今回御紹介は久々のキャラトミカ・初代サンダーバード(1965年版)に登場のジェットモグラだぞい
01

ARE GO版のジェットモグラはデザインが何だかな~だったのでスルーしておったが、初代版は世代的にド真ン中!なので購入~

にしても、ARE GO版は何であんなコンテナ内組み立てシステムにしたのかしらねえ?

リメイク(?)にしてはナカナカ面白かったのに、アレだけは納得いかんかったわ~

02

フォルムはなかなかイイ感じ
03

04

俺さまの個体に限っては彩色のハミダシや乱れも特に見受けられず

光の加減でずいぶんとボディが黄色く写ってしまっておるが
実物は劇中に出てきたのと同じもっとオレンジ色が強いカラーでちゃあんと彩色されておるぞい

06

さて、ジェットモグラといえば、その特徴的なドリルだが・・・
05

残念ながらドリルは回転しないが、上部のジャッキアップギミック有り
07

08

発進!地底にGO!

09

なんと!実際地中に潜っていくハズの筒部分が取り外せないのだ

本編を観たことない平成キッズ達が
下の戦車部分も一緒に地中に潜って行くのかと勘違いしてしまわないか心配だぞい
10

その戦車部分だが、
キャタピラーはトミカプレミアム90式戦車同様にゴム製で、
前後の2つの転輪のみが回転する仕様のようじゃ

11

ちなみにキャタピラーは企業名でホントは無限軌道走行装置と呼ぶのが相応しいらしいが
昭和のチビッ子は接着剤をセメダインと呼称するのと同様に
皆が無限軌道走行装置をキャタピラーと呼んでおったので、当時のままの呼び方でいく


12
90式戦車と全長は同じくらいだが車高が異常に高し

2002年(?)に発売されたコナミのSFムービーメカのジェットモグラと比較
13

食玩の頂点コナミのSFムービーメカ・ジェットモグラには
ディティールの細かさや汚しまで施されてる彩色の点ではさすがにかなわないものの、
フォルムは酷似していで、まるでそのまま縮小したみたいな感じである

続いてジェットモグラとバーターで出演しておった感のあるジェットブルドーザーと(本編での競演は1度きりだったらしいが)
15

ガキの頃、地元のプラモ屋ではコイツだけがやたらと売れ残ってた記憶があるが・・・
プラモもジェットモグラとバーターだったのか?


ならば、またバーターでトミカ化されないかな~

16