小さい?大きい?食玩DXソフビスーツガンダムの量産型ザクの巻

さ~て年の瀬も迫ってきたが

今回御紹介はバンダイの食玩・DXソフビスーツガンダムの量産型ザク

実は食玩と言いながら、その価格なんと¥2700

食玩大好きではあるが、極貧の俺さま

当然購入は見送るつもりだったが、

大きなザクのソフビ

しかも造形が1作目のTVバージョンと訊き、ついついポチってしもうた

ちなみにこの食玩、主人公機のガンダムと量産ザクの全2種しかない

サムネで見るガンダムは白タイツ履いた変態みたいにも見えたので
今回は購入を見送り

にしても食玩にしてこの高額、如何な巨大なザクが届くのだろうか?

ワクワクと首を長くして待っておったのだが・・・

届いたモノがなんとコレ
01

正直、想定を超える小ささに唖然・・・小っちゃ・・・

クレーンゲームの美少女フュギアの箱くらいしかないぞい
02
03

¥2700もするくせに、いくらなんでもこのままじゃ小さ過ぎる
ひょっとして、組立て式で
手足を付けるとこの箱の倍くらいの大きさになるのかしら?

と、淡い期待を胸に箱を開封~
04

・・・・なんじゃい!既に組みあがってんのか・・・

しかも~箱の実物大写真より、小さいんじゃん・・・ガッカリ
05

では気を取り直し、レビュー再開
08

ソフビと謳っておるものの、材質はカッチカチ
カッチカチの方のソフビである

06

でも現在は冬なので、夏場の高温の中ではフニャフニャに変わるかもしんない

07

プロポーションは
タコ頭・やや上半身がデカく・短足・脚は起伏が乏しく・つま先がとっても小さい
09

ガンダム1作目のTVに登場してたあの頃安彦ザクが正に立体になった感じ

色はパッケージにあるものより、明るくて玩具っぽい印象

武装はマシンガンのみ
10

ザクの特徴のひとつである全身のパイプはさすが高価な食玩だけあって、全て別パーツ
11

じゃあモノアイは・・・と期待したが、
ただピンクに彩色されておるだけで、全く可動せず・・・ガックシ・・・
12

もうお気付きかもしれないが、
このソフビザクには、最近のガンプラとかでは当たり前になっている
リアル感を増すために施されている各部のパネルライン(スジモールド)が一切存在しない

おかげで全体的にノッペリした印象を受ける
13

この昭和アニメのセル画みたいなノッペリ感はファースト世代のおっさんにとってはたまらないモノなのだけれど、
世代のよっては好みが分かれるかもしんない

可動部分は首・肩・腕・手首・足付け根・右肩のシールドがそれぞれ1軸で回転可動
14

腰は背中のパイプと繋がっておるので回らないと思うぞい・・・多分

¥300の旧キットより若干可動箇所は多いものの、当然マシンガンの両手持ちは不可

実は両手持ちは不可能どころか

特徴的なあの小さなつま先の足が災いして、
腕を前に出しただけでバッタリ倒れてしまうほどのバランスの悪さ
15

こういう時こそスタンドを同梱すべきなんじゃないの~¥2700もするんだから

熱湯風呂に浸ければ、いくらか歪みも取れてバランスよくなるんじゃ・・・とも思うが、
時間が無いので、ポージングは諦めて以後直立不動の姿勢で進行させていただく
16

こんな小っちゃいのが¥2700食玩で~?

と、開封直後には購入をちょっぴり後悔してたものの、
ガシガシいじってる間に、なんか気に入ってきた

大きさもさほど小さく感じられなくなってきたし~

他にも安彦ドムや安彦ゴックとか出ねえかな

けど、¥2700の価値があるか?と問えば、大きく疑問かなぁ

¥1500くらいだったら、第2弾が出ても文句無しに買うんだがね~
17

トンデモ過ぎる肉抜き!バンダイのハロプラ・ハロボール

今回はバンダイのハロプラ・ハロボールを御紹介

以前、同じバンダイから発売になった緑色のベーシックのハロをこのブログでも取り上げたが、

コイツはそのバリエーションモデルである

先ず眼を引くのは、往年の旧キット・ボールを連想させる渋いパッケージ
01

第一次ガンプラブームで踊った世代には堪らぬモノがあるの~

箱を開けると、水色のハロ・ベーシックと思われるランナー群の上に、ポツンとキャノン砲と腕と思われる小さなランナー2枚が乗っておる
02

え~ッ!追加パーツってたったこれだけ?残りは完全にベーシックのハロのパーツじゃん

すでにハロ・ベーシックを持ってる身としては、物凄く損した感じ

追加パーツだけ¥200くらいで別売りしてくれりゃいいのに・・・

03

・・・ということで、以前ハロ・ベーシックを作った事もあり、ほぼ設計図を見なくとも、組立てる事が出来た
04

う~む・・あんなショボイ追加パーツ加えるだけで、それなりにボールに見えるから不思議じゃの~
05

腕の付け根は球状のポリパーツによりヘタれなく可動
06

しかし肘関節はプラ同士ダボ穴にピンを挿しただけの単純構造なので、現在の所はしっかり保持してるが、将来ヘタれが心配な状態
07

頭頂部のキャノン砲(?)は、上下左右に可動可能
08
然るにここもプラ同士の単純構造による接続なので、ヘタれが心配・・・というより砲の上下軸は完成直後にすでにヘタれておったわ

さて、ここまで来て、すでにお気付きの御仁もあろうが、このハロボール最大の問題点

それが、この両腕のド派手な肉抜き
09

バンダイさん、なんでこんなにしちゃったかなぁ・・・ベーシックのハロの手の平の肉抜きも酷かったが・・・単純にモナカ割りに出来なかったのかしら?

