電撃殺虫器を買ってみたぞい・・・の巻

暑い!暑い!6月末から最高気温36~37度が連日1週間も続いて、もう溶けそうだわ~

ちなみに、現在俺さまの住んでおる酷暑都市・栃木県佐野市は、
熊谷や館林のように暑さ自慢を全面に押し出してはいないが、その2都市に負けずとも劣らぬの、日本一暑い場所なんである

以前住んでいた帝都東京豊島区も相当暑かったが、やっぱこことは比べモノにならん

ところで、暑さも然ることながら、この地に引っ越して来て閉口してるのが、蟲の多さ

夜になると、網戸の目を掻い潜って、小っちゃい蛾みたいなのが大量に部屋に入ってくるのである
06

コイツ等がTVやPCの画面を這いまわり、コーヒー茶碗の中に入水自殺し、さらに顔面を這い回って猛烈にこそばゆくし、果ては眼に飛び込んで来たり・・・とやりたい放題

どこかで、蛍光灯よりLEDの方が圧倒的に蟲が寄り付かないという話を聴いたので、電灯をLEDに変えてみたりしたが、ヤツ等には全く効果無かった
07

翌朝、畳に落ちてる大量の死骸を、ガムテープで引っ付けて処分しておる時の無力さ・・・

この蟲どもを一網打尽に出来る機械は無いものか?

・・・とネットで捜してみたところ・・・あった

蛍光灯(誘蛾灯)でおびきよせて、高電圧の電撃で殺すという殺虫器なるもの

やや眉唾に思えたが、やはり蟲の襲撃には耐え切れんので、試しに買ってみることにした

で、コレがその殺虫器 その名もバタン虫 ヨドバシで現在価格¥2480
01

予想してたよりずいぶんとデカイかった

1.5リットルのペットボトルと同じくらいの大きさである
04

付属品は、取り説、本体を吊るすためのチェーン、専用ブラシ、そしてスペアの蛍光管1本
03

殺虫器の中を覗くと、中心に蟲を集めるための蛍光管、それを取巻くように高電圧な電気が流れる鉄線がぐるぐると巻いてある
09

この鉄線に触れた蟲は電撃でたちまちバタン!その死体はポトリと底の皿に落ちるようになっておる
10


夜になったので、電源を入れ実験開始・・・

・・・にしても、このデザインといい、輝きといい・・・昭和のロボアニメの研究所に出てくる謎の機械みたいじゃの~
11
この殺虫器を一晩点けっ放しで窓の側の畳の上に置いておく13

すると・・・

バチン!バチン!と大きな音の連続

鉄線に触れた蟲がシュバーと燃え出して、焦げ臭い煙を放っている現場を目撃

こりゃあ!阿鼻叫喚バイオレンスな一夜になりそうじゃい
12

・・・で翌朝

ほとんどの蟲の死骸は下の皿に落ちていかず、鉄線にへばりついたまま
14

めんどうくさいが、付属のブラシを柵の間に突っ込んで、鉄線にへばりついた蟲の死骸を下の皿に落とす
15

う~む、正直なトコ、お手入れカンタン!とは言いがたいかな~
16

よ~し、今年の夏はこの調子で蟲どもを殲滅してやるわい!覚悟せえ!

オマケ:
17

高過ぎる食玩Gフレーム02ゼータガンダムだぞい・・・の巻

今回御紹介はバンダイの食玩GFRAME02のZガンダム

GFRAMEとは・・・
唐突にシリーズ終了したガンダムユニバーサルの後継食玩でありながら、
アーマー¥500+税とフレーム¥500+税の2箱が無ければ完成しないという余りにも高過ぎるボッタクリ食玩シリーズなんである

以前GFRAMEの第1弾が発売された時、
俺さまの地元のコンビニやスーパーマーケットでは骨(フレーム)ばかりが売れ残っておって、ついぞ皮(アーマー)の方は見かけなかったが、第2弾に至って、とうとう近所のスーパーマーケットにてゼータの骨と皮の対を発見した次第(しかも最後の対2箱)

ネットではマドロックばかりが瞬殺で、店頭にはドムとゼータばかりが売れ残っておるとの話じゃが、俺さまの地元じゃあマドロックはおろかドムさえ売っておらん始末じゃった・・・ゼータよかドムの方が良かったのに~
01

