*↓英語圏での発売が始まりましたのでURL載せときます。外国人の方も是非観てね!
This work is now available through DLsite.com.
 You can access the page by clicking on the banner below.
http://www.dlsite.com/ecchi-eng/work/=/product_id/RE084152.html

『シルバースター』の予告編、アップされました。
全年齢・・・って事で出したんだけど、結局『R-15』に指定されちゃいましたw
やっぱり、ラストのスピカ姫のポロリ・・・がマズかったんだろうな~・・・って完全な確信犯なんだけれどねw

ところで、対応OSがWinのみになってるけど、ファイル自体はMPEGなので、MPEGファイルが再生出来る環境ならOS関係無く再生出来ると思います。
MacOSの事はよく解らんけど、MPEGファイルが再生出来るなら、是非ダウンロードしてみてちょ。

さて今回は、その『シルバースター』の体験版予告編の音声についてのお話。
拙作の自主制作アニメ『シルバースター』は、監督・脚本・作画・3Dのモデリング&アニメート・音楽・効果・音声と全て、犬計画こと俺がたった一人でやっておるのだが、この中で最も小っ恥ずかしいのが、音声なのよ。
本来なら、声優さんを雇いたいところだが、そんな金があるはずも無く、また声の出演をしてくれそうな奇特な人間も周りに全く居ない状況としては、必然的にキャラの声も俺一人でやらなくてはならないワケ。
以前造った自主制作アニメでは、字幕で処理してみたり、音声を一切使わない『トム&ジェリー』方式にしてみたり・・・とか試行錯誤してみたけれど、どっちも評判がすごぶる悪くて、結局音声が入っていないとダメなんだ!という結論に至ったワケよ。
しかし、男キャラの声なら声色を変えて無理矢理演じ別ける事も可能かもしれんが、女子キャラはどうすんだ?と悩んだ挙句、思いついたのが『活動弁士』方式!
よーするに、無声映画の画面に合わせて状況を弁士が独特の口調で説明していく・・・っていう昭和初期のアレね。
『シルバースター』の場合は爆発や水の音とかの効果音が入っているので、ホントは完全な無声映画じゃないんだけどw。
話変わるが、実は08年のニッポン放送主催のコンペに出品した時に、1分間の予告編が必要・・・って事だったんで、その時に予告を作ったんだよね。
その予告編、本編のシーンが全く使われていない、それ自体単体で完全新作の短編になってる・・・というモノで、「予告編なのに本編のシーンが使われて無いじゃん!」っていうギャグになってたんだけど・・・(当時関係者でそれを指摘した人は誰もいなかった。俺の作品に対しては関係者一同全く無関心だったみたいだから・・・w)
で、以前別のサイト(現在は閉鎖しちゃいましたw)に出店してた時にその予告編を体験版として無料ダウンロード出来るようにしてたんだけど、今回もそれを体験版として使おうかな・・・って最初考えてたのね。
けれど、やっぱり本編の面白さを伝えるには、真っ当な作りの予告編にした方が良いだろう!と考え直し、このほど3年ぶりに予告編を新しく作ったわけです。
・・・しかし、そうすると活弁(ナレーション)をまた新しく撮り直さなきゃならない!
うわ~面倒臭い・・・つうか恥ずかしいなぁ・・・っていうところで、活弁の新収録の様子はまた次回・・・