Gフレの印象良くなったシナンジュスタインだぞい・・・の巻

今回はバンダイの食玩ガンダムGフレーム05シナンジュスタインを御紹介

Gフレームについては、以前Zガンダムをこのブログで取上げたものの、良い印象が皆無
もう二度と買うことはあるまいと思っておった

・・・ところが、正月に何となくコンビニにて発見したGフレーム04のゲルググがとてもよい出来だったので、印象がガラリと変わり次弾のGフレーム05シナンジュスタインも近所のスーパーで見かけて、即購入してしまった次第
05
06

さて、その内容であるが

相変らずアーマー箱はパーツが多過ぎてパンパン

一方、フレームの箱はスッカスカ・・・と同価格とは思えぬ内容格差以前のGフレームと変り無し
07

ただ、Zガンダムにあった使い道の無い意味不な胸像は廃止されておる

今回は以前のZガンダムの場合と違って、アーマー箱に入ってる棒立ち(無可動)フレームは無視して可動フレームに直接アーマーパーツをくっ付けて行く

その際にイラッとするのは棒立ちフレームに既に組み付けてあるパーツを外す作業
08

各パーツこれが想像以上に硬く嵌め込まれちゃっていて、バラすのも一苦労

特に既に塗装されているスリッパ等のパーツをバラす時は、塗料が剥がれたり傷が付かないようにと、細心の注意を払ったわ
09

どうせ全パーツをバラすの前提なんだから、なんで棒立ちフレームにわざわざカッチリ組み付けちゃうかねえ?

この無駄な組み付け作業だって人件費かかるんでしょ?

