07

スイング2となっておるが、スイング1なんていつ出てたの??
てなくらい全く知らない初見なガチャガチャ
08

その昔、海洋堂から妖怪根付なるモノが出ておったが、
コレはその怪獣版であろうか


1回¥200なので2回ガチャってみる

最初に出たのは・・・
09

全身ベッタリの墨入れが不気味さを際立たせておるガンQ

ストラップとしてコレを付けるのはマジ勇気がおるの~
10

・・・にしても、このボールチェーン、撮影するのに邪魔だわ~

と、頭部に突き刺さったフックをいじってみると
どうやら接着されておらず、ただねじ込んであるだけのようじゃ

なので思い切って、フックを逆方向にネジネジ

そうしたら・・・
11

頭部にはネジ穴があいておるが、特に目立たない感じなので
これ以降はボールチェーンを取り外した状態で撮影

(撮影後はフックを再びネジ込んで元の状態に戻しました)
12

13

14

続いて残るカプセルを開封
15

やった!ガラモン!

ガンQのダブりなんて最悪な結末じゃなくてよかった・・・

ガラモンも邪魔なボールチェーンを外しての撮影
16

17
18

ガンQと比べるとガラモンの方がちょっとばかり大きくボリュームがあるようじゃ
19

大きさ比較
20

さて17年前の食玩バブルの頃だったら、
おそらくフルカラーで彩色されていたであろうこのフュギアたち。
バンダイ側は墨絵バージョンなどと苦しい弁明をしておるが
高騰続けるチャイナの人件費等々・・・大人の事情により
墨入れ以外の一切の彩色が省略されておるのは明らか

ならば果たして本当に墨絵に見えるのか?を検証してみよう

とか言って、使うのは習字でお馴染みの半紙1枚
コレを背景に貼り付けて撮影じゃ~い
21

結果
22
う~む、
これじゃ単に白い紙の前に彩色されてないフュギアが置かれただけにしか見えんわい


やっぱり被写体の輪郭をハッキリクッキリさせねばダメじゃ

てなワケでフラッシュを焚いてみた
23
ちょっとは墨絵っぽくなったような感じもするが、
背後にフュギアの影が写り込んでしまい失敗

24

何とか影が写らない角度は無いものか?と様々な方向から撮ってみたが、
どうしても背後に影が写ってしまう

悩んだ末・・・
25

オマケ
26