半月遅れで入荷!仮面ライダー掌動Xだぞい・・・の巻

前回の掌動VS・本郷猛に続き、今回は掌動X・旧1号とサイクロンについて書こうと思っておったおったのだが、9月末には発売になっている筈なのに、俺さまの近所の店舗では全く見当たらない

仕方がないと、別のアイテムを用意し始めた矢先・・唐突に近所の店舗に並び始めおった

どうやら俺さまの住む栃木県南では掌動Xは半月遅れで入荷されたらしい

てなわけで、近所のスーパーで旧1号を、
01

地元のプラモ屋でサイクロンA&Bをセット入手
02

サイクロンはAとBの2箱で完成する仕様、つまり実質¥1000+税なのである

高けえ

ところで、また旧1号~? 何度目だ?

掌動じゃ既に出てるだろ・・・どうせならまだ掌動化されてないマイナーなライダーを出せよお嘆きの皆様

俺さまも全く同じ思いなのだが
今回のは掌動Xという新シリーズの旧1号なので、以前掌動VSで出てたのとは全くの別モノとしてカウントされておるらしい
03

ちなみに掌動Xの箱の厚さはVSと比べるとなんと2倍

ラインナップに2個イチのバイクが加わり、お値段は据え置き・・・

でも中身は大して変わっていない・・・それが新シリーズ掌動X
04

05

06

ところで、掌動のライダーフュギアを見る度に思うんだが、
複眼はライダーの特異で大きな特徴のひとつ!なのに、眼が全くの塗りなんだよね~
掌動Xになっても、そこは同じ