そもそもパッケージを見てみい。こんな肉抜きにはなっておらんだろうが

って、パッケージも肉抜き仕様になっておるじゃあないかーッ
10

なに?コレ・・・腕の肉抜きは公式設定ってことなの?

鉄血のキットにもパーツの肉抜き部分がそのまま公式設定になっちゃってるのが幾つかあって、正直なんだかな~と思っておったが、ここまでヒドイのはなかったわ~

見栄え良くするには、旧キットかHGUCのボールの腕を移植するしかないということかの~

1112

13

14

15

16

17

18

19

20


半月遅れで入荷!仮面ライダー掌動Xだぞい・・・の巻

前回の掌動VS・本郷猛に続き、今回は掌動X・旧1号とサイクロンについて書こうと思っておったおったのだが、9月末には発売になっている筈なのに、俺さまの近所の店舗では全く見当たらない

仕方がないと、別のアイテムを用意し始めた矢先・・唐突に近所の店舗に並び始めおった

どうやら俺さまの住む栃木県南では掌動Xは半月遅れで入荷されたらしい

てなわけで、近所のスーパーで旧1号を、
01

地元のプラモ屋でサイクロンA&Bをセット入手
02

サイクロンはAとBの2箱で完成する仕様、つまり実質¥1000+税なのである

高けえ

ところで、また旧1号~? 何度目だ?

掌動じゃ既に出てるだろ・・・どうせならまだ掌動化されてないマイナーなライダーを出せよお嘆きの皆様

俺さまも全く同じ思いなのだが
今回のは掌動Xという新シリーズの旧1号なので、以前掌動VSで出てたのとは全くの別モノとしてカウントされておるらしい
03

ちなみに掌動Xの箱の厚さはVSと比べるとなんと2倍

ラインナップに2個イチのバイクが加わり、お値段は据え置き・・・

でも中身は大して変わっていない・・・それが新シリーズ掌動X
04

05

06

ところで、掌動のライダーフュギアを見る度に思うんだが、
複眼はライダーの特異で大きな特徴のひとつ!なのに、眼が全くの塗りなんだよね~
掌動Xになっても、そこは同じ

バブルの頃だったら、ここは完全にクリアパーツになってただろうな~
07
08
09
10
11
12

13

14

続いてサイクロン

先ずA-sideを開封
15

続いてB-side
16

こっちはサイクロンの外装パーツ担当なので、A-sideほどパーツ数は無し

ちょっとホッとしたわ

設計図は箱の内側に記載されておるのじゃが

俺さまは箱をそのままの状態で保存しておく主義

しかし、A-sideのパーツ数を見て、すっかり怖気づいた

パッケージ写真を頼りに組立てるのはほぼ不可能だし・・・

完成したら結局のとこ、箱がひとつ余るだけ・・・
17

18

う~む、組み立て図を見る限り、それほど難しくはなさそうだ

ちなみにこの商品の対象年齢は15歳以上である

そんなこんなで組立て完了~
21

だいたい30~40分ほどで完成した

その間、製作過程を撮影するのをすっかり忘れてた

パーツの切り離しにはニッパーとカッターを併用

既にパーツに彩色されている部分(主に銀色)を切り離すと、ゲート跡にプラの地の黒が出てしまうので、¥100均の銀マーカーでゲート跡を塗り潰した
19
20

残念ながら青銀のマーカーは持ってなかったため、マフラーの裏のゲート跡はそのままで放置
22
23

完成するとガッシリした感じになるが、実は脆弱なピンで固定されておるパーツが多々あるので、あまりブンドトしない方が良いと思う

ただ、いちばん柔そうなハンドルは軟質素材製

結構ムチャな方向にも曲げても折れる心配無し!なのはありがたい
24

そして、ネットで酷評炎上中の風防のクリアパーツ

パッケージと全然違って、ボディとの接続のダボ穴とピンがとても目立つ
25

ここはせめて、パッケージのように濁った半透明パーツにしてくれれば、ちょっとだけ目立たなくなったのにな・・・とは思う

掌動Xの次弾はファイズとバイクはオートバジン

オートバジンは差し換えでロボ形態にも変形出来るらしいし、サイクロン以上の争奪戦になりそうじゃい

26
27
28

29

30

31

32

33

34

作品一覧
サークルプロフィール
カテゴリ別アーカイブ
Amazonライブリンク
楽天市場
記事検索
ランキング
  • RSS
  • Dlsite blog