この作業を省略すれば、浮いた費用で真っ黒なビームサーベルをクリアパーツにするくらい可能なんじゃあないの?
10

そんなこんなで完成したのがコチラ
11

Zガンダムの時にすんごく気になったびぼっちゃまスタイルだが・・・今回はさほど気にならず・・・慣れってコワイ

袖付きの特徴である袖は真っ黒・・・でも凹凸は彫ってあるので、追加塗装は比較的容易かも
12
13

バックパックからニョッキリ伸びた2本のプロペラントタンクには大きな肉抜きが

しかし!タンクは根元のボールジョイントで自由に動かせるので、飾る時は肉抜きが見えないような角度に回しておくと目立たないと思うぞい
14

余剰パーツ棒立ちフレームと
15

この棒立ちフレームを廃止して、そのぶんのプラ原料で可動スタンドでも付けてくれりゃあもっと嬉しいんだがね~

ポーズをつけて何枚か
16

17

なんだか以前御紹介のZガンダムと同じようなポーズばっかりになってしまったぞい

18

19

20
VガンのMSをGフレームで出せば、ほぼ1/144になるんだがね~

21
ザク・・・売ってないねえ

オマケ

先月発売された食玩ガンダムマイクロウォーズ01
22

発売当初入手出来なかった61式戦車がなぜか今頃店頭に並んでたので購入

機関銃と大砲の砲口をダイソードリルで開口してみたぞい
23

タマゴラスと埴輪と壺¥300ガチャガチャ・・・の巻

今回は、俺さまの生活範囲内でガチャった¥300ガチャガチャを御紹介

場所は栃木のド田舎ゆえ、古めのブツも多々あるかも・・・そこのところ御容赦願いたい

先ずは近所のドラッグストアの自転車置き場に設置されたガチャマシーンにてゲットしたブツ

その名もバンダイのガシャポンタマゴラス3¥300
01

3というのだから過去に1と2が出ているハズであるが、全く知らんかった

そもそも俺さまの街には入荷されなかったのかもしれん・・・

で、とりあえず2回ガチャってみた

出たのがコレ
02

通常のガチャガチャはカプセルに入って出るモノだが、コイツらはカプセル無しで本体が丸ごと硬めのビニールに覆われて出てきおった

ちなみにタマゴラスとはこのタマゴ形態から動物形態にトランスフォームするトイなんである

・・・て、数年前にゴジラやウルトラで同じようなギミックのトイがブリスターで発売されてたような気がするが・・・

とにかく変形~

最初にタマゴ形態の真ン中から真っ二つに割ってみる
03

04

う~む、俺さまとしては1首長竜か4カメレオンが欲しかったのじゃが・・・

それでは変形再開
05

完成!動物形態
06
07

続いてペンギンタマゴラスの変形~

サイの変形時に解り辛かったので、今度は真上から撮影したみたぞい
08

09

サイと比べて、ペンギンは体型には破綻があるような気もするが・・・

豊富なカラーリング(3色)と過剰なメカディテールがイイ感じなロボ怪獣としてまとまっておる

可動箇所は両翼のみ、しかしその可動域は極めて広い
10

ところで撮影中に気が付いたのだが、ペンギンの眼の色が左右で違っておる

単なる塗りミスなのか?そういう設定なのか?は全くの不明
11

12

13

続いてキタンクラブの土偶と埴輪¥300を御紹介
14

コップのフチに引っ掛るさまざまな土偶たち

ようするにコップのふち子的なアイテム

自分的にはミクロマンの逸話もある遮光器土偶が欲しかったのだが、出たのは馬埴輪
15

¥300にしてはちょっと小さい気もするが・・・
16
小さい割には細部までとてもよく出来ている

17

な~んか落ちまいと一生懸命的な感じでカワイイのう
18

最後に御紹介はTOYS CABINの戦国の茶器弐¥300
19

茶碗や壺のガチャガチャなんて珍しいの~と思ってガチャってみたのじゃが、コレもなんと第弐弾

第壱弾見た事ねえわ~ きっと俺さまの街じゃ入荷されなかったんじゃろ
20

・・・で、驚いたのが、コイツのカプセルの大きさ

大き過ぎてガチャマシーンの排出口から取り出すのに苦労したわ~

さて、この巨大なカプセルからどんだけ大きな壺が出てくるかというと・・・
21

小っさ

衝撃の小ささ

桐箱を模したプラッチックの箱に入っておるのだが、そのせいで肝心のブツがとんでもなく小っちゃくなってしまっておるのだ

23
22

24

25

26

オマケ劇場・・・
27

29
突然の・・・
30

31

33

34

35

ついつい汚したくなるハロプラ・モビルハロだぞい・・・の巻

今回はバンダイのハロプラ・モビルハロを御紹介

ハロプラについてはこのブログでも

ハロ   ハロボール
(↑クリックするとそれぞれのページが開きます)

と取上げてきたが、このモビルハロはどんなもんじゃろか

先ずはパッケージ
01

ハロボールに引き続き懐かし昭和テイスト

おっさん殺しじゃの~

箱の大きさは最近のHGの半分くらい

それでお値段¥1150+税

高いの~とは思うものの、箱の厚みがHGの倍くらいあるので良しとするか

箱を開けると、搭乗用の白いボールが腕や台座も含めて丸ごと入っておる
02
04

既にハロは2つも持っておるので、全くの無駄じゃい

ハロ無しでお値段¥800くらいにしてくれりゃいいのに・・・

03

そうなのである

ハロの方は悪名高きゲート跡がえぐれるタッチゲートだったのじゃが、
モビルの方のパーツは通常のプラモ同様のゲートになっておる

ヤレヤレ・・・ふぅ~

で、完成したモビルの方がコチラ
05

06
08

マーカーでスミイレしとったら、なんかものスゴ―汚したくなったので
マーカーでゴシゴシ描いた汚れを消しペン液染み込ませた綿棒で拭き取る・・・というなんちゃってウォッシングをしてみた
07
14

関節は今やお馴染みになった例の柔らかいプラで出来ていて、ひじょうに広い可動域を持つ
10

一方、腹部は戦車プラモの砲塔のような1軸の可動になっておる
13

これまでのハロプラで泣かされ放しだったパーツの目立つ肉抜きであるが、

今回はバックパックの左右の煙突にキモイ形のブロック状に抜かれておる
11

さらに衝撃なのが・・・足の裏
12

も~コレはなんというか、足裏が全く無いなんて・・・

足だけ別のプラモのような派手な肉抜きというか省略ですな~

そのせいかどうかわからないが、
バックパックを装着すると、後に引っ張られての転倒事故続発

なので、立たせる為にはどうしてもやや前屈みの姿勢に成らざる得なくなるのだ

足裏には何かおもりを詰めた方がいいかもしれん

ところでモビルの方の余剰パーツは以下の通り
09

同じランナーを2枚使用しているので

2個の握りパーツ・バーニアノズル・ノズル用ボールジョイントが余る

ノズルとボールジョイントは何か使えそうではあるが、握りパーツには手甲パーツが欠品している為、使用不可

6個あった球ポリキャップは白ハロが4個、モビルがスタンド用の穴に使っているので、余剰が1個

続いて、白ハロ
15

成型色が白なだけで以前取上げたベーシックグリーンのハロと全く同じ
16

17

忘れとったわ!大きさ比較!

20

さて、この白ハロ
いざ合体を解いて取り出そうとすると、ツルツル滑って、なかなか取り出せずイライラ

実は腰の回転軸にハロは突き刺さっておるので、
18

腰を回せば連動してハロも回る構造なのであった

その原理を利用して簡単な取り出し方法がコチラ
21

色々いじくってきたが、このモビルハロ、すごく気に入ったぞい

次はモビルアーマーハロ、特にビグザムハロとか出して欲しいなぁ・・・

その際は是非、ハロが付属しないお安いバージョンも一緒に出してちょ

22
23
24
25

続いてユニバーサルユニット・陸戦ガンダム
26

28

29
30

作品一覧
サークルプロフィール
カテゴリ別アーカイブ
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
楽天市場
記事検索
ランキング
  • RSS
  • Dlsite blog