バブルの頃だったら、ここは完全にクリアパーツになってただろうな~
07
08
09
10
11
12

13

14

続いてサイクロン

先ずA-sideを開封
15

続いてB-side
16

こっちはサイクロンの外装パーツ担当なので、A-sideほどパーツ数は無し

ちょっとホッとしたわ

設計図は箱の内側に記載されておるのじゃが

俺さまは箱をそのままの状態で保存しておく主義

しかし、A-sideのパーツ数を見て、すっかり怖気づいた

パッケージ写真を頼りに組立てるのはほぼ不可能だし・・・

完成したら結局のとこ、箱がひとつ余るだけ・・・
17

18

う~む、組み立て図を見る限り、それほど難しくはなさそうだ

ちなみにこの商品の対象年齢は15歳以上である

そんなこんなで組立て完了~
21

だいたい30~40分ほどで完成した

その間、製作過程を撮影するのをすっかり忘れてた

パーツの切り離しにはニッパーとカッターを併用

既にパーツに彩色されている部分(主に銀色)を切り離すと、ゲート跡にプラの地の黒が出てしまうので、¥100均の銀マーカーでゲート跡を塗り潰した
19
20

残念ながら青銀のマーカーは持ってなかったため、マフラーの裏のゲート跡はそのままで放置
22
23

完成するとガッシリした感じになるが、実は脆弱なピンで固定されておるパーツが多々あるので、あまりブンドトしない方が良いと思う

ただ、いちばん柔そうなハンドルは軟質素材製

結構ムチャな方向にも曲げても折れる心配無し!なのはありがたい
24

そして、ネットで酷評炎上中の風防のクリアパーツ

パッケージと全然違って、ボディとの接続のダボ穴とピンがとても目立つ
25

ここはせめて、パッケージのように濁った半透明パーツにしてくれれば、ちょっとだけ目立たなくなったのにな・・・とは思う

掌動Xの次弾はファイズとバイクはオートバジン

オートバジンは差し換えでロボ形態にも変形出来るらしいし、サイクロン以上の争奪戦になりそうじゃい

26
27
28

29

30

31

32

33

34

わざとなの?掌動仮面ライダーVS・本郷猛・・・の巻

今回は先月発売された掌動仮面ライダーVS・41本郷猛を御紹介
01

掌動仮面ライダーVSで変身前の生身の人間のフュギア化は初だったと思う

パッケージ内容はこんな感じ
02

ガンダムの食玩に入ってる不味いガムより、ちょっとだけまともな硬~いラムネが入ってた
03

ところで

既にお気付きの方もあろうが、この本郷の頭部・・・

無い!無い!眼が描き込まれて無じゃん
04

バンダイめ・・・ディジェのモノアイに引き続き、またやりやがった・・・

と、商品交換の手続きを取ろうと本気で考えてた時

ネットで調べてみたら、コレはわざと眼を描き込んでないとの事・・・

う~む、改めてパッケージを見てみると・・・確かに眼が描かれておらんの~
05

どうやら、眼をあえて描かない事により、光の加減、陰影により表情を醸し出すというバンダイの野心的かつコスト削減的な仕様だったらしい

こりゃ、とんだ早とちりだったわい

しかし、俺さまのような早とちり者のために、パッケージのどこかに重要事項として書いておいてくれなくちゃ

『この本郷には眼が描いておりません・・・とかなんとか

・・・と、箱の中を探ってみると、今まで気付かなかった小さな紙切れが・・・
06

おお・・この紙に書いてあったのか!うっかり捨てちまうとこだったわい

07


付属品はたったこれだけ
08

09

可動箇所はこんな感じ
10

腰は回転しない

11

スタート!
12

13

眼をあえて描かないとか意欲的な掌動フュギアだった本郷猛

次は昭和ライダーの誰とでも(一部の怪人とも)相性抜群のおやっさんのフュギアが是非欲しいねえ

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

暑いので昔ガチャガチャ番外編でお茶を濁すぞい・・・の巻

暑い・・・本当に暑いの~

連日最高気温36度以上が当たり前のように続く我が栃木県の小帝都・佐野市

今回のブログ用にと、あらかじめクロスシルエットのザクⅡとフレームを購入しておいた俺さまだったが

とにかく部屋のエアコンが非力過ぎて、屋外と変わらぬ灼熱状態

暑くて 撮影どころか、プラモさえまともに作れぬ

正直なトコ、今回のブログはこの酷暑に免じてお休みにさせていただこうかとまで考えておった次第だったが

深夜、突然の雨のおかげで一時的であるがに室温が28度まで下がった

なので、このわずかな時間を利用して今回のブログを書いておる
01

クロスシルエット・ザクⅡの詳細については、他所のブログを見ていただくとして

今回は以前御紹介の昔ガチャガチャ前后篇の中から
御紹介出来なかったガンダム系以外の未発表アイテムを番外編として御送りするぞい

02

先ず最初に登場はブルーのバイファム
03

コレについてはミニブック(同梱のカタログ)が残っておらんので他のラインナップについては全くの謎であった

当時ガチャプラモとしてHMが続々ラインナップされてたエルガイムとも放映時期的には近いので
ネオファムやトゥランファム等の他のRVも発売されてたのかしら?

・・・と思ってWebで調べてみたら、レイズナーやダンバイン等のサンライズロボ・ドリームチーム的なカテゴリの1体であった事が判明

な~んだバイファム単独のシリーズじゃあなかったのね!

敵アストロゲーターの機動兵器たちなんかはガチャプラモにうってつけの体型だと思うのだがね~

続いてご紹介はなつかし怪獣ガチャプラモ
04

ロボ以外も商品化されていたなんて完全に忘れてとった 

ひょっとして当時、ウルトラやライダーなんかもガチャプラモ化されておったのかもね 
全く覚えちゃいないけど
05

同梱のミニブック(カタログ)によると
この三体の他にキングギドラもあったようだ

残念!コンプリならず

組み立て図を見ると、肉抜きだらけだったゼータやZZに比べ、脚が左右のモナカ割になってたり、なるべく肉抜き穴が発生しないような作りになっている

こいつらはガチャプラモの中でもかなりの終盤に発売されたシリーズなのかもしんない
07
06

08

三体の中で俺さまが現在でも充分に通用する完成度だと思うのは、この昭和ガメラ

三体中最もボリュームがあり、劇中の雰囲気を好く捉えておるからだ

ただ、まるでジャイガーに卵を産み付けられたかのようなアルビノ具合には唖然

本物とまるで関係無い成型色でランダムに造られておるのがこの時代のガチャプラモなので致し方無いが・・・
09

一方、「誰?」・・・なのが このゴジラ
10

体表と背びれから辛うじてゴジラなのか?と確認出来るものの、お世辞にもカッコイイとは言いがたい腹が突き出たメタボ体型
11

いったい何代目なのか?全くわからん
耳がついておるのでひょっとして初代?かしら

ということで、俺さまが所有しておる発売年代のそれぞれ異なる食玩・初代ゴジラ指人形と比較してみた
12
う~むこうして見ると、どれも元が同じ怪獣とは思えぬ変わりようじゃの~

13


14



作品一覧
サークルプロフィール
カテゴリ別アーカイブ
Amazonライブリンク
楽天市場
記事検索
ランキング
  • RSS
  • Dlsite blog