それでは早速開封~

先ずはアーマーから・・・

お馴染みのマズいガムと彩色された胴、手足、翼のパーツと、箱一杯ギュウギュウに詰まっておった
02

続いて、フレーム

同価格でありながら、なんとも寂しい内容
03

シールドとライフル、
08

あと真っ黒な胸像・・・
05

胸像をバラしたら、フレームの胸部に合体出来るんじゃ・・・とムリヤリ合体を試みたが、無理じゃった・・・
06

頭部の互換は可能のようじゃが・・・
07

フレームの可動域は大したものだが、接続はABS同士なので、ガシガシ遊んでるうちにユルユルになるのは必至
09
10

実は撮影してる間に右肩のボールジョイントがすでにユルユルになってしまった

さて、アーマーの方に戻って・・・
パーツを非可動の骨に貼り付けて行こう
11

12

13

バックパックは真ン中の垂直尾翼じゃなくて、両脇の翼の方が可動
14
15

関節は全く動かないが、固定モデルとしては充分満足出来るレベルなので、もうコレで良いんじゃねえ・・・という気もしてきたぞい
16

今では第1弾の時、骨(フレーム)が大量に売れ残ってた理由も何となくわかる

しかし、今回は骨の方も買ってきたので、メーカー推奨の可動モデルに合体チェンジ

その前に非可動の骨から全ての皮を取り外す

特に手のパーツが硬くて、分解時にパーツを破損するんじゃないかとハラハラしたぞい
18

そして分解の顛末がコレ・・・う~む・・・気が遠くなりそ~
17

さて、気を取り直し、可動フレームにアーマーを取り付けて行こう

先程の非可動モデルの画像とほぼ同じようなのが再び続くが、別モノなので御容赦願いたい
19

20

21

・・・完成した画像も非可動モデルの完成体と大して変わらんように見えるの~
22

股間にスタンド用の穴が開いておったので、フィグマのスタンドを拝借
23
24

しかしこういう場合、
フレーム側の箱には合体不可な胸像より、スタンドを付けてくれた方が、なんぼかユーザーに喜ばれると思うのじゃがの~

先ずパッケージにあったポーズを再現
25

続いて、ポーズをいくつか・・・
26

27

なんだろう・・・フレームの可動域は広いのに、どうにもカッコイイポーズが決まらないんだよな~

とにかく関節がふにゃふにゃ過ぎるのよ

食玩のクセに2合箱で¥1000+税もしたんだから・・・と期待が大き過ぎたのかしら?

・・・正直なトコ、も少し金足してHGUC買った方が良かったんじゃ・・・と思ったり

28
29

おまけ・・・
30


ハロプラ作ってみたぞい・・・の巻

今回はハロのプラモデルキット通称ハロプラを御紹介
01

確か、ハロが初めてプラモ化されたのは、第一次ガンプラブームの時に発売されたキャラコレ・フラウ・ボウの足元に転がってたオマケ扱いの前後2パーツ張り合わせただけのショボいモノだったはず

あれからおよそ40年、最新の技術で製作されたハロのキットはいかなる進化を遂げたのであろうか

内容はランナー2枚と珍しか白いポリキャップ
02

さすがに前後2パーツだけ・・・というわけではない

さらにランナーは4色の多色成型

うむ、これだけの色数があれば、色分けの心配はなさそうじゃの~

・・・と一安心したのも束の間

こりゃタッチゲートじゃんか
03

タッチゲートとは
チビッコ達のために開発された手でもぎるタイプの道具不要のランナーのこと

ちなみに

ニッパー突っ込んでパーツを切り出しても

メーカー推奨手でパーツをもぎり出しても

パーツに大きなえぐれ跡が出てしまう
・・・というなんともトホホなゲートなのだ

さて、どうしたものか?とネットで調べてみると、
ランナーを水平になるようにして、パーツをカッターで押し切れば良い・・・とのこと
04

05

じゃあ、この要領で全パーツを切り離して、ガンガン組み立てて行こ~

外装を被せると全く見えなくなるが、ちゃんとそれらしく内部メカも造形されておる

・・にしても、内部メカが昭和テイストだわ~
06

ハロ完成~

俺さまは撮影しながらの組み立てだったので20分ほどかかったが
ガンプラ初めて作る一見さんでも10分程度完成させる事が出来ると思う
07

ディスプレイするには外装の一部を外し、ダボ穴を露出させる
08

09

可動は腕脚の基部と先端がボールジョイントで若干可動
ついでに変形の恩恵で上部蓋も開閉可
11

腕脚の基部はポリ球接続なのでヘタリの心配は無いが
12

手と腕の接続はプラ同士なのでヘタってくるのは確実

ポリのボールが2つ余ってるので、コレを手の接続に使えばイイのに・・・
13
14

腕脚を引っこ抜いて足だけ付け直し、上左右の蓋を閉めれば・・・球形態に変形完了
15

外したパーツはスタンド裏に収納可能!コレはいいね
16

17

18
 
19

20

作品一覧
サークルプロフィール
カテゴリ別アーカイブ
Amazonライブリンク
楽天市場
記事検索
ランキング
  • RSS
  • Dlsite blog